メインメニューを開く

第4軍(だいよんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。日露戦争及び日中戦争時に編成された。

第4軍
創設 1904年明治37年)6月24日
廃止 1906年(明治39年)1月17日
再編成 1938年昭和13年)7月15日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 満州/満州
通称号/略称 光(ひかり)
最終上級単位 関東軍
最終位置 黒竜江省 ハルビン
主な戦歴 日露戦争日中戦争-第二次世界大戦
テンプレートを表示

目次

日露戦争における第4軍編集

日露戦争において1904年(明治37年)6月24日に編成され、戦後の1906年(明治39年)1月17日に解散した。

第4軍の人事(明治37年末時)編集

  • 司令官 野津道貫 大将:1904年(明治37年)6月30日 - 1906年(明治39年)1月12日
  • 参謀長 上原勇作 少将:1904年(明治37年)6月30日 - 1906年(明治39年)1月23日
  • 参謀副長
    • 立花小一郎 歩兵中佐:1904年(明治37年)6月25日 -
    • 柴勝三郎 歩兵中佐:1904年(明治37年)3月17日 - 1906年(明治39年)1月20日
  • 第一課参謀
  • 第二課参謀
  • 第三課参謀
    • 矢野目孫一 工兵少佐
    • 松崎新太郎 歩兵大尉
    • 細野辰雄 歩兵大尉
    • 有吉雅一 歩兵大尉
  • 高級副官 菊池慎之助 歩兵中佐
  • 副官
  • 砲兵部長 楠瀬幸彦 少将:1904年(明治37年)6月25日 -
  • 工兵部長 古川宣誉 少将:1904年(明治37年)7月5日 -
  • 経理部長 黒川秀行 主計監:1904年(明治37年)7月5日 -
  • 管理部長 和崎恭弼 輜重中佐
  • 憲兵長 角田倉太郎 憲兵大尉
  • 軍医部長 藤田嗣章 軍医監:1904年(明治37年)7月5日

兵站部編集

  • 兵站監 奥山義章 歩兵大佐:1904年(明治37年)7月5日 - 1906年(明治39年)1月
  • 兵站参謀長 吉田平太郎 騎兵中佐:1904年(明治37年)7月16日 - 1905年(明治38年)12月20日
  • 参謀 木村戒二 砲兵大尉
  • 副官 
    • 田所成恭 歩兵大尉
    • 佐藤清勝 砲兵大尉
    • 宮城林治 歩兵中尉

明治37年末の隷下部隊編集

明治38年末の隷下部隊編集

  • 第6師団
  • 第10師団
  • 第16師団
    • 師団長 山中信義 中将
    • 参謀長 宮崎兼文 騎兵大佐
    • 参謀 川人潔太郎 工兵中佐
    • 参謀 許斐良太郎 歩兵少佐
    • 参謀 豊田鐡蔵 歩兵大尉
  • 後備混成旅団
    • 後備歩兵第3旅団
      • 旅団長 大久保利貞 少将
      • 参謀長 市川堅太郎 歩兵少佐
    • 後備歩兵第10旅団
      • 旅団長 門司和太郎 少将
      • 参謀長 中島誠之 歩兵中佐
    • 後備歩兵第11旅団
      • 旅団長 友安治延 少将
      • 参謀長 中川幸助 歩兵少佐

支那事変における第4軍編集

支那事変勃発後の昭和13年(1938年7月15日に編成され、関東軍の編組に入った。満州北部の北安、さらに孫呉付近に所在し、北方への備えに当った。昭和20年(1945年)8月9日、ソ連軍侵攻により同軍と交戦を続けている中、ハルビンで終戦を迎えた。

第4軍の人事編集

歴代司令官編集

  • 中島今朝吾 中将(陸士15期):1938年(昭和13年)7月15日 - 1939年(昭和14年)8月1日
  • 後宮淳 中将(陸士17期):1939年(昭和14年)8月1日 - 1940年(昭和15年)9月28日
  • 鷲津鈆平 中将(陸士18期):1940年(昭和15年)9月28日 - 1941年(昭和16年)10月15日
  • 横山勇 中将(陸士21期):1941年(昭和16年)10月15日 - 1942年(昭和17年)12月21日
  • 草場辰巳 中将(陸士20期):1942年(昭和18年)12月21日 - 1944年(昭和19年)2月7日
  • 西原貫治 中将(陸士23期):1944年(昭和19年)2月7日 - 1945年(昭和20年)3月23日
  • 上村幹男 中将(陸士24期):1945年(昭和20年)3月23日 - 終戦

歴代参謀長編集

  • 牟田口廉也 少将(陸士22期):1938年(昭和13年)7月15日 - 1939年(昭和14年)12月1日
  • 吉積正雄 大佐(陸士26期):1939年(昭和14年)12月1日 - 1940年(昭和15年)9月9日
  • 渡辺洋 大佐(陸士27期):1940年(昭和15年)9月9日 - 1941年(昭和16年)7月7日
  • 小林浅三郎 少将(陸士24期):1941年(昭和16年)7月7日 - 1941年(昭和16年)12月1日
  • 渡辺洋 少将(陸士27期):1941年(昭和16年)12月1日 - 1942年(昭和17年)8月1日(再)
  • 公平匡武 大佐(陸士31期):1942年(昭和17年)8月1日 - 1943年(昭和18年)9月11日
  • 萩三郎 少将(陸士29期):1943年(昭和18年)9月11日 - 1944年(昭和19年)12月26日
  • 大野武城 少将(陸士31期):1944年(昭和19年)12月26日 - 終戦

参謀副長編集

  • 渡辺洋 少将(陸士27期):1941年(昭和16年)7月7日 - 12月1日

歴代高級参謀編集

  • 吉積正雄 大佐(陸士26期):1938年(昭和13年)7月15日 -
  • 藤村益蔵 大佐(陸士30期):1939年(昭和14年)12月1日 -
  • 坂井芳雄 中佐(陸士33期):1940年(昭和15年)3月9日 -
  • 公平匡武 大佐(陸士31期):1941年(昭和16年)9月26日 -
  • 牧達夫 大佐(陸士36期):1944年(昭和19年)3月31日 -

終戦時編集

  • 司令官 上村幹男 中将
  • 参謀長 大野武城 少将
  • 高級参謀 牧達夫 大佐
  • 兵器部長 青木謙 少将
  • 経理部長 石井増太郎 主計大佐
  • 軍医部長 西雅憲 軍医大佐
  • 獣医部長 花房憲輔 獣医中佐
  • 法務部長 今成一郎 法務少佐

終戦時の隷下部隊編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。