メインメニューを開く

男はつらいよ 純情篇

シリーズ第6作

男はつらいよ 純情篇』(おとこはつらいよ じゅんじょうへん)は、1971年1月15日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの6作目。同時上映は『やるぞみておれ為五郎』。

男はつらいよ 純情篇
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
宮崎晃
製作 小角恒雄
製作総指揮 高島幸夫
小林俊一
出演者 渥美清
若尾文子
森繁久彌
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 日本の旗 1971年1月15日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億3000万円[1]
前作 男はつらいよ 望郷篇
次作 男はつらいよ 奮闘篇
テンプレートを表示

あらすじ編集

旅から帰った寅次郎は、またしても自分の部屋に下宿人が居ることに腹を立てる。しかし、下宿人がおばちゃんの遠縁に当たる娘の夕子(若尾文子)で、しかも飛び切りの美人だと知ると態度を180度変え、寅次郎は鼻の下を思い切り伸ばして日々の生活を送るようになる。事情を聞くと、夕子は夫とうまくいかず、そのため別居を決意したのだという。夕子のつらい立場に同情した寅次郎は、たちどころに夕子に惚れてしまったが、ある日、夫が夕子を迎えに来たのであった。

  • 本作で騒々しい子供たちとともに登場したたこ社長の妻(水木涼子)は、本作の他シリーズ第1作(さくらの披露宴)、第13作(「夢」のシーンで一瞬だけ)にも出演している。2人いる女の子のうちの一人が後のあけみ(美保純)として登場する。
  • 本作では、博が印刷工場を辞めるという騒動も発生。たこ社長は博を主任技師に昇格させるというシーンもあった。
  • 源公が本作から見習い坊主になり、寺男として定着する。

スタッフ編集

キャスト編集

ロケ地編集

記録編集

  • 観客動員:85万2000人[1]
  • 配給収入:2億3000万円[1]

受賞編集

脚注編集

  1. ^ a b c 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク編集