メインメニューを開く

片倉辺命(かたくらべのみこと)は、長野県諏訪地方の民間伝承(諏訪信仰)の

片倉辺命

神祇 国津神
全名 片倉辺命、片倉辺神
神格 開拓の神
陵所 伝承あり
建御名方神
八坂刀売神
児玉彦命上津御玉神下津御玉神
神社 諏訪大社 等
関連氏族 守矢氏 、守矢氏(副祝)

目次

概要編集

片倉辺神片倉辺尊とも表記され、また類似した神名に御倉辺命(みくらべのみこと)がいるが、同一神かどうかは不明。

建御名方神の御子神で、守屋山南麓(片倉)に坐す神とされ、また佐久郡旧入片倉村にも鎮座するとされる。神陵は佐久郡にあるとされる[1]

明治初期に書かれた守矢氏の家系図『神長守矢氏系譜』の中で、守矢氏四代目として洩矢神の孫千鹿頭神の跡を継いだ者を、片倉辺命の子児玉彦命と記載する。また『諏訪氏系図.続編』においては片倉氏の祖神とされる。

系譜編集

 
守矢氏の最初の五代
(洩矢神から八櫛神まで)

建御名方神と八坂刀売神の子で、后神は不明だが児玉彦命上津御玉神下津御玉神の三柱の御子神がいる[2]

その内児玉彦命は、千鹿頭神の後を継いで祭政を執り、守達神の娘・美都多麻比売神を娶って八櫛神を生む。このため守矢氏の系図では児玉彦命を四代目に数えている。

祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、17頁。
  2. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、17、18頁。

関連項目編集