生麺

生麺(なまめん)は、麺類を成形したままの状態で、未加熱・未乾燥のものをいう。

単に「生麺」と言う場合、一般的には冷蔵または常温で保存・流通されるものを指す場合が多いが、生麺を未加熱・未乾燥のまま凍結させたものも生麺の一種であり、これは「冷凍生麺」と呼ばれている。

カップ入りインスタント麺において、完全包装のロングライフゆで麺を「生タイプ麺」と呼ぶ場合があり生麺と混同されることがあるが、これは生麺ではない。

ただし『生めん類の表示に関する公正競争規約』では、生麺を加工した「ゆでめん」、「むしめん」、「半生めん」、「油揚げめん」も「生めん類」の一種として定義されているため、これらについても広義の生麺として扱われることがある。またこれらの生麺類のうち、冷蔵で保存・流通されるものは「チルド麺」と呼ばれることがある。


製麺所ではなく店舗が直接自社工場で製造し、店舗で提供する場合も出ている。例として、うどんでははなまるうどんラーメンでは長崎ちゃんめんなどが自社工場から生麺を店舗に配送し提供している[1][2]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集