メインメニューを開く

生田萬 (劇作家)

日本の劇作家、演出家

生田萬(いくた よろず、1949年8月30日 - )は、日本の劇作家演出家東京都生まれ。早稲田大学在学中に劇団を結成、寺山修司の市街劇「人力飛行機ソロモン」に出演。1981年妻の銀粉蝶とともに劇団「ブリキの自発団」を結成、片桐はいり山下千景などを擁し、「夜の子供」などを作・上演、小劇場ブームの一翼を担った。1996年「KAN-KAN」で読売演劇大賞優秀演出家賞、優秀作品賞受賞。一時演劇から遠ざかったが、2007年埼玉県富士見市の富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督に就任。

フィリップ・K・ディックの影響を受けていたとされる。

テレビ番組編集

著書編集

  • 夜の子供 生田万の戯曲集 而立書房 1986
  • やさしい犬 而立書房 1987
  • 夜の子供 2 白水社 1992