メインメニューを開く
第22回熱気球世界選手権(佐賀市)

熱気球世界選手権(ねつききゅうせかいせんしゅけん、FAI World Hot Air Balloon Championship)とは、国際航空連盟(FAI)加盟各国の代表選手による熱気球競技の世界大会で、1973年の第1回大会からほぼ2年に1回開催されている。

開催地一覧編集

開催地は国際気球委員会(CIA)定例本会議での投票で決定される。なお、2001年は、4年に1度開催される「ワールド・エア・ゲームズ」が開催されたため、同時開催を避けるために世界選手権を1年ずらした。そのため、15回大会以降は偶数年開催となっている。

回数 開催年 開催地 開催国 参加数 優勝 日本人選手
1回 1973年 ニューメキシコ州 アルバカーキ   アメリカ合衆国 14カ国32機  FLODEN,Dennis E
2回 1975年 ニューメキシコ州 アルバカーキ   アメリカ合衆国 15カ国34機  SHCAFFER,David 市吉三郎(27位)
3回 1977年 ヨークシャー   イギリス 22カ国51機  WOESSNER,Paul 高橋徹(37位)
4回 1979年 ウブサラ   スウェーデン 16カ国33機  WOESSNER,Pau 大岩正和(23位)他2名
5回 1981年 ミシガン州 バトルクリーク   アメリカ合衆国 21カ国82機  COMSTOCK,Bruce 高本裕久(15位)他4名
6回 1983年 ナント   フランス 20カ国70機  VIZZARD,Peter 大岩正和(17位)他4名
7回 1985年 ミシガン州 バトルクリーク   アメリカ合衆国 23カ国98機  LEVIN,David 今村佐紀夫(56位)他6名
8回 1987年 シーライン   オーストリア 23カ国98機  NELS,Al 辻井誠明(18位)他2名
9回 1989年 佐賀県 佐賀市   日本 25カ国102機  HAGGENEY,Benedikt 内山陽一(16位)他7名
10回 1991年 ケベック州 サン・ジャン・シュア・リシュルー   カナダ 26カ国101機  NELS,Al 川副薫(35位)他6名
11回 1993年 ラ・ロシェット   ルクセンブルク 32カ国101機  BLOUNT,Alan 福井譲二(35位)他5名
12回 1995年 ミシガン州 バトルクリーク   アメリカ合衆国 33カ国86機  HEARTSILL,Joe 西村一彦(41位)他1名
13回 1997年 佐賀県 佐賀市   日本 38カ国112機  BAREFORD,David 浅野智之(12位)他4名
14回 1999年 バッドウォルタースドルフ   オーストリア 32カ国90機  ARRAS,William 藤田昌彦(11位)他3名
15回 2002年 シャテイユロー   フランス 36カ国99機  BAREFORD,David 増本嘉浩(14位)他3名
16回 2004年 ミルデューラ   オーストラリア 30カ国87機  PIRPER,Markus 藤田昌彦(5位)
水上孝雄(9位)他3名
17回 2006年 栃木県 宇都宮市茂木町   日本 36カ国66機  PETREHN,John 水上孝雄(5位)
遠藤護(6位)
藤田昌彦(9位)他3名
18回 2008年 オーバーエスターライヒ州 ホーフキルヒェン   オーストリア 36カ国98機  MESSINES,Francois 藤田雄大(7位)他6名
19回 2010年 デブレツェン   ハンガリー 34カ国129機  PRTREHN,Johnny 水上孝雄(16位)他6名
20回 2012年 ミシガン州 バトルクリーク   アメリカ合衆国 29カ国103機[1]  DONNER,Nick 藤田雄大(3位)他5名
21回 2014年 サンパウロ州 リオクラロ   ブラジル 22カ国58機  藤田雄大 須江哲洋(24位)他3名
22回 2016年 佐賀県 佐賀市   日本 31カ国105機  HEARTSILL,Rhett 佐藤将史(8位)他6名
23回 2018年 グロース=ジークハルツ   オーストリア 34カ国105機  BAREFORD,Dominic 藤田雄大(16位)他名

脚注編集

  1. ^ 第20回熱気球世界選手権で藤田選手が日本人初の銅メダル獲得!! (pdf)”. 日本気球連盟. 2014年3月31日閲覧。

外部リンク編集