メインメニューを開く

牧 ダレン 聡まき ダレン さとし1979年8月28日 - )は、日本のプロバスケットボール選手カリフォルニア州ロサンゼルス出身。175cm、75kg。牧は日本プロフェッショナル・バスケットボール・リーグで初めてドラフトされた日系アメリカ人。日系アメリカ人の二世で父は鹿児島市の出身。

牧 ダレン 聡
Darin Satoshi Maki
Maki darin satoshi.jpg
フリーエージェント
ポジション ポイントガード
身長 175cm (5 ft 9 in)
体重 75kg (165 lb)
血液型 O型
足のサイズ 28.5cm
基本情報
愛称 D-MAK
ラテン文字 Darin Satoshi Maki
英語 Darin Satoshi Maki
誕生日 (1979-08-28) 1979年8月28日(40歳)
日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
ドラフト 2005年 6位 
選手経歴
2001-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2009
2009-2010
2010-2011
2011-2012
潮州
福建
世田谷UNK太子堂
東京アパッチ
大分ヒートデビルズ
東京アパッチ
埼玉ブロンコス

来歴編集

6歳から地元のサッカーチームと野球チームの両方に所属。バスケットボールは8歳の時に始める。10歳からはアメリカンフットボールのチームに所属。12歳からは合気道と柔道をし、柔道ではカリフォルニア州チャンピオン(二回)、ネバダ州チャンピオン、アメリカナショナルチャンピオン(銅メダル)、U.S.A.ジュニアナショナル・チームトレーニングキャンプに招集されるなど、とにかくスポーツ万能で多彩であった。初めてのダンクショットは17歳、垂直飛びで最高45インチ (115cm) だった。

高校のバスケットボールキャリアで優秀な成績を残した後、牧はイースト・ロサンゼルス・カレッジとカリフォルニア州立大学ドミンゲズ・ヒルズ大学でプレーした。 この間、日本代表チームとエキシビジョンゲームを行い何度も勝利を決めた。そしてそれをきっかけに日本でプレーする選手としてスカウトされるようになった。牧はこれを機に、日本でプロとしてプレーする興味を持つようになった。

卒業後、ベトナムや香港や中国等アジアのセミプロでプレーし来日。JBLと契約の話もあったが、外国人枠のため断念。

その後、日本国籍を取得。2005年に発足したbjリーグにて東京アパッチよりドラフト会議で6位指名を受け入団。東京アパッチで3年間活躍した後、2008年にFAを行使し、東京アパッチに残留した。牧のヘッドコーチは、元NBAでもあり、ロサンゼルス・レイカーズの選手、コービー・ブライアントの父親でもあるジョー・ブライアントだった。

2009年オフ、大分ヒートデビルズへ移籍した。

2010年オフ、東京アパッチに復帰する。

2011年の東日本大震災の後、東京アパッチは業務を中断し、牧は埼玉ブロンコスと契約した[1][2]。 埼玉ブロンコス入団後、友人のナタリー・ナカセをコーチングのスタッフに紹介し、後、ナカセは日本プロ男子バスケットボールの初の女子監督となった[3]。 2013年、牧はベンチャービジネスの道へと進むため、契約を断り引退を決意した。

脚注編集

外部リンク編集