メインメニューを開く

角川新書は、

  1. 1950年5月に角川書店が創刊した新書レーベル[1][2][3]
  2. 2015年2月にKADOKAWAが刊行を開始した新書レーベル。本項ではこれについて記述。

角川新書(かどかわしんしょ)は、 株式会社KADOKAWAが発行している新書レーベル。

2015年2月、角川oneテーマ21角川SSC新書メディアファクトリー新書アスキー新書が、レーベル名を「角川新書」に統一することにより誕生する[4]。毎月10日に発売されている[5]

池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズは、累計発行部数142万部を突破している[6]藻谷浩介NHK広島取材班『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』は、中央公論新社が主催する「新書大賞2014」を受賞しており、また累計発行部数が40万部を超えている[7]

栗原康『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』、水木しげる荒俣宏『戦争と読書 水木しげる出征前手記』は、紀伊國屋書店が主催する紀伊國屋じんぶん大賞2016にノミネートされた[8]

脚注編集

外部リンク編集