メインメニューを開く

由志園(ゆうしえん)は、島根県松江市大根島にある日本庭園牡丹の栽培が盛んである他、高麗人参の生産地としても有名で、雲州人参ミュージアムを併設する。

由志園
YUUSHIEN GARDEN
140426 Yuushien Matsue Shimane pref Japan00b5s3.jpg
分類 池泉回遊式日本庭園
所在地
島根県松江市八束町波入1260-2
座標 北緯35度29分26.0秒
東経133度10分31.0秒
座標: 北緯35度29分26.0秒 東経133度10分31.0秒
面積 40,000m²
設備・遊具 雲州人参ミュージアム、平成の人参方長屋門、牡丹の館
告示 1975年4月開園
テンプレートを表示
「奥出雲の渓谷」源流の滝
「平成の人参方長屋門」入口
牡丹庭園

目次

概要編集

由志園の初代園主である門脇栄が大根島の観光開発を目的とし1975年昭和50年4月)に開園した。園の名前の由来は、門脇栄が「決して利己を目的とするものにあらず、観光産業の推進こそ天恵に応える郷民の務めなり。その布石となればと願うなり。」という志しをたてたことから、門脇栄が自らでなく父親である由蔵の「由」をとって「由志園」とした。

園の面積は4万m2で、池をめぐり回る形式の庭園。特に5月のゴールデンウイーク牡丹芍薬、藤の花が美しい。牡丹の館では年間を通して牡丹を楽しむことができる。園内にはタイプの違う4つの売店がある。また、郷土料理の食事処も4ヵ所あり、地元産の蕎麦から個室での会席料理まで幅広く対応している。郷土食材を使った「高麗人参豆腐鍋」や「鰻の大根島溶岩焼き」は特に人気が高く名物となっている。

新たな日本庭園の文化を創造すべく、園内中央部の池泉に5万輪もの牡丹の花を浮かべるイベント「池泉牡丹」をはじめ、毎年国内外のアーティストを迎えての企画展も行っている。さらに近年は、「霧の日本庭園」、100万球のLEDやコンピュータ制御された水中イルミネーションを使った「夜間庭園」、浮世絵のプロジェクションマッピング、ARアプリの開発、ホログラム、3次元立体音響など最新のテクノロジーを融合した企画を行っている。

施設編集

  • 池泉回遊式庭園
    • 寒牡丹庭園
    • 牡丹庭園
    • 枯山水庭園
    • 白砂青松庭
    • 溶岩庭園
    • 奥出雲の渓谷
  • 牡丹の館(一年中満開の牡丹を鑑賞できる)
  • 料亭「菖蒲」
  • 食事処「紅葉」
  • 食事処「禅」
  • 日本料理「竹りん」
  • 茶房「一望」
  • 売店「やまぼうし」
  • 雲州人参ミュージアム
  • 御種人参茶カフェ
  • 平成の人参方長屋門

イベント編集

  • 大根島牡丹まつり「牡丹園遊会」 - 4月中旬から5月上旬まで

交通アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集