熱唱オンエアバトル

熱唱オンエアバトル』(ねっしょうオンエアバトル)は、2005年4月3日から2006年3月24日までNHK総合テレビジョンで放送されていた音楽番組である。

目次

概要編集

インディーズアマチュアミュージシャンとして活動する歌手を対象にした、自称「史上最もシビアな音楽オーディション番組」。司会はハリガネロック

2003年8月と12月に、審査方法が「爆笑オンエアバトル」と同じシステムを利用した音楽オーディション番組「サマーソングバトル」、「ウインターソングバトル」(司会はハリガネロック)を放送し好評であった[誰に?]ため、2004年4月から1年間「オンエアバトル爆笑編」と「オンエアバトル熱唱編」として隔週で交互に放送した。

2005年4月からは、「爆笑オンエアバトル」と「熱唱オンエアバトル」として別の番組として放送されることとなった。収録を同じ日に、また会場が「みんなの広場ふれあいホール」で行われるのは変わらないため、セットやスタッフは爆笑・熱唱ともに共通となっていた。なお、「爆笑」のほうは不定期で地方都市での収録をすることがあるが、「熱唱」は東京での収録のみで、週によってはこの番組のみ収録される日もあった。

2005年4月から12月は毎週日曜深夜(月曜未明)原則0:40 - 1:10で放映されていたが、2006年1月期の番組改定で金曜深夜(土曜未明)の原則1:05 - 1:35に移動、2006年4月のNHK番組改編により、第2回チャンピオン大会をもって放送が終了した。

出場資格編集

  • メジャーレーベルに所属していないこと。
  • 各種オーディション未応募のオリジナル曲であること。
  • ボーカルが必ず入っていること。
  • サポートメンバーについては、メンバーの脱退により止むを得ない場合、通常のライブのメンバーであることが条件。
  • 楽曲の時間は3分30秒以内(長い場合はアレンジなどで短縮する。数秒 - 15秒ほど長く演奏していた出演者もいる)。

番組記録編集

5位までを記載。同数の場合は五十音順。

通算オンエア回数
順位   回数
1 AJISAI 6
三叉路
ピストルモンキー(ズ)
MiyuMiyu
ラピッドラビット
通算オフエア回数
順位   回数
1 Zig+Zag 4
2 いわさききょうこ 3
ヴォイス カマンベール
SAKURANBO
シザーズ
トリックォァトリート
B-FISH
もりゆう
連勝記録
順位 連勝数
1 AJISAI 6
ピストルモンキー(ズ)
MiyuMiyu
4 CLick 5
KETTA MACHINE
三叉路
ラピッドラビット
連敗記録
順位 連敗数
1 いわさききょうこ 3
ヴォイス カマンベール
トリックォァトリート
B-FISH
もりゆう
最高KB
順位   KB
1 キャットフラメンコダンサーズ 513
2 ピストルモンキー(ズ) 509
3 Sea Paradise 501
4 三叉路 493
5 ケイタク 489
本家熊野屋
最低KB
順位   KB
1 黄泉 141
2 Quaker 149
ぶどう÷グレープ
4 スパンコール 161
4tune
最高オフエアKB
順位   KB
1 ヴォイス カマンベール 397
2 ヤドカリ 393
3 SOUL NATION 389
4 Zig+Zag 385
5 GUNNERS 381
最低オンエアKB
順位   KB
1 PAO PAO PANIC 317
2 ∞ButterFLY 325
まつもとみほ
4 OMLET 333
ギヤマンヘッズ
装置メガネ
SOLD OUT THEATER
B-FISH

チャンピオン大会編集

歴代チャンピオン編集

  • 初代:ヤドカリ(予選814KB、決勝570KB)
  • 2代目:三叉路(918KB)

第1回チャンピオン大会編集

大会出場者および結果
予選(2005年3月27日放送)
順位   重量(KB) 曲名
1 ヤドカリ 814KB 僕のヒーロー
2 スマイルレンジャー 750KB ときめきサンセット
3 ケイタク 738KB 陽はまた昇る
4 ピストルモンキー(ズ) 714KB アモーレ☆夏の恋人
5 三叉路 702KB 君がくれたもの
6 本家熊野屋 666KB 恋の悪戯
7 ロッカフラグース 618KB 青春
8 キャットフラメンコダンサーズ 598KB 夏男
9 藤田大吾 574KB ふたり
10 ラピッドラビット 550KB 月子

予選上位3組のヤドカリ、スマイルレンジャー、ケイタクで最終決戦。

決勝(2005年3月27日放送)
順位   重量(KB) 曲名 備考
1 ヤドカリ 570KB ベートーベン 初代チャンピオン
2 ケイタク 434KB ヒトリゴト
3 スマイルレンジャー 430KB Let's Dancing

決勝は1組だけに球を入れる。

第2回チャンピオン大会編集

第2回チャンピオン大会出場者
セミファイナルAブロック(2006年3月3日放送)
順位   重量(KB) 曲名
1 ピストルモンキー(ズ) 445KB 荒野のアメリカンポリス
2 Tiny sun 429KB 戦いの日々
3 underpath! 397KB アサヨハカ~夜明け前に~
3 歌姫楽団 397KB 超特急亜細亜号
3 ラヴスナイパー 397KB 五月雨
6 feel my way 393KB STYLE OF MUSIC
7 ラピッドラビット 373KB 悲恋ガ浜、ふたりの恋
8 PAO PAO PANIC 357KB プライマリー
9 Mセットラッパーズ!! 333KB ジャパRUN
10 YamoShim 313KB ねがい☆

上位5組のピストルモンキー(ズ)、Tiny sun、underpath!、歌姫楽団、ラヴスナイパーがファイナル進出。

セミファイナルBブロック(2006年3月10日放送)
順位   重量(KB) 曲名
1 三叉路 437KB 僕の小さな世界
2 AJISAI 433KB シアター
2 Jolly Jelly Fish 433KB お引っ越し
4 チャンク 429KB ハンサムドリーマー
5 とむ&じぇりー 425KB 水玉ウォッチ
6 MiyuMiyu 405KB 流れ星
7 THE HOT CREWS 385KB Revolution
8 山田和明 377KB
9 青山汰詩 361KB 愛せない
10 あおキング 353KB ありがとう
11 TRIPPER 341KB Party

上位5組の三叉路、AJISAI、Jolly Jelly Fish、チャンク、とむ&じぇりーがファイナル進出。

ファイナル(2006年3月24日放送)
順位   重量(KB) 曲名 備考
1 三叉路 918KB コトコト 2代目チャンピオン
2 ピストルモンキー(ズ) 898KB カレハ舞ウ 大槻ケンヂ
3 underpath! 862KB 石割桜
4 とむ&じぇりー 842KB 神様が云った事。
5 歌姫楽団 810KB 浅草お転婆娘
6 ラヴスナイパー 758KB ナツコイ
7 Tiny sun 722KB 精いっぱい
8 AJISAI 702KB 未来 寺田恵子
9 チャンク 674KB ラバート
10 Jolly Jelly Fish 626KB 元気だせよ
  • 20位が同点で2組いた。そのため、21個のクジの中に1個だけドクロマークを混ぜ、ドクロマークを引いた組の入るブロックが11組となることとなった。ドクロマークを引いたのは「とむ&じぇりー」(本人たちは抽選会に居合わせなかったため、司会のハリガネロックが代理で引いた)。結果、Bブロックが11組となった。
  • 特別賞があり「寺田恵子賞」はAJISAI。「大槻ケンヂ賞」はピストルモンキー(ズ)。
  • 同年に放送された「爆笑オンエアバトル」第8回チャンピオン大会出場枠もパンクブーブー井上マーの二組が同点20位だったが、そちらは最高KBの差(井上マー:477KB、パンクブーブー:505KB)でパンクブーブーがチャンピオン大会進出となった。仮に熱唱オンエアバトルでもこの方式が採用されていた場合、同点20位の歌姫楽団と山田和明(共に1135KB)は年間最高KBの差(山田和明:413KB、歌姫楽団:393KB)で歌姫楽団のチャンピオン大会進出は無くなっていた。

特別企画編集

熱唱オンエアバトル~発表!熱唱オンエアバトル上半期ベスト51編集

特別番組として放送された。51になっているのは2005年度上半期でオーバー400KBを記録している人のみ放送。ゲストはMEGUMI

MEGUMIはこの番組が好きでよく見ている。出場者で「とむ&じぇりー」のボーカルの朱音をかわいいと絶賛。出場者からコメントも届いたり(チャンク、装置メガネ)スタジオに乱入(Zig+Zag)などユニークな演出が多かった。そのうちの上位10組はこのようになっている。

上位10組
順位 重量(KB)   曲名
1位 481KB ちりめん ヤドカリ
1位 481KB constellation 歌鳥
1位 481KB 男泣きブル〜ス ピストルモンキー(ズ)
1位 481KB 石割桜 underpath!
5位 477KB D-BREAK とむ&じぇりー
6位 473KB 精いっぱい Tiny sun
6位 473KB It's over THE HOT CREWS
8位 465KB オウエンカ KETTA MACHINE
8位 465KB 春一番が吹いたら SAKURANBO
8位 465KB MY LOVER 竹内真

熱唱オンエアバトルスペシャル・FMソングバトル編集

2005年12月31日の23時から2006年1月1日の5時まで「熱唱オンエアバトルスペシャル・FMソングバトル」と題した特別企画がNHK-FM放送で放送。

テレビの本編に出場しながらも放送に至らなかった音楽家の面々の楽曲を年をまたいで6時間に渡って放送するというものである。

熱唱オンエアバトル特別編編集

2005年7月18日には特別編として、第1回チャンピオン大会の覇者ヤドカリと2位になったケイタクのトークと、同大会で8位となりその後解散したキャットフラメンコダンサーズの近況を放送した。

番組テーマ曲編集

基本的には『爆笑オンエアバトル』と同じく、ボブ佐久間が作曲した番組オリジナルテーマ曲を使用している。その他にも、番組出場経験のあるバンドが、各回出場者のオープニングでの意気込みや、エンディングでの敗戦の弁などで流れるテーマ曲を担当した。次の通り。

期間 オープニング エンディング 備考
2004年4月 - 9月 「君に幸あれ」
タオルズ
『オンエアバトル』(爆笑編・熱唱編)共通。
2004年10月 -
2005年3月
「猫の詩」
キャットフラメンコダンサーズ
2005年4月 - 9月 「愛と誠」
ピストルモンキー(ズ)
「陽はまた昇る」
ケイタク
2005年度は爆笑・熱唱オンエアバトルで別楽曲となる。
「熱唱」では「愛と誠」を1年間通してOPで使用。
また、エンディングテーマをケイタクが1年間通して担当した。
2005年10月 -
2006年3月
「夕暮れ時に何思ふ」
ケイタク

外部リンク編集

NHK 金曜 深夜1:05 - 1:35
前番組 番組名 次番組
熱唱オンエアバトル