メインメニューを開く
琺瑯製の壺

琺瑯(ほうろう)は、アルミニウムなどの金属材料表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。難解な漢字のため「ホーロー」と表記されることが多い。英語では Enamelエナメル)。

(金属材料由来の)機械的耐久性と(ガラス質由来の)化学的耐久性をあわせ持ち、食器調理器具浴槽などの家庭用品や、屋外広告看板道路標識鉄道設備用品、ホワイトボード、化学反応容器などに用いられる。工芸品の琺瑯は、七宝あるいは七宝焼きとも呼ばれる。工芸品である七宝焼は、素地には主に銅、銀、金が使われる。

その歴史は古く、紀元前1425年頃に製作されたと推測される世界最古の琺瑯製品とおぼしき加工品がミコノス島で発見されている[1]。また、ツタンカーメンの黄金のマスクの表面には琺瑯加工が施されている。

目次

特徴編集

 
琺瑯製のティーセット
 
琺瑯製の

利点編集

  • 表面がガラス質のため、雑菌が繁殖しづらく、化学変化を起こさないので食材の味や風味を変化させにくい。
  • においの強い食材を入れても、においが移りにくい。
  • 酸や塩分の高い食材に強い。
  • 中身が金属のため熱伝導率が良く、保温性、冷却性に優れている。
  • 熱に強く、直火、オーブンでの使用が可能。
  • 耐久性に優れており、また、環境ホルモン等をほとんど出さない。

欠点編集

  • 製造時に釉薬が、かかりきらない部分、使用していく上で釉薬が欠けた部分が、水分や塩分に長期間晒されると、さびが生じる場合が多い。
  • 中身が金属であるため、一般的な琺瑯製品は電子レンジで使用できない。
  • 陶磁器ほどではないが、耐衝撃など取り扱いにデリケートさが要求される。
  • 熱に強いが、急な温度変化には陶磁器同様の扱いが要求される。

[2][3][4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ その後、この技術がヨーロッパ方面とアジア方面に伝播し、16世紀頃に朝鮮半島に流れ、そして日本へと渡ってきたといわれている。(琺瑯の歴史について(濱田利平)”. 神鋼環境ソリューション労働組合. 2015年9月25日閲覧。
  2. ^ 「みんなどう使ってるんだろう。野田琺瑯のある生活風景」 キナリノ
  3. ^ 「琺瑯をいつまでも美しく使っていただくために」野田琺瑯株式会社
  4. ^ 「ホーローまめ知識」日本琺瑯工業会

関連項目編集

外部リンク編集