メインメニューを開く

甘南備 清野(かんなび の きよの)は、奈良時代貴族。名は浄野とも記される。敏達天皇の後裔で、甘南備文成の子とする系図がある。官位正五位下武蔵介

 
甘南備清野
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 延暦13年(794年
別名 浄野
官位 正五位下武蔵介
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 甘南備氏
父母 父:甘南備文成
高直
テンプレートを表示

目次

経歴編集

文章生を経て、大内記大学大允を歴任する。宝亀9年(778年)唐使・孫興進をに送り返すための送唐客使判官となり、播磨大掾を兼ねて翌宝亀10年(779年)送唐客使・布勢清直らと共に唐に渡る。翌天応元年(781年)6月に帰国し、9月に渡唐の功労により従五位下叙爵した。

天応2年(782年肥前守に任ぜられ、延暦9年(790年兵部少輔に遷る。その後、正五位下・武蔵介に叙任されている。延暦13年(794年)卒去。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 鈴木真年『諸系譜』第1冊,甘南備真人
  2. ^ 『続日本後紀』承和3年4月18日条

参考文献編集