王立演劇学校(おうりつえんげきがっこう、Royal Academy of Dramatic Arts、通称RADA)とは、ロンドンにある役者、ステージマネージャ、ディレクター、デザイナー、舞台芸術の職業教育を行う演劇学校である[1]1904年に演劇プロデューサーのHerbert Beerbohm Treeによって設立された。3年制。ロンドン中心部のブルームズベリーを拠点としている。

Royal Academy of Dramatic Art
Gower Street entrance
The main entrance to RADA on Gower Street
種別 ドラマスクール
設立年 1904
学長 Sir Kenneth Branagh
校長 Edward Kemp
所在地 イングランド
ロンドン
キングス・カレッジ・ロンドン
Conservatoire for Dance and Drama
公式サイト www.rada.ac.uk
テンプレートを表示

Conservatoire for Dance and Dramaの付属校の1つである。またキングス・カレッジ・ロンドン(KCL)と提携しており、高等教育コースの認定はKCLによって行われる[1]。加えてだけのサマースクールや、ショートコースも充実している。

日本との関係では1993年から2012年に亘って、現代演劇協会によりRADAの講師を迎えての短期間のワークショップ「RADAイン東京」が開催されていた。また、2005年に開所した新国立劇場の演劇研修所の参考にもされている。

歴史編集

RADAの卒業生編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b RADA: An introduction”. Royal Academy of Dramatic Art. 2016年5月20日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯51度31分18秒 西経0度7分53秒 / 北緯51.52167度 西経0.13139度 / 51.52167; -0.13139