珍妃(ちんぴ、あるいは ちんひ、満州語ᡠᠵᡝᠩᡤᡝ
ᡫᡝᡞ
転写:ujengge fei、1876年2月27日 - 1900年8月15日)は、光緒帝の側妃の一人。満州八旗のタタラ(他他拉)氏(Tatala hala)の出身。タタラ貴妃ともいう。戸部右侍郎長叙の娘で母は侍妾の趙氏。陝甘総督裕泰が祖父で、伯父は広州将軍長善、従兄にともに進士に登った志鈞・志鋭らがいる。

姉は同じく光緒帝の妃・瑾妃

生涯 編集

13歳で姉とともに選秀女へ参加し入選。嬪位が与えられて珍嬪となり、5年後に妃位へ昇進。美人で明るく外向的な性格かつ書画に巧みで囲碁が上手と多才で、光緒帝が最も寵愛した女性。光緒帝に親政を意見したため、スパイの報告を受けた西太后は逆上、親不孝という理由で虐待され貴人へ身分を落とされた。後に復帰。

『国聞備乗』によれば1894年10月28日ころ懐妊3か月であったのを廷杖を受けその後出産の記録が見えない。「清宮医案」では婦人科の病気があったとしている。

戊戌の政変後、西太后により紫禁城内の冷宮に幽閉された。義和団の乱の最中、意見を述べたという理由で逆上した西太后が殺害を命じ、宦官の崔玉貴が井戸へ落とす等して殺害した。死後打ち捨てられて居たが、批判の声が大きく成った為、西太后は遺骨を引き揚げた。恪順皇貴妃とされ、西陵にある光緒帝の崇陵の妃園寝に葬られた。享年24歳。

珍妃が投げ込まれた井戸は紫禁城内に現存する。生前住居とした景仁宮のそばの仏堂(懐遠堂)に、姉瑾妃が1920年頃書写した「精衛通誠」の扁額が掛かっている。

珍妃の写真 編集

 
黄雲仙の写真。長い間に珍妃の写真とみられる

夫・光緒帝と同様、後世に伝わる肖像写真はないとされている。

1960年から流れる「珍妃」の写真(右図)は特に有名だが、その女性は珍妃ではないという研究がずっと存在する。特に額の髪から見ると、皇妃ではなく当時の妓女によく見られた髪型だった[1]。近年は、写真の女性が黄雲仙という清末の妓女であることが判明した。同じ写真は最初に名妓のアルバム『海上驚鴻影』(1910年出版)に収録された[2]

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ 徐家宁 (2021年3月17日). “讲座|徐家宁:光绪与珍妃传世照片辨伪” (中国語). 澎湃新闻. 2021年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月22日閲覧。
  2. ^ 徐家宁 (2024年3月18日). “讲座|再谈珍妃的照片” (中国語). 旧影志. 2024年4月7日閲覧。

関連項目 編集