メインメニューを開く

玉本 偉(たまもと まさる、1956年 - )は、日本政治学者。専門は、国際関係論

略歴編集

東京都生まれ。ブラウン大学卒業後、ジョンズ・ホプキンス大学で博士号取得。アメリカン大学助教授・アジア研究所所長(1990年-1995年)を経て、ワールド・ポリシー研究所(en:World Policy Institute, New York)シニア・フェロー(1995年- )。

その間、東京大学東洋文化研究所客員研究員、プリンストン大学国際研究センター・マッカーサー・フェロー、ハーバ”ード大学国際研究センター・アドバンスド・リサーチ・フェロー、立命館大学法学部客員助教授、ケンブリッジ大学リサーチ・アソシエート。

2006年、日本国際問題研究所の英文コメンタリー編集長に就任。

2013年、米国ニューヨークタイムス紙の論説委員に就任。

論文編集

  • 「国際的役割を模索する日本」関寛治ほか編『地球化時代の日米関係』(日本評論社, 1991年)
  • 「無のイデオロギー」『外交時報』1313号(1994年)
  • 「アメリカにおけるナショナリズムの現在」『思想』863号(1996年)
  • 「日本のナショナル・アイデンティティ――失われたモデルの意味するもの」小林誠遠藤誠治編『グローバル・ポリティックス――世界の再構造化と新しい政治学』(有信堂高文社, 2000年)
  • "Japan's Politics of Cultural Shame", Global Asia, vol. 2, no. 1 (2007).