メインメニューを開く

牧田 茂(まきた しげる、1916年7月25日 - 2002年3月22日)は、民俗学者。

目次

略歴編集

京都府京都市出身。別名=茅原茂(チハラ)。1940年國學院大學文学部国文科卒、朝日新聞社に入社。東京社会部次長、「週刊朝日」編集長、東京企画部長などを経て、1971年退社後、社友となる。1976年日本大学講師、1977年白梅学園短期大学教授を務めた。旧制京都二中時代に柳田國男に出した手紙が縁で門下生になる。1940年閑院宮賞。1947年日本民俗学会設立に参加。柳田民俗学の後継者として民俗学を中心に多くの著作がある[1]

著書編集

共編著編集

  • 『化粧地蔵 こどもの神さま』池田弥三郎共著・写真三村幸一 淡交社 1973
  • 『日本民俗学の視点』全3巻、高崎正秀・池田弥三郎共編 日本書籍 1976
  • 『日本むかしむかし』全8冊、斎藤知克共編 角川文庫 1977-1979
  • 『日本の祭り5 近畿〈1〉』講談社 1982
  • 『評伝柳田国男』 日本書籍 1979。編者

論文編集

脚注編集