メインメニューを開く

畝 美与吉(うね みよきち、1900年11月15日 - 1971年9月7日)は、将棋棋士。七段。神田辰之助門下。広島県呉市出身。

目次

人物編集

1931年、神田辰之助門下に入門。翌1932年に四段昇段。

戦後は戦災のために第1期順位戦は不参加。1947年の第2期順位戦からC級に参加。1954年11月2日、第9期順位戦(C級2組)で当時14歳の加藤一二三と対戦したが、敗れている[1]1956年の第11期順位戦でC級2組から降格し、翌年は56歳にして予備リーグ(現在の三段リーグに相当)で対局する。1957年前期予備リーグでも1勝11敗と大きく負け越し、引退。

昇段履歴編集

  • 1931年 入門
  • 1932年 四段
  • 1936年 五段
  • 1948年 六段(順位戦C級上位)
  • 1968年 七段(表彰感謝の日表彰)

脚注編集

  1. ^ 『将棋世界』第19巻第1号、日本将棋連盟、1955年1月、1, 66ページ。

関連項目編集