メインメニューを開く

町田 経宇(まちだ けいう、1865年10月22日慶応元年9月3日) - 1939年昭和14年)1月10日)は、日本陸軍軍人陸士旧9期陸大9期

町田 経宇
Machida Keiu.jpg
生誕 1865年10月22日慶応元年9月3日
薩摩国日置郡伊集院郷(現在の鹿児島県日置市
死没

1939年1月10日(1939-01-10)(73歳)

昭和14年)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1887年 - 1935年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 陸軍大将
テンプレートを表示

栄典は正三位勲一等功三級。最終階級は陸軍大将

旧名、宮崎愛次郎。

古参の上原閥の一人であり、宇都宮太郎の同志(反長州閥)であった。

経歴編集

薩摩国伊集院(現:日置市)で薩摩藩士井尻仲左衛門の二男として生まれ、領事町田実一の養嗣子となる。司法省法学校を経て、1887年7月、陸軍士官学校(旧9期)を卒業し、陸軍少尉任官。1893年11月、陸軍大学校(9期)を卒業した。日清戦争に出征し、1895年3月、歩兵第10旅団副官となる。参謀本部第1部員、ウラジオストク駐在、ロシア差遣などを歴任。

日露戦争では、第4軍参謀として出征した。フランス大使館[1]、参謀本部課長、歩兵第48連隊長、第15師団参謀長などを経て、1912年3月、陸軍少将に進級し、歩兵第30旅団長、支那公使館付武官、参謀本部第2部長を歴任。1916年8月、陸軍中将となり、第11師団長、第4師団長、サガレン州派遣軍司令官を歴任。1922年5月、陸軍大将となり、軍事参議官を務め、1925年5月に予備役に編入され、1935年4月に退役した。

年譜編集

栄典編集

位階
勲章等


親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ The Japan Year Book1906, p86
  2. ^ 『官報』第608号 大正3年8月10日 敍任及辭令
  3. ^ 『官報』第5304号「叙任及辞令」1901年3月12日。
  4. ^ 『官報』第8666号「叙任及辞令」1912年5月11日。
  5. ^ 『官報』第1236号「叙任及辞令」1916年9月12日。
  6. ^ 『官報』第1858号「叙任及辞令」1918年10月11日。
  7. ^ 『官報』第2784号「叙任及辞令」1921年11月11日。
  8. ^ 『官報』第3707号「叙任及辞令」1924年12月29日。
  9. ^ 『官報』第3601号「叙任及辞令」1939年1月9日。
  10. ^ 『官報』第1190号「叙任及辞令」1916年7月19日。
  11. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  12. ^ 『官報』1910年3月22日 敍任及辭令
  13. ^ 『官報』第1695号「叙任及辞令」1918年3月30日。

参考文献編集