メインメニューを開く

甲賀真理子

甲賀 真理子(こうが まりこ[1]1949年7月30日[2] - )は、日本ファッションデザイナー[3]広島県豊田郡安浦町(現・呉市)出身。広島県立呉三津田高校 - 東京学芸大学中退。1973年文化服装学院卒業。

1974年ニコル入社。ニコルブランド担当デザイナーとなる。1979年、ZELDA(ゼルダ)のチーフデザイナーに就任。年2回のコレクションを発表。1986年、同社取締役。ゼルダをMARIKO KOUGAと改め、1989年、マリコ・コウガ・アールを発表。1998年、ニコルを退職し、(株)マリコ・コウガを設立した。

ソワール(「MARIKO KOUGA Fil Dore」)やワールド(「LAMiAViTA」)などの数多のプロジェクトにて指揮やライセンス事業を手掛けてきたほか、日本を代表するファッションデザイナーとして東京ファッションデザイナー協議会とともに若手クリエイターの支援などにも取り組んでいる[4]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録 98』 : “甲賀真理子” (p.629) 1998年 日外アソシエーツ ISBN 9784816914683
  2. ^ 7月30日は甲賀真理子の誕生日です』 2014年7月30日 FASHION HEADLINE
  3. ^ 読売年鑑 2005年版』 : “甲賀真理子” (p.168) 2005年 読売新聞社
  4. ^ mariko kouga 10周年記念』 中谷重明 2008年4月12日 アパレルウェブ

外部リンク編集