田中 長茂(たなか ながしげ、1891年6月11日 - 1969年9月14日)は、日本の農林官僚政治家宮崎県知事[1]を1期務めた。

来歴・人物編集

宮崎県南那珂郡福島町(現・串間市)出身。宮崎県立宮崎中学校第五高等学校東京帝国大学法学部農学部卒。1921年(大正10年)農商務省に入省。戦前は革新官僚として、産業組合の創立や農地改革(当時は実現せず)などに携わり、水産局長、山林局長を経て退官。

1951年(昭和26年)4月1日、第2回宮崎県知事選挙に出馬。吉見房見共に法廷得票数に達せず、決選投票[2]同年5月18日、宮崎県知事選決選投票で当選、宮崎県知事となる。

1953年(昭和28年)、郵政省は宮崎県に新しい民放局の周波数を割り当てたが、地元では民放設立の動きが全くなく、鹿児島県南日本放送がこの機会を利用し、宮崎市に中継局をつくろうと運動を始めていた。そのとき、待ったをかけたのが宮崎県知事田中長茂であった。長茂は、「ぜひ宮崎県民の手で民放を」と関係者を説き伏せ、宮崎商工会議所の有馬美利会頭の奮起を促した。盛り上がる世論に有馬はこの大役を引き受け、翌年に宮崎県初の民放局「ラジオ宮崎(現MRT宮崎放送)を開局させ、初代社長に就任することになる。[3]

長茂は、他にも電源開発を中心とする総合開発(綾第1・第2発電所、奥地林道、細島臨海工業市区、えびの高原)、農山漁村の振興、防災対策(企画局の設置、災害予防事業)など4年間にわたり信念と抱負の県政を貫いた。当時の全国的地方財政窮乏化のなか、財政の健全化を図り、これを切り抜けたことは高く評価されている。晩年は、都心で新生活運動協会の理事などを務めた。生涯を農山漁村の振興と地方自治の発展に尽くした功績は大きい。78歳で病没。宮崎県串間市の累代の墓に眠る。

参考文献・出典編集

  • 宮崎日日新聞社『宮崎県大百科事典』1983年
  • 串間市『串間市史』1996年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宮崎県. “宮崎県歴代知事” (日本語). 宮崎県. 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ 串間市史. 串間市. (平成8年3月 1996). 
  3. ^ みやざきの101人”. 2019.9月閲覧。

関連項目編集