田崎 重吉(たさき しげよし、生年不詳 - 寛永15年2月28日1638年4月12日〉)は、江戸時代前期の人物。

島原の乱の一揆勢指導者のひとりで、天草十七人衆のひとり。田崎刑部の名で史料に見られる。

森宗意軒の弟子で宗意軒と天草四郎のことを天草に触れまわり、一揆を促す。

島原の乱にて中老・旗奉行として原城二の丸の出丸を守備した。最期は詳細不明だが、『天草騒動』によると原城落城時に大矢野松右衛門千束善右衛門らとともに戦うが負傷したため、岩角に頭をぶつけて自害したという。

出典編集

  • 『天草騒動』(1692年、田丸具房(常山)著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(上巻)』(1995年、倉田文史/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(下巻)』(1995年、倉田文史/著)