片岡寛光 (国学者)

片岡 寛光(かたおか ひろみつ、生年不詳 -天保9年1月15日1838年2月9日)は、江戸時代後期の国学者歌人で、江戸神田佐久間町名主。通称は周輔・権太郎・仁左衛門。号は郁子園(むべぞの)・桂満(かつらまろ)・蔦垣内(つたのかきつ)など。

経歴編集

医師の所家に生まれ、片岡家の養子となる。清原雄風村田春海らに学び、本間游清とともに江戸派歌人の代表的な存在であった。また、三島自寛蒲生君平屋代弘賢小山田与清らとの親交が深かった。だが、晩年は精神を病んで亡くなったとされている。

著書として『古今集集成』『参考狭衣草子』・随筆『今はむかし』などがある。

斎藤月岑に『浮世絵類考』を写させた片岡一声子と同一人物として紹介されることがあるが、詳細は不明。

参考文献編集