メインメニューを開く

収録(しゅうろく)とは放送用語のひとつで、放送コンテンツを前もって録音録画・編集したのちに視聴者・聴取者に伝える放送手段を指す。これとは逆に、収録素材を用いずに同時間的に放送をおこなう形態は生放送と呼ばれる。

この項目では放送後の収録素材の保管(番組保存)についても扱う。

概要編集

前史・ラジオ放送編集

日本のラジオ放送においては、1932年(昭和7年)11月22日午後4時20分からの、NHK東京放送局における「国際聯盟会議の経過」と題する佐藤尚武の演説放送が収録放送の嚆矢である。これはジュネーブ発の国際放送の受信音声を写真化学研究所レコードにし、そのレコードを放送局から流す、という段取りであったが、「成績が余り芳しくなかった」としている[1]

1938年(昭和13年)には、NHK全体の1年の放送時間総計の152,400時間59分のうち、10時間17分で録音放送を行うに至っている[2]

ラジオ放送初期には、放送用の録音媒体にセルロース盤を用いていた[1]。セルロース盤の再生時間は片面最大約3分であり、交響曲、落語・講談、文化講演といった長時間のコンテンツの収録には不足していたため、これらはスタジオからの生放送か、劇場からの生中継放送に限られていた。東京放送局では、30分の継続録音が見込まれていた鋼線式磁気録音や、トーキー映画で用いられる光学録音の導入を目指していた[1]が、実現に至らなかった。玉音放送もセルロース盤による収録放送である。

第二次世界大戦後、音声用磁気テープの実用化および放送現場への普及に至った。

テレビ放送編集

テレビ放送開始当初は、収録のための機材や媒体が高価であった、あるいは存在しなかったため、生放送が主流であったが、ドキュメンタリー番組、一部のテレビドラマCM等は、当初からフィルムによる収録素材を用いて放送されていた。

録画・録音技術が進歩してくるに従って、また出演者のスケジュール調整の都合やプライバシー維持のための処理の必要性などによって、フィルム、さらにVTRが導入され、収録放送の割合が増加していった。過渡期のテレビドラマにおいては、一部のシーンのみ収録素材を用いて、あとは生放送で送る、という形式が導入された例がある(『ダイラケのびっくり捕物帖』における森光子の出演シーン[3]など)。

1950年代当時のVTRメディアは、2インチVTRが主流であった。リールの速度が高く、慣性が強かったため、一時停止が難しく、上質な映像を得るためには開始から終了までテープを回し続ける必要があった。また、フィルムや後年の1インチVTRのような本格的な編集が困難で、特にローバンド機時代は、もし編集が必要となった場合、テープの記録部分をルーペで確認しながら見当を付けて剃刀でテープを切断して貼り合わせる方法がとられていたが、これを行うには上司の決裁を仰ぐ必要があり、許可が下りるのもやむを得ないという事情が特別に認められる場合に限られていた。これらの問題の他、前述の価格の問題から、2インチVTRによる収録はもっぱら、失敗不可の一発録りを強いられていた。

一方でこの頃のフィルム収録は複数の弱点(現像作業を要する、保管場所をとる、耐久性がビデオテープに比べて劣る等)があったものの、当時はビデオテープと比べて比較的安価であり、編集もビデオテープより容易であった為、再放送に耐えうるコンテンツの保存手段として広く使われていた。VTRで収録された素材を編集・再放映しやすくするため、しばしばキネコ(キネレコ)によるフィルムへの変換複製がなされた。キネコ変換は後述の1インチVTRの時代に至っても、CM素材を中心に長く活用されていた。

1980年代に入り1インチVTRが放送業界に普及すると、ビデオテープの価格がフィルムより安くなったこともあって、大半の番組をビデオテープによって番組をVTR保存する体制が整い、再放送や「NG集」のような過去の放送を振り返る内容の番組の制作に備えられるようになった。これと引き換えにフィルム収録は前述の弱点により次第に減少していった。

近年のテレビ番組は、大半が収録形式で放送されている。生放送形式の番組は、情報の速報性・正確性が求められる報道番組や、生放送でなければ得られない「ライブ感」などの演出効果が不可欠なスポーツ中継などに限られている。

収録放送にまつわる技術・用語編集

民間放送周辺では、映像編集・音声編集を完了させた収録素材を完全パッケージメディア(完パケ)と呼ぶ。

ネット局間での放送素材の物理的やり取りをテープネットと呼ぶ。

生放送したものを完パケとして局内で収録しておき、別の時間帯に再放送することがある。これらは生放送でないことを特に断るため、番組表等で「録画放送」と表示される。「録画放送」が実施されるのは以下の場合による。

  • 一部の放送局で、編成上生中継の同時放送ができなかった場合
  • 海外からの中継で、リアルタイムでの放送が深夜から明け方などの一般に視聴困難な時間帯に当たる場合
  • 特別にアンコール放送を行う場合

収録から放送までの間に出演者の不祥事や死去が発覚した場合、「この番組は○月○日に収録されたものです」といった、生放送でない旨の断りを示すテロップを表示することがある。

視聴率低迷や制作予算の縮減等の理由により、生放送から収録に切り替えた番組が存在する[どれ?]

番組収録素材の保存編集

1970年代まで、放送局では、機材価格や著作権問題から映像を記録して保管する例が少なかった。2インチVTRは1958年より日本で使用され始めたものの、機器は重厚長大であり、価格も維持費も非常に高額であった。テープについては、最初期はアメリカ合衆国からの輸入品しかなく、当時の価格で100万円以上、1964年に国産テープが発売された後も当時の価格で10万円以上(いずれも60分1巻の場合)であった。さらに当時、放送収録用テープは税制上、消耗品ではなく固定資産とみなされていたため、固定資産税の課税対象とされていた。また、放送番組におけるVTR素材の使用目的は、映像の保存のためよりも、出演者の負担減や放送時間調整のための意味合いのほうが強かった。テープの内容は放送終了後に消去され、他の番組収録に使い回されていた。そうしてテープ自体が劣化すると、積極的に廃棄されていた。

これらの理由のため、この時期の放送番組は、収録放送であっても全部または一部が現存しないケースが多い(また、保存されていた2インチVTRについても、機器やテープが老朽化しており、代替の部品や機材も存在しないために、他フォーマットへの変換作業が進まず、内容が再公表できない事態が発生している)。また、本放送時はカラーであっても現存する映像はモノクロというケースもある。

脚注編集

  1. ^ a b c 日本放送協会編『ラヂオ年鑑 昭和15年』p.203pp.204-205p.206「録音放送技術の進展」
  2. ^ 日本放送協会編『業務統計要覧 昭和13年度』p.158「放送時間」pp.272-273「録音放送回数及時間」
  3. ^ 読売新聞大阪本社文化部(編)『上方放送お笑い史』 読売新聞社、1999年 pp.160-165

関連項目編集