特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律

特定物質等の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(とくていぶっしつのきせいとうによるオゾンそうのほごにかんするほうりつ)は、オゾン層破壊から人の健康の保護し、生活環境の保全することを目的として、「特定フロン」の製造・輸入を規制し、代替フロンへの転換を図ってきた法律である。法令番号は昭和63年法律第53号、1988年(昭和63年)5月20日に公布され、2018年(平成30年)7月4日の改正[1]により地球温暖化に影響の強い代替フロンについても段階的に製造・消費を削減し、グリーン冷媒に転換するように改正された。

特定物質等の規制等によるオゾン層の保護に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 オゾン層保護法
法令番号 昭和63年法律第53号
種類 産業法
効力 現行法
主な内容 オゾン層の保護
関連法令 フロン回収破壊法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

策定の背景編集

オゾン層の保護のためのウィーン条約1985年)やその具体的な推進のためのオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書(1987年)を国内で適切に施行することを主な目的として制定された。「特定フロン」の製造・輸入を規制し、代替フロンへの転換を図ってきた。

2016年10月、ルワンダのキガリにてモントリオール議定書が改正され、代替フロンが地球温暖化に影響を与えることに鑑みて、平成30年には代替フロンについても2019年以降に製造・消費を削減し、グリーン冷媒に転換するように法改正された。

内容編集

グリーン冷媒編集

グリーン冷媒の導入状況編集

分野 グリーン冷媒
家庭用冷蔵庫
自動販売機
  • CO2
  • イソブタン
  • アンモニア
カーエアコン
  • HFO-1234yf
小型業務用冷凍冷蔵庫 代替冷媒候補を検討中
業務用エアコン 代替冷媒候補を検討中
家庭用エアコン 代替冷媒候補を検討中

主務官庁編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第69号)