メインメニューを開く
画像提供依頼:田村実造の画像提供をお願いします。2011年3月

田村 実造(たむら じつぞう、1904年5月25日 - 1999年2月24日)は、東洋史学者、京都大学名誉教授、元京都女子大学学長。

田村 実造
人物情報
生誕 (1904-05-25) 1904年5月25日
日本の旗 日本
死没 1999年2月14日(1999-02-14)(94歳)
学問
研究分野 東洋史
研究機関 京都帝国大学
テンプレートを表示

経歴編集

1940年京都帝国大学助教授、1947年に教授、文学部長を務め、1968年に定年退官。1954年日本学士院賞恩賜賞受賞。京都女子大学学長。1974年勲二等瑞宝章受章。主著に『中国征服王朝の研究』、東洋史教科書作成にも多く参加した。1930年代に中国東北部の実地調査を行い、契丹代の遺跡墳墓を発掘、契丹文字を初めて学会に紹介した。

著書編集

  • 『世界史からみた新東洋史』 文英堂 1950
  • 『中国征服王朝の研究』 第1・2・3巻 東洋史研究会:同朋舎出版 1964.74.85
  • 『慶陵の壁画 絵画・彫飾・陶磁 同朋舎 1977
  • 『中国史上の民族移動期 五胡・北魏時代の政治と社会』 創文社 1985
  • 歎異抄を読む』 日本放送出版協会(NHKブックス) 1987
  • 『アジア史を考える アジア史を構成する四つの歴史世界』 中央公論社 1990
  • 『中国史にみる女性群像』 清水新書 1990
  • 慶陵調査紀行』 平凡社 1994

編著編集

  • 『満蒙史論叢』 第1 日満文化協会 1938
  • 『明代満蒙史研究』 京都大学文学部 1963
  • 『最後の東洋的社会』 (世界の歴史9)中央公論社 1961、中公文庫 1976
  • 『大モンゴル帝国』 (東洋の歴史7)人物往来社 1967、中公文庫 2000

翻訳編集

記念論集編集

  • 田村博士頌寿東洋史論叢 田村博士退官記念事業会 1968

脚注編集