メインメニューを開く

田辺 治(たなべ おさむ、1961年1月4日 - 2010年9月28日)は、日本の登山家。元日本ヒマラヤ協会理事。日本山岳会東海支部員。東海山岳会長。

田辺 治
(たなべ おさむ)
生誕 (1961-01-04) 1961年1月4日
愛知県名古屋市
死没 2010年9月28日(2010-09-28)(49歳)
ネパールダウラギリ
遺体発見 未発見
国籍 日本の旗 日本
出身校 信州大学農学部
著名な実績

8000メートル峰9座登頂
エベレスト登頂(1993年)

冬季南西壁世界初[1]
ローツェ南壁冬期世界初
受賞 秩父宮記念山岳賞(2008)

経歴編集

1961年1月4日、愛知県名古屋市に生まれる[2]刈谷市立富士松中学校卒業[3]。1985年に信州大学農学部卒業。大学時代は山岳部に所属し、1982年ガネッシュヒマールⅡ峰(7,111m/ネパール)登攀を始めとし、25回ヒマラヤ登攀隊に参加、8000メートル峰全14座のうち9座に登頂した。その多くを冬季や未踏の難ルートからの登攀で達成した。

2006年12月ローツェ南壁冬季初登攀に成功、その功績が認められ、2008年12月、日本山岳会東海支部冬季ローツェ南壁登山隊として秩父宮記念山岳賞を受賞した。

慎重な登山家として知られたが、ダウラギリ登攀中の2010年9月28日、雪崩により遭難。遺体は発見されていないが、一緒に雪崩に巻き込まれた他の登山家の一人が遺体で発見されていることなどから、雪崩により死亡したものと見られている[4][5]

スポニチ登山学校講師、日本ヒマラヤ協会理事、日本山岳会東海支部長等歴任。

経歴編集

関連書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 国際的に認められる冬季登頂は、冬至から春分まで。さらにサミットプッシュの全行程がその期間内に行われる場合に限るので、その基準だと冬季登頂(登攀)にならず、晩秋の登頂になる。 例えばWinter Climbing | The Bitter Cold and Wind, History, The Calendar Winter and More (Part-2/2) : ExplorersWebを参照。
  2. ^ 信州大学公式ページ 日本の登山界を牽引する、田辺治隊長
  3. ^ 富士中記念館 刈谷市立富士松中学校
  4. ^ ヒマラヤ、本田さんの遺体発見 3人雪崩遭難事故 - 47News・2010年10月13日
  5. ^ 不明の2邦人、発見できず ヒマラヤ、事実上捜索終了 - 47News・2010年10月13日
  6. ^ 鈴木孝雄. “イエティ同人ガッシャーブルムII峰登山隊”. 2013年10月20日閲覧。
  7. ^ a b c 河口攻. “東海山岳会パミール国際キャンプ登山隊1991”. 2013年10月20日閲覧。
  8. ^ 河口攻. “東海山岳会ブロードピーク登山隊1993”. 2013年10月20日閲覧。
  9. ^ 八木原圀明. “群馬県山岳連盟「嶺呂」第49号 1993/10/29”. 2013年10月20日閲覧。
  10. ^ 日本山岳会. “群馬県冬期サガルマータ南西壁登山隊1993-1994”. 2013年10月20日閲覧。
  11. ^ a b 田辺治. “プーコーラ源流の2つの初登頂:1994年ギャジカン・1996年ラトナチェリー”. 2013年10月20日閲覧。
  12. ^ 日本山岳会. “日本山岳会マカルー登山隊1995”. 2013年10月20日閲覧。
  13. ^ 日本山岳会. “日本山岳会東海支部K2学術登山隊1997”. 2013年10月20日閲覧。
  14. ^ あと41メートル…無情の頂 読売新聞 2007年1月10日

関連項目編集

外部リンク編集