メインメニューを開く

田中しょう

田中 しょう(たなか しょう、1955年2月20日 - )は日本4コマ漫画家長野県佐久市出身。本名は田中省三長野県岩村田高等学校卒業、千代田デザイナー学院中退[1]

田中 しょう
本名 田中 省三
生誕 (1955-02-20) 1955年2月20日(63歳)
長野県佐久市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1979年 -
ジャンル 少女漫画4コマ漫画
代表作 『あさかぜ君』
『サラリーマン金四郎』
『あんずちゃん』 他
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1979年葉月シモン名義の「ハート泥棒レビアン」で『週刊マーガレット』の新人賞に佳作入選。デビュー作となる。

その後『週刊マーガレット』誌上に作品が掲載され、短編集としてコミックス化もされたが少女漫画家としての活動を休止。田中しょうにペンネームを変え1983年より4コマ漫画を描くようになる(その当時の別ペンネームに駒場峻がある)。作風も大きく変わり、植田まさしの絵柄に類似した作風と同氏の需要を補完する「植田まさしフォロワー」作家の第一人者として、長きにわたり活躍することとなっていった。

4コマ漫画家に転身してからは「あさかぜ君」「ばんだい君」などヒットを飛ばし、2000年以降は複数の地方紙で「あんずちゃん」を連載している。

4コマ漫画誌の主力として長らく活躍してきたが、4コマ漫画界全体の世代交代の波に押され、2009年末から2010年始めにかけて4コマ漫画誌に連載中の作品の終了が相次ぐこととなり、2010年3月号の「あさかぜ君」の終了をもって4コマ漫画誌から撤退した。

  • 2010年12月より毎月アンドロイドマーケット、アップストアにて「あんずちゃん傑作選」を公開している。

主な作品編集

葉月シモン名義編集

  • 裸足でシーサイド・ラブ(マーガレット・レインボー・コミックス全1巻)デビュー作「ハート泥棒レビアン」も収録
  • 時越峠(マーガレット・レインボー・コミックス全1巻)
  • うごめく闇(マーガレット・レインボー・コミックス全1巻)

あさかぜ君編集

4コマ漫画雑誌で連載されていた漫画の代表作。都会でアルバイトをする青年の物語。

あさかぜ笑介
主人公。もじゃもじゃ頭で、人呼んで「下町の若大将」。
田舎から都会へ出てアパート暮らししつつ、アルバイトを渡り歩いて生活している。
あまりモテるタイプではない、失恋することが多くてその時は「寄席」で癒している。
荒川くん
あさかぜの親友、突っ込み担当。物語では比較的常識人にあたる。
あさかぜ家(アパートの小部屋)に出入りし、あさかぜがなぜ失恋するか指摘(忠告)することもある。
よしこちゃん
あさかぜの片思い相手。漫画のヒロイン。
あさかぜとデートすることもあるが、友達以上恋人未満の関係。
近所の老夫婦
あさかぜと親しい老夫婦。
何かと、あさかぜに世話をかける。
あさかぜの両親
あさかぜの故郷に住む両親。出番は少ない。

ばんだい君編集

4コマ漫画雑誌で連載されていた漫画の一つ。とある銭湯を営む一家の物語。屋号「あいづ湯」と家族の名前は銭湯関係にひっかけている。

番台三助(ばんだい さんすけ)
主人公で、「ばんだい君」当人。髪型は温泉マークを意識している。
番台家の長男。大学受験に失敗して、銭湯の跡継ぎに専念しているが、自動車教習所に通っているらしい。
番台さうな(ばんだい さうな)
三助の妹。もてるらしく、男に欠かしたことはない。
番台長湯(ばんだい ながゆ)
三助・さうなの父。あいづ湯の主人。
番台船子(ばんだい ふねこ)
三助・さうなの母。長湯の妻。
番台・祖父母(ばんだい そふぼ)
三助・さうなの祖父母で、長湯の両親。
おじいさんの出番が多く、三助たちの相方みたいな形になっている。

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.484