ボブ佐久間(ボブ さくま、1949年5月5日 - )は、日本作曲家編曲家。一般社団法人日本作編曲家協会理事。兵庫県宝塚市出身。

略歴編集

4歳の頃よりヴァイオリンピアノを始め、京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を卒業後、東京交響楽団に第一ヴァイオリン奏者として入団。しかし、経済的理由から東京交響楽団を退団しピアニストとしてクラブなどでの演奏を行うようになる、この頃、同様に下積みであったSHOGUNの長岡道夫や五木ひろしと交友を持ち、後に五木の曲のステージアレンジを担当することになる。

1972年、「恋のドブネズミ」が第1回東京音楽祭で注目を浴び作曲家としてメジャーデビューを果たす。以降、ドラマやCM音楽などの作編曲家として活動。この時期はアストロ・ミュージックに所属し小林亜星山下毅雄の編曲を多数こなす。

1977年、国内の仕事に区切りをつけハリウッドに居を移し、1985年までの音楽修業に入る。

1995年名古屋フィルハーモニー・ポップスオーケストラ音楽監督、常任指揮者に就任。2012年まで務めた。

2019年5月22日(水)~26日(日)、Bunkamura オーチャードホールにて、V6坂本昌行がおくるコンサート『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』にてミュージック ディレクター 編曲、指揮を務めた。

担当作品編集

ドラマ編集

アニメ編集

ゲーム編集

テレビ編集

楽曲提供編集

出版編集

出演編集