メインメニューを開く

瓜割の滝(うりわりのたき)は、福井県三方上中郡若狭町にある湧水から生ずるで、1985年(昭和60年)名水百選[1]に選ばれるとともに、輝きと優しさに出会えるまち若狭町として水の郷百選を代表する名水である[2]

瓜割の滝
瓜割の滝
所在地 福井県三方上中郡若狭町天徳寺
位置 北緯35度27分42秒 東経135度50分34秒 / 北緯35.461685度 東経135.842904度 / 35.461685; 135.842904座標: 北緯35度27分42秒 東経135度50分34秒 / 北緯35.461685度 東経135.842904度 / 35.461685; 135.842904
落差 3m
滝幅 --(滑滝)m
水系 北川水系天徳寺川
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

目次

概要編集

湧水の流量は4,500t/日。水温が11.7℃と冷たく、その冷たさでが自然に割れたとの故事から「瓜割の滝」と呼ばれる。

泰澄大師が開いた天徳寺真言宗)の境内奥の森中にある。滝周辺は元々「水の森」と呼ばれる修験者の修行地で、また朝廷雨乞いを司る祈祷所だったとされる。

また、水中には紅藻植物のヒルデンブリンディアリブラリス(Hildenbrandia rivularisヒルデンブリンディア属英語版の一種)が繁殖しているため、水中の石が赤く染まっている。

所在地編集

福井県三方上中郡若狭町天徳寺38-3

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集