メインメニューを開く

王 達(おう たつ)は清末民初の政治家。志襄[1]子襄[2]。別名は蘭生[2]

王達
プロフィール
出生: 1881年光緒7年)[1]
死去: 1946年民国35年)[2]
中華民国の旗 中華民国(国民政府)
出身地: 清の旗 安徽省寧国府涇県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 王達
簡体字 王达
拼音 Wáng Dá
和名表記: おう たつ
発音転記: ワン ダー
ラテン字 Wang Ta
テンプレートを表示

事績編集

北京育才館を卒業し[3]山東省洋務局、商務局、巡撫署で任官した。その後日本に留学し、早稲田大学経済学部[4]を卒業している[1]

帰国後は山東省の進士資格を得て寧陽県菏沢県などの県で知県(県知事)となる。中華民国が成立した1912年(民国元年)、高密県知事に任命された[2]1915年民国4年)9月、京兆尹に就任し、1920年(民国9年)8月まで在任した[5]。任期中の1917年(民国6年)に北京市で水害が発生、その対応に従事するなど、全般に治績は良好だったとされる[2]

1924年(民国13年)、安徽省官鉱督弁となり[1][2]、翌年には安徽省省長顧問となった[2]1931年(民国20年)9月、満州事変が起きると国民政府から駐日大使任命を打診されたが、王達は辞退している。同年、国民政府が組織した国民大会に国民代表として選出されたが、耳の病を理由に大会には出席しなかった。日中戦争期間中は蕪湖県に寓居しており、日本側から任官を誘われたものの全て拒否している[2]

1946年(民国35年)、病没。享年66。家財は何も残っていなかったとされる[2]。  

編集

  1. ^ a b c d 徐主編(2007)、48頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『宣城地区志』、822頁。
  3. ^ なお、『宣城地区志』、822頁は、「1899年に北京政法学堂卒業」としているが、「北京政法学堂」という名の機関は当時存在していない。
  4. ^ 学部については、『宣城地区志』、822頁。
  5. ^ 劉ほか編(1995)、359頁。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 外務省情報部編『改訂 現代支那人名鑑』東亜同文会調査編纂部、1928年。
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
  • 宣城地区地方志編纂委員会編『宣城地区志』方志出版社、1998年。ISBN 9787807079118


   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
沈金鑑
京兆尹
1915年9月 - 1920年8月
次代:
王瑚