猪名川花火大会

大阪府池田市及び兵庫県川西市の猪名川流域で開催される花火大会

猪名川花火大会(いながわはなびたいかい)は、毎年8月中旬に大阪府池田市及び兵庫県川西市猪名川流域で開催される花火大会である。

猪名川花火大会
池田市より撮影(2018年)
池田市より撮影(2018年)
概要
開催時期 8月第三土曜日(例外有)
初回開催 1949年昭和24年)
会場・場所 大阪府池田市兵庫県川西市
猪名川河川敷
打ち上げ数 4,000発
主催 猪名川花火大会開催委員会
人出 13万1,000人(2018年)
最寄駅 阪急宝塚線池田駅川西能勢口駅
JR宝塚線川西池田駅
テンプレートを表示

概要編集

猪名川を挟み、大阪府池田市兵庫県川西市が協力して「猪名川花火大会開催委員会」が企業などからの寄付によって、毎年8月第三土曜日に猪名川河川敷で開催される。例年、約4,000発の花火が打ち上げられる[1]

花火大会の実行主体は、池田市と川西市が共同で設立した猪名川花火大会開催委員会が行っている。

歴史編集

猪名川花火大会は、戦後まもない1949年昭和24年)に、猪名川に感謝をささげる水の祭典として数百発の打上げ・早打ち・仕掛け花火を実施したことが起源である。当時の新聞報道によると、京阪神各地からの来場客数は約10万人とされており、その人気ぶりが窺える[2]。猪名川花火大会開催委員会が企業などからの寄付によって毎年開催している。

2019年(平成31年)は台風10号に伴うよる大雨の影響で、8月17日と18日の予備日順延を含め取りやめとなった[3]。 2020年(令和2年)の第72回大会は、東京オリンピックパラリンピックに多数の警備員が動員され、本花火大会の実施に必要な警備員が確保できないために中止された[4][5]。さらに2021年も中止。

2022年は8月20日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染再拡大により中止が決定し、4年連続の開催中止となった[6]

大会概要編集

アクセス編集

当日は周辺地域に交通規制が行われ、阪神高速池田線五月山ドライブウェイも花火打ち上げ時には通行止めとなるため、車でのアクセスは出来ない。路線バスも、周辺道路混雑のため一部運休となる[7]。また最寄り駅である阪急池田駅では、臨時列車が運行されることがある。

池田市エリア
川西市エリア

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 第70回猪名川花火大会”. 川西市 (2018年8月3日). 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ 大阪府池田市と兵庫県川西市が協力して70年。伝統の花火大会をこれからも守り続けたい!”. ふるさとチョイス. 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ 【中止のお知らせ】第71回 猪名川花火大会”. 池田市観光協会公式サイト. 2021年5月1日閲覧。
  4. ^ “来年8月の猪名川花火、五輪余波で中止 いたみ花火も、警備人員確保できず”. 産経新聞. (2019年12月23日). https://www.sankei.com/west/news/191223/wst1912230025-n1.html 2020年1月12日閲覧。 
  5. ^ 令和2年度「第72回猪名川花火大会」中止のお知らせ”. 池田市. 2020年1月12日閲覧。
  6. ^ 猪名川花火大会、一転中止に コロナ感染再拡大受け4年連続”. 兵庫おでかけプラス. 神戸新聞 (2022年8月3日). 2022年8月8日閲覧。
  7. ^ ニュース”. 阪急バス. 2021年5月1日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯34度49分14.6秒 東経135度25分02.5秒 / 北緯34.820722度 東経135.417361度 / 34.820722; 135.417361