メインメニューを開く

甘南備 高直(かんなび の たかなお)は、平安時代初期の貴族。初名は高継武蔵介甘南備清野の三男。官位従四位下摂津守

 
甘南備高直
時代 奈良時代
生誕 宝亀6年(775年
死没 承和3年4月18日836年5月6日
改名 高継(初名)→高直
官位 従四位下摂津守
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 甘南備氏
父母 父:甘南備清野
弥雄、六雄、縄雄
テンプレートを表示

経歴編集

若くして文章生に補せられ、延暦23年(804年少内記に任ぜられる。平城朝では大宰少監西海道観察使判官、嵯峨朝の初期には近衛将監を経て、弘仁6年(815年従六位上から三階昇進して従五位下叙爵

のち、陸奥介上野介と地方官を歴任する。淳和朝天長3年(826年常陸守に任ぜられるが、地方監察官の監査に伴い、前任の国守であった佐伯清岑の罪に縁座して国司の任務を停止された。しかし、下僚や民衆は高直の徳化に感じ、競って国庫の損害を補填するのに必要な経費を供出した。さらに嵯峨上皇までもが情けをかけ、荘園の収益から都合を付けて高直の必要分に充当したという[1]。なおこれ以降、常陸国は親王任国となり、同年に賀陽親王が常陸太守に任ぜられたことから、高直が臣下で最後の常陸守となっている。天長6年(829年)摂津守に任ぜられる。

天長10年(833年)3月仁明天皇の即位に伴い正五位下、同年11月に従四位下と続けて昇叙される。また、時期は明らかでないがこの頃高継から高直に改名する。翌承和元年(834年)母親が死去すると、悲しみに暮れてほとんど死んだも同然の状態となり[1]、承和3年(836年)4月18日卒去。享年62。最終官位は散位従四位下。

人物編集

身長が6尺2寸(約188㎝)の長身であった。文筆に優れ、も巧みであったという[1]

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

  • 父:甘南備清野[1]
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:甘南備弥雄[2]
    • 男子:甘南備六雄[2]
    • 男子:甘南備縄雄[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d 続日本後紀』承和3年4月18日条
  2. ^ a b c 鈴木真年『諸系譜』第1冊,甘南備真人

参考文献編集

  • 森田悌『日本後紀 (中)』講談社講談社学術文庫〉、2006年
  • 森田悌『続日本後紀 (上)』講談社〈講談社学術文庫〉、2010年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年