物部依網 抱(もののべのよさみ の いだき)は、飛鳥時代豪族。依網久須の子で物部依網乙等の兄とする系図がある[1]冠位は不明。

出自編集

物部依羅氏(物部依羅連)は饒速日命の十二世子孫の懐(布都久留)の後裔で[2]物部氏の一族である天孫氏族。氏の名称は摂津国住吉郡大羅郷(現在の大阪市東住吉区我孫子町・庭井町一帯)と隣接する河内国丹比郡依羅(現在の松原市天善町一帯)の地名に基づく[3]

記録編集

推古天皇16年(608年)日本に渡来した使・裴世清が入京して朝廷に参上する際に、阿倍鳥とともにに導者(案内役)とされ、隋よりの信物(くにつもの)を庭の上に置いた[4]

系譜編集

  • 父:依網久須[1]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:物部依羅稚子[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 鈴木真年『諸系譜』第1冊,十市部首
  2. ^ 『新撰姓氏録』河内国神別,左京神別
  3. ^ 佐伯[1994: 479]
  4. ^ 『日本書紀』推古天皇16年8月12日条

参考文献編集