王份

南朝宋から梁にかけての政治家
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

王 份(おう ふん、446年 - 524年)は、南朝宋からにかけての政治家は季文。本貫琅邪郡臨沂県

経歴編集

黄門侍郎の王粋(王景文王貞風の兄)の子として生まれた。14歳で父母を失い、車騎主簿を初任とした。寧遠将軍・始安郡内史として出向した。袁粲が処刑されると、親しかった者でも葬儀に行こうとしなかったが、王份はひとり赴いて哀哭したので、このため名を知られた。太子中舎人に転じ、太尉属となった。晋安郡内史として出向した。中書侍郎に累進し、大司農に転じた。

王份の兄の王奐雍州で処刑されると、王奐の子の王粛北魏に亡命したため、王份は自らを拘束して罪を請うた。の武帝蕭賾は王份の誠意を知って、罰しなかった。まもなく寧朔将軍・零陵郡内史に任じられた。黄門侍郎として召されたが、父の最終官であったことを理由に、固辞して受けず、秘書監に転じた。

天監初年、散騎常侍の位を受け、歩兵校尉・起部尚書を兼ねた。蕭衍がかつて宴席で「朕は有をなすか無をなすか」と群臣に訊ねたことがあった。王份が「陛下は万物に応じて有をなし、体は理に至って無をなします」と答えたため、蕭衍は褒めたたえた。宣城郡太守として出向し、呉郡太守に転じた。寧朔将軍・北中郎豫章王長史・蘭陵郡太守となり、行南徐府州事をつとめた。太常卿・太子右率・散騎常侍に転じ、東宮に仕え、金紫光禄大夫の位を受けた。また智武将軍・南康王長史となった。入朝して散騎常侍・金紫光禄大夫・南徐州大中正となった。尚書左僕射に転じ、まもなく侍中の位を加えられた。

普通2年(521年)、本官のまま大匠卿を兼ね、散騎常侍・右光禄大夫に転じた。侍中・特進・左光禄大夫に進み、また本官のまま監丹陽尹をつとめた。5年(524年)3月、死去した。享年は79。本官を追贈された。は胡子といった。

子孫編集

子女編集

  • 王琳(字は孝璋、駙馬都尉、明威将軍・東陽郡太守、司徒左長史)

編集

伝記資料編集