小劇場

小劇場(しょうげきじょう)とは、小さな劇場のことで、演劇分野においては日本で1960年代後半に誕生した演劇の1ジャンル(小劇場演劇)を指す[1]

目次

概説編集

小劇場は小さな劇場を拠点とする演劇集団(劇団)及びその演劇(小劇場演劇)である。小劇場演劇は寺山修司唐十郎などによって1960年代後半に誕生した[1]。小劇場演劇はもともと現代演劇の中心にあった新劇への反発から生まれた[1]。しかし、その後、つかこうへい野田秀樹鴻上尚史らの登場により演劇そのものに対するコンセプトの変化が生じた[1]。小劇場演劇の特徴は集団創作の強調や連帯感の重要視にあるとされる[2]。例えば東京サンシャインボーイズの舞台『12人の優しい日本人』は三谷幸喜が書き下ろした作品(1990年初演)であるが公演パンフレットには「作・演出 東京サンシャインボーイズ」とのみ記載されていた[2](なお本作品はのちに三谷の脚本作品として映画化されている)。

小劇場の劇団で、有名なものには野田の夢の遊眠社や鴻上の第三舞台、三谷の東京サンシャインボーイズ、成井豊演劇集団キャラメルボックスなどがある。

主な小劇場編集

北海道編集

青森県編集

東京都編集

神奈川県編集

静岡県編集

愛知県編集

京都府編集

大阪府編集

兵庫県編集

福岡県編集

沖縄県編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 風間研『小劇場、みんながヒーローの世界』青弓社、1993年、10頁
  2. ^ a b 風間研『小劇場、みんながヒーローの世界』青弓社、1993年、12頁

関連項目編集

外部リンク編集