メインメニューを開く

経歴編集

青山学院女子短期大学卒業後、浜松町の世界貿易センタービルに入居していた企業のOLとなるが、入社1日目に劇団のオーディション結果が発表され、合格して女優の道に入る[要出典][1]

1981年、夫とともに劇団「ブリキの自発団」を結成、“最後のアングラ女優”の異名を持つことになる[2]。「芝居は嘘だが、続けていると本当になる時が来る。それが好き」とコメント[3]。シンガーソングライターとして、ペヨトル工房からライブ『真冬のトマト/銀粉蝶ミワクるステージ』(カセットテープ+ブックレット)などもリリースされている。

芸名は「銀 粉蝶」ではなく「銀粉蝶」であるが、「銀さん」や「銀ちゃん」と呼ばれることは容認している[4]

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ系編集

TBS系編集

フジテレビ系編集

テレビ朝日系編集

テレビ東京系編集

WOWOW編集

映画編集

舞台編集

吹き替え編集

ラジオドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年7月18日、NHK「土曜スタジオパーク」
  2. ^ 公式プロフィール”. フライング・ボックス. 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ 2015年7月18日、NHK「土曜スタジオパーク」
  4. ^ TBS系『はなまるマーケット』出演時のトークより[いつ?]
  5. ^ “映画『ねことじいちゃん』追加キャストに小林薫、田中裕子、柄本佑ら(クランクイン!) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00057042-crankinn-movi 2018年7月19日閲覧。 

外部リンク編集

公式プロフィール - フライングボックス