王 渉(おう しょう、? - 23年)は、中国前漢末期から代にかけての武将・政治家。冀州魏郡元城県委粟里の出身。父は王莽の叔父の曲陽侯王根。王莽の従弟にあたる。

事跡編集

姓名 王渉
時代 前漢時代 -
生没年 生年不詳 - 23年地皇4年)
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 冀州魏郡元城県委粟里
職官 衛将軍〔新〕
爵位・号等 直道侯〔新〕→直道公〔新〕
陣営・所属等 王莽
家族・一族 父:王根 一族:王莽〔従兄弟〕

王舜〔又従兄弟〕 王邑〔従兄弟〕

天鳳5年(18年)、直道侯の地位にあった王渉は衛将軍に任命され、また、王莽は王根がかつて自分を引き立ててくれた恩を思っていたため、王渉は直道公に昇格した。

地皇4年(23年)6月、大司空王邑率いる新の主力部隊が、昆陽で劉秀(後の光武帝)率いる漢軍に殲滅され、大司徒王尋も戦死した。新の滅亡が近づく中で、王渉は、日頃世話をしていた道士西門君恵から「天文によれば劉氏が当に復興しようとしています。国師公(劉歆)の姓名はこれにあたります」旨の進言を受け、これを信じる。そして、大司馬董忠と共謀して、劉歆を説得して皇帝に擁立し、挙兵しようとした。しかし劉歆は、天文観察によれば東方の軍隊(更始帝、劉秀らの荊州の漢軍)が成功するだろうと述べ、消極的な姿勢を示す。そこで王渉は計画を変更し、王莽を捕え、荊州の漢軍に投降することを劉歆に持ちかけ、劉歆もこれに応じた。

しかし、董忠配下の司中大贅・起武侯孫伋が王莽に密告して、王渉らの陰謀は露見してしまう。王莽の指図により董忠は宮中で誅殺され、王渉と劉歆は自殺して果てた。王莽は、王渉が親族、劉歆が古くからの部下であることから、政権の内部崩壊を恐れ、この事件を公開しようとしなかった。

参考文献編集

  • 漢書』巻99下 列伝69下 王莽伝下

関連項目編集

【魏郡王氏系図】(編集
  • 下線は大司馬に就任した人物。
  • 網掛けは王莽によって処刑または賜死された人物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王賀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平侯王禁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長楽衛尉王弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平侯王鳳
 
王曼
 
広恩君王君俠
 
皇后王政君
 
漢11元帝
 
平阿侯王譚
 
成都侯王商
 
紅陽侯王立
 
曲陽侯王根
 
高平侯王逢時
 
安陽侯王音
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王永
 
王莽
 
定陵侯淳于長
 
漢12成帝
 
平阿侯王仁
 
東郡太守王閎
 
成都侯王況
 
隆新公王邑
 
 
王渉
 
高平侯王買之
 
安新公王舜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王光
 
王宇
 
王獲
 
新遷王王安
 
義陽王王臨
 
皇后王氏
 
漢14平帝
 
王睦
 
王融
 
中山太守王丹
 
褒新侯王匡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王嘉
 
功隆公王千
 
功明公王寿
 
功成公王吉
 
功崇公王宗
 
功昭公王世
 
功著公王利
 
王氏
 
定安公孺子嬰
 
武桓侯王泓