加藤一二三

日本の将棋棋士

加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。 実力制6人目の名人剱持松二九段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。2017年6月20日に現役を引退した。福岡県嘉麻市出身、同市の名誉市民。仙台白百合女子大学客員教授(2017年6月23日 - )。勲等旭日小綬章

 加藤一二三 九段
Hifumi Kato cropped 3 Hifumi Kato 20180511.jpg
平成30年春の叙勲で旭日小綬章の伝達式に臨む加藤(2018年5月11日)
名前 加藤一二三
生年月日 (1940-01-01) 1940年1月1日(80歳)
プロ入り年月日 1954年8月1日(14歳)
引退年月日 2017年6月20日(77歳)
棋士番号 64
出身地 福岡県嘉麻市[1]
師匠 剱持松二九段
段位 九段
戦績
タイトル獲得合計 8期
一般棋戦優勝回数 23回
通算成績 1,324勝1,180敗(0.529)
タイトル戦の持将棋1
順位戦クラス 名人・A級通算36期
2018年3月3日現在
テンプレートを表示

戦前生まれの名人経験者としては最後の存命者である。神武以来じんむこのかたの天才」[2][3][4][5][注釈 1]「1分将棋の神様」[9]の異名を持つ。

来歴編集

 
2018年12月27日大井競馬場での『ひふみんと高見叡王の東京大賞典大予想』[10]の収録にて

最高齢現役(2017年6月20日引退)、最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位であり、1950年代1960年代1970年代1980年代1990年代2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である[注釈 2]。14歳7か月で当時の史上最年少棋士(62年後の2016年に藤井聡太が更新)・史上初の中学生棋士となった。

順位戦デビュー(C級2組)からA級まで4年連続でのストレート昇級を果たし[注釈 3]、最年少A級昇級記録(18歳3か月)を保持している[12][13]藤井聡太が更新した記録の多くは[注釈 4]、加藤がかつて有していた記録である[14]。しかし藤井も、加藤の「18歳3か月でA級昇級」の最年少記録については、プロデビューの時点で更新不可能であった[15][注釈 5]。加藤は2016年10月にプロデビュー直後の藤井と対談したが[17][注釈 6]、加藤がそのことを話すと[2]、藤井はその場で指を折って年数を数えてから頷いたとのこと[2]

19世紀20世紀21世紀の3つの世紀に生まれた棋士と公式戦で対局した、史上唯一の棋士でもある[注釈 7]

また、加藤の引退時点において、加藤自らを除く、全ての実力制名人と対局経験がある[注釈 8][注釈 9]

大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖を相手に、それぞれ100回以上対局している(百番指し)。

人物編集

1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)で生まれた。カトリック信者であり、1986年にローマ教皇庁から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章している[22]紫綬褒章(2000年春[22][23]。嘉麻市名誉市民(2016年)[24][25]旭日小綬章(2018年春[26][27]

京都府立木津高等学校卒業[19][28][29]早稲田大学第二文学部中退[24][30]。「一二三」という名前の由来は「日(紀元千六百年)に生まれた男」[31]。青年棋士時代、他の棋士からの愛称は「一二三」の「一」にちなむ「ピンさん」であり、加藤はこの愛称を気に入っていた[32]。中年時代のあだなは「ベア(熊)」[33]。2017年現在、幅広い層から「ひふみん」の愛称で親しまれている[34][注釈 10]。また自身の洗礼名にちなんだ「パウロ先生」という愛称もある[36]

私生活編集

中学3年生で棋士になり、学校を頻繁に休まざるを得なかった加藤に、授業のノートを届けてくれた中学校の同級生の女子を妻に迎えた[37][注釈 11]。結婚したのは、1960年1月15日、同い年である二人の成人式の当日のことであった[39]。仲人は、加藤と厚い信頼関係にあった升田幸三が務めた[40]

加藤は最後の対局では、最初に妻に礼を言いたく感想戦もなく場を後にして帰宅した。引退に際しての記者会見(2017年6月30日)では「長年にわたって私とともに魂を燃やし、ともに歩んでくれた妻に深い感謝の気持ちを表したい」と語り、妻への謝意を表した[37]

将棋界でも有数のクラシック通として知られる[41]

健啖家編集

加藤は将棋界においてかなりの健啖家として知られており、また、対局時の食事やおやつのエピソードが多い。現役最晩年の70代になっても変わらず大食漢であった。

  • 対局中に食事で迷うことを避けるため、昼食と夕食は同じメニューとしていた[42]
  • 東京・将棋会館での対局では、必ず鰻重を頼むことで知られていた[42]
    • 天ぷら定食や鍋焼きうどんも好物だが、天ぷら定食は注文しても届かないことが重なり、鍋焼きうどんは冷めるまで待たないと食べられないので、「確実に届き、すぐに食べられる」鰻重に落ち着いたと述べている[42]
    • 鰻重が定番になる前は、昼食・夕食もラーメンが定番の時代があった。ラーメン一杯だけで他に何も追加せず、それで夜戦に突入して腹が減ることもなく、快調に指して良く勝っていたため、「ラーメン時代」は20代後半からかなり長く続いたという[43]
    • 2013年頃、一時鰻重を注文しなくなった時期がある。医者から脂っこいものを控えるように言われたと言い、当時は「ざるそばと冷やしトマト」がお気に入りだった[44][45] [46]。また勝又清和によれば「昼はコンビニかスーパーでサンドイッチや果物を買う」ことが多かった[47] 。2014年の秋頃から、再び鰻重を注文するようになった。
    • 2016年のコメントで、関西将棋会館での対局については鰻のメニューがないため、鍋焼きうどんとおにぎりを6つを頼むのをずっと続けていると述べている[18]
  • 1981年の米長との十段戦において、互いに張り合って山盛りのミカンを注文し、2時間以上に渡って互いに食べ続けた。
  • 2015年2月12日の対局(順位戦C級2組)では夕食にカキフライ定食とグリルチキン定食の2つを注文し、対局相手の三枚堂達也を驚かせた[18][48]。この件について加藤はカキフライ定食は軽いのでグリルチキン定食を埋め合わせに頼んだ、ライスを少し残した他は完食した、と述べている[18]
  • 対局中のおやつとしてチョコレートやカマンベールチーズを好み、対局時に持参してよく食べていた[43]

このような食生活のため肥満体型であり、2016年現在でも体重が100kgを超えているという[49]。そのため、ダイエットの必要性を意識しているが「エアロバイクに耐荷重オーバーで乗れない」といった問題があり、なかなか実行に移せないと語っている[50]

キリスト教徒として編集

加藤は1970年12月25日に下井草カトリック教会で洗礼を受けた[51]。洗礼名はパウロ。

翌1971年10月にバチカンでおこなわれたマキシミリアノ・コルベ列福式に参列しており[52]、さらに1982年10月10日にはコルベの列聖式にも参列し、彼の出身地・ポーランドも訪れた[52]。1986年にはローマ教皇ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を授与される。後に湾岸戦争が起こると「(自分は騎士なので)有事の際には馬に乗って駆けつけなければならない」と将棋観戦記者である東公平に冗談を述べており[53]、騎士と棋士に引っ掛ける冗談も多い。

麹町の聖イグナチオ教会では、同教会で挙式するカップルを対象とした「結婚講座」の講師を夫人と共に務めている[54][55]。2018年に35年目を迎えた[55]

また、自身の異名の1つである「1分将棋の神様」について、キリスト教徒として「神様」という言葉は重要なものだとし、この呼ばれ方を嫌っている。代わりに「達人」もしくは「名手」と呼んでほしいと語っている[56]

棋歴編集

肩書、タイトルはいずれも当時。

プロ入り前編集

1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)で生まれた。

加藤と将棋の出会いは、幼稚園の頃に近所の子どもが指しているのを見て覚えたことだという。しかし、この時はすぐに周りの子どもたちに常勝するようになり、飽きて将棋から離れてしまった。その後、小学4年生の時に、新聞に載っていた将棋の観戦記と詰将棋に感銘を受け、再び将棋を指し始めた。加藤は特別な将棋の勉強や修行をしたことはなかったと述べ、それでもこの頃の棋力はアマ初段くらいだったという[57]

1951年9月、南口繁一門下として3級で関西奨励会に入った[58]。この時の入会試験官を務めた奨励会員は有吉道夫であり、加藤は勝利した[59]。この入会の経緯について田丸昇によれば、小学6年生の夏休みに京都の親類を父と共に訪ねた加藤が京都の将棋大会に参加し、審判長を務めていた南口の指導対局を受け、2枚落ちで2連勝し、加藤の棋才に感嘆した南口から棋士を目指すよう勧められたからだという[58]。そして南口の内弟子となり、南口の自宅がある京都府相楽郡木津町(現・木津川市)にて高校を卒業するまで過ごした[19]

奨励会時代の加藤は、当時の棋界のトップ棋士の一人であった升田幸三に誘われ、関西本部にてよく将棋を指した[60][注釈 12]。加藤によれば升田との出会いはまだ奨励会に入る前、連盟の関西本部で板谷四郎に飛香落ちで指導対局を受けていた折に、偶然通りかかった升田に棋才を見いだされてからだという[60]。この時、小一時間ほども加藤と板谷の対局を見つづけた升田は最後に「この子、凡ならず」と漏らしたと加藤は述べている[60]。この升田との対局は平手かつ升田が自分の研究手をぶつけるほどで、トップ棋士が奨励会員を相手にするには異例の態度であったが、加藤の方も簡単には負けなかったという[60]。後年の加藤は「升田九段は私が小学生の時に出会ってから終生、私に目をかけてくれた。有益な助言も数知れない。」と回顧している[61]

加藤が四段に昇段する半年ほど前に関西奨励会に6級で入会した内藤國雄は2018年に当時のことを振り返り、今から思えば、この時にすでに加藤がA級八段に近い棋力があったような気がしたと述べている[62]

神武以来の天才編集

 
四段昇段時の加藤(『近代将棋』通巻55号、近代将棋社、1954年、口絵ページ)

1954年8月1日付で四段に昇段し、当時の史上最年少棋士(14歳7か月)・史上初の中学生棋士となった[63]。加藤の最年少棋士記録は、2016年に14歳2か月で四段に昇段した藤井聡太が更新するまで、62年にわたり維持された[63]。なお、加藤によれば自身がプロ入りした時の反響はさほどではなかったという[64]

8月1日付であったが、順位戦については同年度6月から始まっていた第9期順位戦に途中よりC級2組で参加した(同期四段の佐藤庄平市川伸も同様)。この年のC級2組はかなり変則的であり、途中より東組(東京)と西組(大阪)で組分けされ、加藤は7名の西組に属して12回戦を戦った(よってリーグ内の同一人物と2回ずつ戦った)。11勝1敗の好成績でC級1組昇級を決め、1955年4月1日付で15歳3か月による最年少五段昇段を果たした[65]。続けてC級1組を10勝3敗、B級2組を9勝2敗、B級1組を10勝2敗でいずれも1期抜けし、1958年4月1日付で18歳3か月でのA級八段となる偉業を成し遂げた[11][22][12][注釈 13]。「神武以来(じんむこのかた)の天才」と呼ばれ[2][注釈 1]朝日新聞の「天声人語」でも取り上げられるなど[66]、大きな反響があった[64]。当時の昇段規定は順位戦のみだったこともあり、これは順位戦の各昇級と各昇段のいずれも当時の最年少記録を次々と塗り替えていく結果も意味していた[67][12][13]

順位戦以外のタイトル棋戦や、一般棋戦での活躍も顕著であり、1955年11月22日には当時始まった新人棋戦である第1回六、五、四段戦で優勝し、15歳10か月で最年少棋戦優勝記録を樹立した[68]。また、1956年度には16歳で王将戦リーグ入りし[69][70]、1957年1月24日には高松宮賞争奪選手権戦で優勝して、新人棋戦を除く公式棋戦の最年少記録17歳0か月を樹立した[71]

こうした最年少記録は、先述した62年後の2016年に四段となった藤井が登場するまで脅かされることすらなく、四段昇段(14歳2か月)、初勝利(14歳5か月)、一般棋戦優勝(15歳6か月)[68][72]、全棋士参加棋戦優勝(15歳6か月)と藤井に更新されてしまったものもあるが、王将戦リーグ入りや[69][70]、参加時期のズレ[注釈 14]による順位戦の各記録は破られていない[65](ただし、当時とは昇段規定が異なるため六段、七段昇段は藤井に更新されている)。

A級初年度となった第13期順位戦は4勝5敗の負け越しで8位という成績であったが、2年目の第14期(1960年度)は6勝2敗で名人挑戦権を得た。20歳3か月の挑戦は、他棋戦のタイトル初挑戦も含め、当時の最年少記録であり、2020年現在においても名人挑戦は最年少記録を維持している[73]。名人挑戦権を獲得する少し前の1960年2月1日には、朝日新聞朝刊の新聞漫画「サザエさん」で、活躍する若者の代表として、力士の大鵬幸喜(加藤より1学年下)と共に「しょうぎの加藤八段」として言及された[66]。しかし、第19期名人戦七番勝負は1勝4敗で大山康晴名人に敗れた。

タイトル戦での大山・中原との対決編集

新進気鋭の天才として若くしてトップ棋士となったものの、タイトル獲得には時間がかかった。

1960年代は、上記の名人戦を皮切りにタイトル戦に7回登場したが、相手はいずれも大山であった。当時は大山の全盛期であり、毎年全部ないしはほとんどのタイトルを大山が占めていた。しかし、6度目のタイトル挑戦となった1968年度の第7期十段戦において、大山十段(名人を含む四冠)をフルセットの接戦の末に破り、プロ15年目、29歳で、ついに初のタイトル獲得を果たした。7回目はその防衛戦(第8期十段戦)であり、大山の挑戦を受ける形となったが2回の千日手を含む2勝4敗で失冠した。

1970年代から1982年にかけては、一転して中原誠との対決の時代となる(将棋界が「大山時代」から「中原時代」に移行したことも意味する)。 この期間、タイトル戦に14回登場したがそのうち中原との対決は9回にも上った。最初の対決は1973年度の名人戦であり、前年に13年に渡って君臨していた大山から名人位を獲得した中原に挑む形であった(よって中原の初名人防衛戦でもあった)。しかしストレート負けを喫し、以降、中原には十段戦において第15期(1976年度)、第16期(1977年)と連続で挑んだが、いずれも退けられた。一方、棋王戦においては1976年度に大内延介から2度目のタイトルを獲得し、翌1977年度に中原の挑戦を受けるが今度は逆にストレートで防衛を果たした。これは当時五冠で、棋王を獲得すれば全6冠達成が掛かっていた中原を阻む快挙でもあった(結果、これが中原の複冠の最高記録となる)。続く1978年度では王将戦でも中原からタイトルを獲得し、2冠を達成した。しかし、防衛は両方果たせず、棋王は米長に、王将は大山に奪取され(これは大山の最年長タイトル奪取記録でもある)、2冠は僅かな期間であった。その後は、1980年度に中原より十段を奪還し、翌年度は米長の挑戦を受けたが防衛を果たす。

この期間(1960年度-1981年度)はタイトル戦は防衛を含んで19期に及んだが、もっぱら上記の通り大山と中原に阻まれる形で獲得タイトルは6期に留まった。一方で一般棋戦での活躍はめざましく、特にNHK杯将棋トーナメントでは6度の優勝を果たした(1960年・1966年・1971年・1973年・1976年・1981年)。また、1973年には当時の連盟会長であった加藤治郎の提案により、九段昇格規定が見直され、新制度(点数制)の規定に基づき、運用が開始された11月3日付で中原誠・二上達也丸田祐三と共に九段に昇格した(これ以前で九段であったのは名人3期以上の経験者である塚田正夫大山康晴升田幸三の3名のみ)。

名人獲得とその後のタイトル戦編集

1982年度順位戦A級において8勝1敗の成績で3度目の名人挑戦権を得た。相手は第27期(1973年度)での初対決以来、一度も名人位を失冠することがなかった9連覇中の中原であった。この勝負は、4勝3敗・1持将棋・2千日手という実質十番勝負の熱戦となり、初挑戦から22年、42歳で念願の名人位を獲得した。また、十段と合わせ2度目の2冠制覇でもあった。

同年度の十段戦は挑戦者となった中原に敗れ、これが中原との最後のタイトル戦となった。トータルでは中原とは9回のタイトル戦の中で4回獲得(防衛含む)しており、結果としては全盛期の中原に対して大善戦した形となった。

翌年度の名人戦(第41期)の相手は、かつての加藤と同じく20歳で名人挑戦者となった谷川浩司であった(挑戦の最年少記録としては加藤の方が数ヶ月早く、番勝負開始の数日前に谷川は21歳になった)。立場を変えて、かつての大山のように挑戦者の最年少記録を阻もうとする形となったが、勝負は2勝4敗で敗れ、谷川は最年少名人記録(21歳)を達成した。

その後は、1984年度の第25期王位戦で当時の若手実力者であった高橋道雄から生涯8つ目となるタイトルを奪取するが、翌年に高橋に奪還された。以降はタイトル戦に登場することはなく、通算24期登場、うち獲得合計8期となった。

一般棋戦においては全盛期ほどではなかったものの、1990年の早指し将棋選手権においては50歳にして3度目の優勝を、1993年度のNHK杯では54歳で7度目の優勝を果たした(これは当時、大山の優勝8回に次ぐ記録)。なお、この優勝により、10歳代から50歳代まで各10年ごと、また同時に1950年代から1990年代の各年代で一般棋戦優勝を達成したことになった。

また、1989年8月21日には大山に次いで史上2人目の通算1,000勝(特別将棋栄誉賞)を達成した。

順位戦での活躍編集

上記の経歴の通り、加藤は順位戦に第9期(1955年度)から参加し、4年連続でストレート昇級して第13期(1959年度)から18歳という史上最年少でA級に在籍した。これ以来、途中何度かB1に落ちながらも第60期(2002年度)に62歳2ヶ月で陥落するまでA級通算36期(名人在位を含む)の記録を達成した。これは通算数、最年長記録共に、現役A級のまま死去した大山の通算44期、69歳4ヶ月に次ぐ記録である。途中陥落があったために、連続としての最高は19期であり、これは一度も陥落することが無かった中原(29期)や米長(26期)、また谷川(32期)には及ばなかったが、生涯4回のA級復帰の内、第16期(1961年度)、第21期(1966年度)、第23期(1968年度)はB1から1期での返り咲きであり、第51期(1992年度)の復帰は一般に棋士のピークが過ぎたと言われる53歳での達成であった。

一方で、名人挑戦は生涯に3度だけであり、最初はA級在籍2年目の第14期(1960年度)にして果たす(対大山名人)が獲得に至らず、その後は13年ぶりの第27期(1973年度)にて挑戦するが中原名人に阻まれた。そして第40期(1982年度)、42歳で3度目の挑戦権を得て、再び中原名人に挑み、獲得した。

後述のように62歳でのA級陥落以降は第63期(2005年度)B級2組、第68期(2010年度)C級1組、第73期(2015年度)C級2組と段々と降級し続けていったが、フリークラス宣言や引退はしなかった。途中では全敗する期もあったが(第71期第74期)、最終期となった第75期は1勝9敗であり、順位戦での最後の対局(敗局)は上村亘、最後の勝利局は同期第3局の八代弥であった。

60歳A級とキャリア終盤の戦い編集

順位戦においては上記の通り、第51期(1992年度)に53歳でA級に復帰した後も、これを維持し、2000年にはA級在籍のまま還暦(60歳)を迎えた。間もなく花村元司の記録を抑えて、大山の記録に次ぐ、A級年長記録を達成した。翌2001年には史上3人目の通算1,200勝を達成した(1,000勝が2人目で、今回が3人目なのは途中で中原に抜かれたためである)。棋士会においては、自身が九段昇段後の1,000勝を達成したことを示し、(タイトル称号の「十段」ではなく)段位としての「十段」の新設を提案した。

また、1988年度に十段戦を発展解消する形で始まった竜王戦においては第1期から第4期(1992年度)まで1組に在籍した。その後、1組に復帰することはなかったが、第10期(1997年度)では昇級者決定戦で3組から2組への昇級を決め、その後、2期維持した。しかし、決勝トーナメントへの出場は1度も果たせなかった。

第60期順位戦(2002年度)にて62歳2ヶ月でB級1組への降級が決まる。B級1組は2期在籍したが第62期(2004年度)にさらにB級2組へ降級する。これまで名人経験者は少なくともB級2組以下に落ちればフリークラス宣言か現役引退してしまうのがそれまでの慣例の中で、加藤はこのまま順位戦に留まり、規定により引退するまで指し続けることを宣言した。実際、加藤は後述のようにC級2組で降級点3つを取り、第75期(2017年度)にて規定により引退するまで順位戦を指し続けた。このため、名人経験者によるB級2組、C級1組、C級2組参加及び、C2陥落に伴う規定による引退は加藤が史上初であった。

2007年8月22日、朝日杯将棋オープン戦予選で、戸辺誠四段との対局において、史上初の通算1,000敗を記録する(1,261勝1,000敗)[74]。一見、不名誉な記録にも見えるが、1敗すればそこで終わってしまうトーナメント戦が多い将棋の公式戦において、敗数が多いということは、加藤のキャリアの長さもさることながら、タイトル戦の番勝負や挑戦者決定リーグ戦に数多く登場したことを意味する(例えばプロ棋士として制度上のキャリア最短の記録を持つ熊坂学の通算敗数は156敗であり、ただ負けが多いだけでは1000敗は達成できない)。なお、本人はテレビでこの話題に触れられた際、「150局くらいは逆転負けでした」と述べている。また、同日時点での通算敗数の史上2位は有吉道夫九段の955敗(1,061勝)であり、その後、有吉も通算1,000敗を記録した。

一方では勝ち星も着実に集め、2011年11月1日、史上3人目の1,300勝を達成した[75]。2012年7月26日には通算勝数歴代2位の中原誠に並ぶ1,308勝を達成し[76]、翌年2月15日での王将戦1次予選・対藤森哲也四段戦での勝利によって公式戦通算成績が1,309勝となり、歴代単独2位となった[77]。一方、3月12日の順位戦C級1組10回戦において阿部健治郎に敗北し、通算1,100敗を記録した(1,309勝1,100敗)[78]

順位戦においてはC級1組に在籍した第69期(2011年度)、第70期(2012年度)では降級点回避のみならず、70歳を過ぎて5勝5敗で指し分けるといった活躍を見せたが、翌71期(2013年度)は順位戦で初めて全敗した。翌72期(2014年度)も全敗は免れたものの、1勝9敗という成績でC級2組への降級が決まった。

現役最晩年編集

2014年4月、74歳3ヶ月の加藤は1954年の順位戦登場以来、59期・60年ぶりにC級2組を迎えた。同組では規定によって降級点が3つになると引退が決定となるが、言い換えればこのまま現役を続ける限り、3期連続で降級点をとっても最低でも77歳3ヶ月で引退することになり、丸田祐三が持つ現役最年長記録77歳0か月を更新する可能性が出てきた(なお、同時期、同じ条件には加藤より1ヶ月ほど生まれが早い内藤國雄もいたが2015年度に自ら引退した)。ここからは各種の最年長記録や年齢差対決、また、その長いキャリアによって生じた珍記録がメディアに注目されるようになっていく。

2015年3月11日の棋王戦予選3回戦で増田康宏(当時17歳4か月)と対局し勝利する。75歳の加藤との年齢差58歳は、年長棋士側から見た史上最多年齢差勝利となった。しかし、この後の岡崎洋六段戦から連敗を喫し、第74期順位戦全敗や2016年度全敗(0勝20敗)を含む公式戦23連敗となった。A級経験者の年度全敗は、2013年の田丸昇九段(当時はフリークラス在籍で0勝10敗)以来であった。

2016年12月24日の竜王戦6組の初戦では加藤が持っていた史上最年少棋士記録(14歳7か月)を62年ぶりに更新し、14歳2か月でプロ棋士(四段)となった藤井聡太のデビュー戦の相手となった(結果は110手で藤井の勝ち)[79]。これは公式戦で最も離れた年齢差(62歳6か月)の対局となった[79][80]また、藤井は初の21世紀生まれプロ棋士(2002年生まれ)であったため、19世紀(村上真一野村慶虎の2名[81])、20世紀、21世紀の3つの世紀に生まれた棋士と公式戦で対局した記録を達成した[79][82][83]。2014年の時点で19世紀生まれの棋士との対局経験がある現役棋士は加藤のみであったため[84]、この記録は今後も加藤が唯一のものとなる。

2017年1月3日に丸田祐三が持っていた最年長現役棋士記録(77歳+1日)を[85]、1月12日に同じく丸田が持っていた最年長対局記録(76歳11か月)を[85]、さらに1月20日には最年長勝利記録(同)を[86][87]、それぞれ77歳0か月で更新した。一方で順位戦(第75期)はすでに降級点が2つ付いており、今期に降級点が付けば引退が決まっていた。3回戦で八代弥に勝利したものの、他の対局で敗戦が続き、8回戦終了時点で1勝7敗の成績(1回戦は抜け番)であった。この時点で、加藤が降級点を回避できる条件は、残りの2局を加藤が連勝し、同時点で2勝しかしていない棋士のうち7人が全敗をすることだった。1月19日、当該7人の1人である竹内雄悟が佐藤慎一に勝利したことで、降級点回避条件を満たせなくなり、フリークラス規定による加藤の引退が確定した(残り棋戦の全対局を完了した時点で引退となる)[88]

引退が決定した翌日の1月20日の第88期棋聖戦二次予選・対飯島栄治戦(この時点の飯島は、順位戦B級1組・竜王戦2組の強豪棋士)では、結果としては現役最後となる勝ち星を挙げ、大きな注目を集めた[89][86]。これによって先述の通り丸田が持っていた最年長勝利記録を更新した[87]。この対局について飯島はTwitterで「今日の加藤一二三九段戦は完敗でした。」と述べ、形勢不明の場面で出た加藤の妙手について記した[90]。また、この勝利によって棋聖戦次戦は佐藤天彦名人と当たることになり(2月8日)、現役の名人と引退直前の棋士が対局する極めて稀な事態が起こった[91]。この対局は自分自身を除く、木村義雄以来の実力制全名人経験者との対戦ともなった(なお、名人就位前の佐藤とは既に対局経験があり初対局だったわけではない[91]。一方で加藤引退後に名人となった豊島将之との対局経験はない)。

現役最後の対局は2017年6月20日の第30期竜王戦6組昇級者決定戦での対高野智史戦となり、これに敗れ、加藤はこの日をもって現役引退となった[92]。通算成績は1,324勝1,180敗(対局数2,505)。現役最年長記録77歳5か月を樹立。加藤は、事前に連盟を通じて各報道機関に「この日は記者会見はしない。後日に行う」と通知していた[93]。実際の対局では投了する少し前にタクシーを呼んでおき、また観戦記者に感想戦はしない旨を伝え、投了すると集まっていた報道陣には無言のまま直ちに帰宅した。後に自著において加藤は長年にわたり苦楽を共にした妻に直接、引退のことを告げるのを最優先したかったと述べている[93]。報道陣が集まっていたが、加藤は無言であった[94]

その後、加藤は自身のTwitterで将棋界を支えるスポンサー、将棋ファンに直接に語りかけた。

10歳のとき新聞の観戦記に触れ将棋の本質を悟ったわたくしが、天職である将棋に、最善の環境の中、生涯を懸け全身全霊を傾け打ち込むことができましたのは、御支援賜りましたスポンサー、将棋ファンすべての皆様おひとりおひとりのおかげに他なりません。幸せな棋士人生をありがとうございました。

— 加藤一二三、[93][95]

なお、加藤はまだ気力・体力ともに衰えておらず、公式戦対局への情熱も失っていなかったと言い、将棋界の制度による引退は仕方がなかった、もしそうした制度がなければずっと戦い続けていただろう、と述べている[96]。また、名人位に就いたこともある自分が、その35年後にC級2組にまで下がり、規定で引退することになるまで現役を続けたのは、「77歳でC級2組に在籍していても、名人以外のタイトルは獲得できる」ことに大きな可能性を感じていた、棋士の世界では最後までチャンスがあるのだ、と述べている[97]

6月30日に、東京・将棋会館で引退に際しての記者会見を行った[98]。記者会見に参加した報道機関は、40社・100名に及んだ[34]

62年10か月の間の通算対局数は2,505局に及ぶが[99]、休場、不戦敗は一度もなかった[100][99][100]。また、1954年8月1日に四段となってから、2017年6月20日に引退するまでの現役勤続年数(62年10か月)は歴代1位である[101]。これは最年少プロ入りかつ最年長引退によって生じたために圧倒的な記録であり、例えば他に70歳を超えて現役であった棋士に内藤國雄(1958年四段 - 2015年引退)や有吉道夫(1955年四段 - 2010年引退)がいるが、60年にも届かない。また、加藤以前の最年長記録者であった丸田は兵役によるブランクで1946年に27歳で四段入りした経歴のため、ちょうど50年(1946年4月1日-1996年3月31日)だった。

現役引退後編集

 
小学生と対局する加藤一二三 九段(2018年10月)

2017年6月23日に仙台白百合女子大学客員教授に就任[102][103][104]。加藤の次女が同大学の教員という縁があった[104]。客員教授としての初仕事は、同年10月29日、同大学の学園祭での「私の学生時代」をテーマとするトークショーであった[105]

2017年7月1日にワタナベエンターテインメントとマネジメント契約を結んだ[106]。引退する5年ほど前からバラエティ番組に出演していたが[107]、引退後はメディア出演が増えている[23][107][108]地上波テレビへの出演に加え、インターネットの配信やイベントへの出演も多い[109]Twitterで頻繁に情報を発信している[109]

2017年11月2日に胆石性急性胆嚢炎と診断され、同日に手術を受けた[110]

棋風編集

半世紀にわたる棋士人生を通して居飛車党を貫き、数々の定跡の発展に貢献してきた。また、棒銀を代表として良いと思った戦型はひたすら採用し続ける傾向にあり、勝率が高い流行りの戦法があっても自身の棋理を重視し、採用しないことが多かった。

戦法編集

特に棒銀を好み、加藤棒銀と呼ばれるほどその採用率は高かった。相手の四間飛車への対抗策として穴熊居飛車穴熊)が一般的に採用されていた時期でも、変わらず棒銀で挑み続けていた。また、角換わりの将棋においても、棒銀を採用する傾向にあった(一般的には腰掛け銀を採用する棋士が多い)。また、棒銀以外には矢倉▲3七銀戦法や、中飛車に対する袖飛車からの急戦は「加藤流」と呼ばれ、多くの棋士が採用している。

振り飛車戦においては特に大山康晴との戦いの経験を生かして作り上げた居飛車舟囲い急戦の各種の定跡において、加藤の創案が多い。対三間飛車破りの急戦も、加藤の創案した仕掛けが多い。基本的に振り飛車には急戦で立ち向かうが、1980年に居飛車穴熊を主に対大山戦で数局ほど採用したことがある。

ひねり飛車横歩取り3三桂のような空中戦も得意としており、後者は一時期後手番でも採用したことがある。さらにその後は、後手番では矢倉中飛車を多用した。

棒銀に見られるように駒の中では「銀将」が好きだと述べ、理由として鋭角的でどんどん前に出るから、うまくいけば良くなるからだという。また、その様を会社で例えれば改革で業績を拡大するイメージがあるとして「銀は営業部長」と評している[111]

長考派・1分将棋の神様編集

常に最善手を探すタイプのため、長考を厭わなかった。この長考のために終盤は持ち時間が無くなり、秒読みに追い込まれることが多かったが、そこからがまた強く「1分将棋の神様」と呼ばれ、早指し棋戦の名手でもあった[9]

長考の有名なエピソードの1つが1968年の第7期十段戦第4局(大山康晴に挑戦)におけるもので、二日目の初手において、前日の大山の封じ手に対して、1時間55分の長考をした。大山の封じ手は自明であり、実際に加藤の予想通りのものであったが、1日目夜の中断時間中に5時間検討し、その上でさらに2時間近くの大長考をしたものであった。この手は最善手であり、最終的に加藤が勝利した(また、この番勝負で初タイトルを獲得した)[112]

早指し棋戦においては、NHK杯戦羽生善治大山康晴に次いで歴代3位の優勝7回を誇る。他の早指し棋戦(早指し選手権戦日本シリーズ早指し王位決定戦)でも多くの優勝を重ねた。

長考やそれに伴う秒読みを恐れない姿勢は60を超えても変わらず、河口俊彦は下記のように評した。

何事にも例外はあるもので、年老いても秒読みになるのを恐れず、秒を読まれて誤ることの少ない人がいる。 / 加藤一二三で、この人こそ、天才の中の天才である。パッと浮んだ手が常に最善手で、だから三十秒、四十秒、五十秒……とせき立てられても慌てない。すでに指す手を決めてあるから。

— 河口俊彦、[113]

一方で中原誠は「加藤さんが『1分将棋の神様』『秒読みに強い』とは言っても、随分、手を間違えている。むしろ、1分将棋・秒読みに強いと感じさせるのは羽生世代だ。」と述べており[114]、加藤自身も時間配分の失敗により敗局したものは100局を下らないと述べている。

評価編集

大山全盛期時代の棋界の第一人者の1人で、100局近く加藤と公式戦を指し、棋聖戦五番勝負での対局もある二上達也は下記のように加藤を評した。

百人を超す棋士と対局したが、天才と言い切れる棋士は加藤一二三九段ただひとりである。読みが広く深く、かつ正確であった。/対局後の感想戦では、こちらの手順まで、あらゆる変化をしっかり読み切っている。加藤さんの読み筋から抜け出せないものがあった。私は後年、十八歳の羽生善治五段と対局したが、十八歳の加藤さんは羽生に勝りこそすれ、けっして劣りはしない。 — 二上達也『棋士』(2004年)、[115]

一般に不利になりかねない特定の戦法に固執したことについて羽生善治は下記のように加藤を評した。

(対戦相手の視点からは)作戦が立てやすいことは立てやすいが、100%同じ戦法で来るとなると不気味でもある。一つの戦法を突き詰めていくのも一つの生き方だし、一局一局が確実に次への知識になる。悪いことばかりでもないようだが、作戦が読まれて相手の研究にはまる危険性を考えると現実にそういう人はほとんどいない。だが加藤先生は全然恐れておられないようだ。 — 羽生善治『羽生善治 好機の視点』小学館文庫

師弟関係・逆破門編集

加藤は奨励会入り以降、南口繁一九段門下であったが、南口が1995年に死去した後の1998年に将棋連盟に申し出て剱持松二八段門下となった[116]。現在では公式に加藤の師匠は剱持となっている。

加藤はこの理由について「私が奨励会に入る時の師弟関係は親が勝手に決めた名目上のことで、私は師匠から一切世話にならなかった。私の師弟関係は無効であるにも関わらず、あたかも関係があったかのように扱われて、不名誉な思いをしてきた。また妻や妻の親戚の人達に長年にわたり不名誉で不快な思いをさせてきた。」と述べている[117]。一方の剱持は、加藤と以前から懇意にしており、また剱持の師匠である荒巻三之九段(1993年に死去)と家族ぐるみの付き合いであった。なお、剱持の方が加藤より6歳年上ではあるが、四段昇段(プロ入り)は加藤の方が2年早く、棋士としては、弟子(加藤)が師匠(剱持)より先輩となっている[116]

この一件に関して河口俊彦は、(かつての将棋界の師弟関係は内弟子が一般的であったことを踏まえて)、日本がまだ貧しかった昭和20、30年代の将棋界では、師匠が内弟子の衣食住の面倒を見るのは大変なことであり、内弟子が稼いだ稽古料を師匠が召し上げるのが当たり前であったが、このことに不満をもった棋士も多かったのは事実と述べている[116]。しかし、同時に河口は南口が内弟子の加藤をあまりにも大事にするので、逆に南口の家族が不平を言っていたという挿話を伝え、加藤が南口に恨みを持つような経緯があったとは考えにくい、と評する[116]。実際、南口の人柄に関しては特にネガティブな逸話はなく、むしろ逆に弟子の森信雄村山聖を弟子にしようとして当時の関西棋界の実力者であった灘蓮照九段と対立した時に病身を押して仲裁したという彼の人柄を示すエピソードがある。

エピソード編集

対局での流儀編集

  • 対局中、勝負所で駒を持つ手に力が入り、駒音がひときわ高くなることで知られる[118][119]。しかし、駒を割ったことは一度もない[120]
    • ただし、対局中に盤が自然に割れたことがあった[119][120]愛知県蒲郡市の「銀波荘」で行われた1967年の第16期王将戦第3局(大山康晴王将に加藤が挑戦。加藤はそれまで王将戦で大山に6連敗していた)での出来事[119][120]。対局が2日目に入り、加藤が考慮していると、突如として加藤の右側の香車が跳ね上がった[119][120]。驚いた加藤が盤面に目をやると、将棋盤の乾燥が不十分であったのか、盤に亀裂が入っていた[119][120]。直ちに将棋盤を交換して対局が続行され、加藤は快勝した[119][120]中原誠も同様に対局中に盤が割れる経験をしており(挑戦者に米長邦雄を迎えた第35期名人戦の第4局(1976年5月13・14日)、中原の棋士人生で唯一のできごとであった[121]
  • 加藤にはアレルギーがある[122]。そのため、加藤が大棋士となってからは、連盟東京本部[123]では「加藤専用の駒」を用意し、加藤が2017年に引退するまで、少なくとも35年以上にわたって使われていた[122]。逆算すると、1980年ごろには既に用意されていたことになる。
  • 対局に臨む際は、ネクタイを長く結ぶ(立ち上がると、ネクタイの先端がベルトより20㎝ほど下になる程度[42][124]。 偶然ネクタイを長く結んで対局に向かった際、普段以上に澄んだ心持ちで集中して臨むことができ、快勝したため、以降、ネクタイを長く結ぶのが対局時の流儀になった[124]
  • 1978年度の第28期王将戦で中原誠王将に挑戦した際に、3勝1敗で迎えた第5局で、思わしい指し手が見つからず長考に沈んでいた[125]。その間に中原が席を外した時、ふと思いついた加藤は、中原が座っていた場所から盤面を見て、絶妙手を発見して勝利し、通算成績を4勝1敗として、4度目の挑戦で王将位を初めて奪取した[125]。加藤は、反対側から盤面を見なければ、その手は発見できなかったと述べている[125]。それ以来、時には対局相手の側から盤面を見るようになった[42][注釈 15]ニコニコ生放送ドワンゴ)では、加藤のこの習慣にちなみ、中継中に天井カメラから映す盤面を上下反対に表示することを「ひふみんアイ」と名づけ[注釈 16]、棋戦の生中継で使用している[126]。ドワンゴは、自社が主催する第3期叡王戦・決勝七番勝負の生中継(2018年4月 - 6月)では、スタジオ解説に使う大盤に回転軸を設け、物理的に上下反転できる構造とした[127]
  • タイトル戦の番勝負では、対局を行う旅館やホテルで、前日に両対局者と立会人が「検分」を行う[128]。加藤は、検分の際に対局する部屋のそばに人工の滝があるのに気づき、対局中にその音が精神集中の妨げにならないよう、その場で依頼して滝を止めて貰ったことが数回ある[43]。また、加藤はタイトル戦で宿泊する部屋にも気を配っており、国道沿い、あるいは川沿いの部屋に案内され、より静かな部屋に替えてもらったことが三回あり、三回とも勝利した[43]。真夜中に騒音で目が覚めてしまってからでは、仮に部屋を替えて貰えたとしても既に手遅れであり、寝不足の状態で対局することになる[43]。対局中に人工の滝の音で集中を乱されてしまってからでも同様に既に手遅れである[43]。対局室の環境・宿泊室の環境に気を配り、必要なら事前に手を打って後顧の憂いを絶つべし、というのが加藤の考えであった[43]
  • 1993年度のNHK杯決勝戦で佐藤康光竜王を下して7回目の優勝を飾った際、対局後の打ち上げの席で、日本将棋連盟会長であり、決勝戦の解説者でもあった二上達也が、加藤の対局中の空咳について苦言を呈した[129]。すると、NHKの担当者が即座に「画面の動きが少ない将棋番組において、加藤先生のように様々なパフォーマンスを見せ、視聴者を飽きさせない先生は貴重です」という旨を答えて弁護してくれた[129]。また当時はA級棋士であった加藤は、NHK杯で予選を免除され、毎期出場していた。終局後の感想戦で沈黙を作らないように、加藤は積極的に話すよう心がけていた[129]。NHKに「加藤九段は喋りすぎ。若手棋士が委縮する」という旨の投書があったが、NHKの担当者は意に介さず、加藤を支持してくれた[129]

トラブル編集

  • 第13期銀河戦での阿部隆との対局(2009年5月26日放映)で「待った」の反則をした[130]。なお本局は加藤の勝ちとなっていた[130]。後日、日本将棋連盟は、理事会審議の結果として「(1)当該対局での加藤の勝ちはそのままとし、加藤は第13期銀河戦での次の対局を行う」「(2)加藤には、罰金、および第14期銀河戦出場停止の、2つの処分を科す」ことを発表した[130]
  • 神谷広志には、対局の際に苦言を呈されたことが3回あった[131][132]
    • 将棋会館の暖房は音がして気が散るため、加藤は電気ストーブを好んでいた[131]神谷との対局の際、神谷も寒くないようにとストーブを相手に向けて配置したところ、嫌がらせと誤解されてしまい「顔が熱くなるからやめてください」と言われた[131]
    • 対局の前に、記録係が将棋盤を置くなど対局のしつらえをするが、神谷との対局の際、加藤は盤の位置が気に入らずに盤を動かそうとした[131]。すると神谷がそれに異を唱えた。加藤と神谷は「くじ引きで勝った方の意見に従う」とし、神谷がくじ引きで勝ち、将棋盤を動かさずにそのまま対局することになった[131]
    • 神谷との対局の際、加藤が盤上の駒の位置を指先で直すと、神谷が「私の駒に触らないで下さい」と抗議した[131]。加藤は、将棋の駒は取ったり取られたりするものなので「自分の駒、相手の駒」という概念はないだろうと考えたという[131]

その他編集

野良猫への餌付け問題編集

2008年12月、加藤は自宅マンションそばで野良猫を餌付けしたため、糞尿をまき散らされるなどの被害を受けたとして、マンションの他の住人や管理組合から、餌やり中止と慰謝料など約645万円の賠償を求める訴訟を起こされた[138]

2010年5月13日、東京地裁立川支部は、(1)マンション敷地内での餌付けを中止すること、(2)慰謝料204万円を支払うこと、を加藤に命じる判決を出した[139][140]。なお、判決によると、加藤の餌付けによって一時は18匹にまで増えた野良猫は、加藤が野良猫に不妊手術・去勢手術を受けさせたことで、4匹にまで減少していた[140]。判決当初、加藤は「猫に長く生きてもらいたいと思ってした行動なのに、理解できない」と語り、控訴する意志を示したが[140]、後日、判決文を読み直してみると私の取り組みが一定の評価されており大きな不満はないとして、控訴を断念した[141]。また慰謝料は払うことになるが、敷地外での餌やりは続けていきたいとも述べている[141]

このトラブルがメディアで報道されていた期間中に行われた棋士総会においては、対局時の態度でしばしば対立した神谷広志がわざわざやってきて「猫への餌やりの件、いろいろ報道されていますが、私は加藤先生を支持します」という旨のことを述べ、励ましてくれたという[131]

昇段履歴編集

  • 1951年9月[58](11歳) 3級(関西奨励会入会)
  • 1952年 初段
  • 1954年8月1日(14歳) 四段(プロ入り、史上初の中学生棋士)
  • 1955年4月1日(15歳) 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1956年4月1日(16歳) 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1957年4月1日(17歳) 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 1958年4月1日(18歳) 八段(順位戦A級昇級)
  • 1973年11月3日(33歳) 九段(九段昇格規定 30点)
  • 2017年6月20日(77歳) 引退(順位戦C級2組からの降級、フリークラス規定)

主な成績編集

通算成績
対局数2,505(歴代1位)、1,324勝(歴代4位)[注釈 17]1,180敗(歴代1位)、タイトル戦の持将棋1。[34]

タイトル編集

他の棋士との比較は、タイトル獲得記録将棋のタイトル在位者一覧を参照

タイトル 獲得年度 登場 獲得期数 連覇 備考
竜王 0
名人 82(第40期) 4 1期 1
叡王 (加藤現役時は非タイトル戦)
王位 84(第25期) 3 1期 1
王座 0 (非タイトル戦時代の優勝1回)
棋王 76(第2期)-77 3 2期 2
王将 78(第28期) 5 1期 1
棋聖 2
旧タイトル 獲得年度 登場 獲得期数 連覇 備考
九段 0
十段 68(第7期), 80-81 7 3期 2
登場回数合計24、 獲得合計8期歴代9位タイ

一般棋戦優勝編集

優勝合計23回

将棋大賞編集

  • 第 4回(1976年度) 最多勝利賞・連勝賞・技能賞
  • 第 5回(1977年度) 殊勲賞
  • 第 6回(1978年度) 殊勲賞
  • 第 8回(1980年度) 殊勲賞
  • 第 9回(1981年度) 最優秀棋士賞・連勝賞
  • 第12回(1984年度) 最多勝利賞・最多対局賞
  • 第29回(2001年度) 東京将棋記者会賞
  • 第44回(2016年度) 特別賞・升田幸三賞特別賞「棒銀をはじめとする数々の新工夫」

記録編集

  • 最高齢現役(77歳5か月)
  • 最高齢勝利(77歳0か月、2017年1月20日 対・飯島栄治戦)
  • 最高齢対局(77歳5か月、2017年6月20日 対・高野智史戦)
  • 年長者側の最多年齢差勝利(58歳5か月、2015年3月11日 対・増田康宏(17歳4か月)戦)
  • 最多年齢差対局(62歳6か月、2016年12月24日 対・藤井聡太(14歳5か月)戦)
  • 最長現役勤続年数(62年10か月)
  • 最多対局数(2,505局)
  • 最多敗戦数(1,180敗)
  • 最年少五段(15歳3か月)
  • 最年少A級(18歳3か月)[12][13]
  • 最年少名人挑戦(20歳3か月)
  • 最年少王将戦リーグ入り(16歳)
  • 順位戦デビューからA級まで、4期連続で最短昇級(加藤の他には中原誠のみ)[11][142]
  • A級順位戦最多勝利(149勝)
  • A級順位戦最多対局(313局)
  • 順位戦最多出場[143](62期)
  • 19世紀生まれ・20世紀生まれ・21世紀生まれの棋士と公式戦で対局(史上唯一)
  • 62歳A級(大山康晴に次ぐ史上2位)
  • 名人・A級通算在位36期(大山康晴に次ぐ史上2位)[101]
珍記録
  • 最年少A級陥落(21歳)
  • 最多A級昇級・B級1組降級(5回)
  • 最年少A級返り咲き(22歳。A級昇級年少記録全体で見ても、自身の18歳、谷川浩司の19歳に次ぎ3位)

タイトル戦全成績編集

年度 タイトル 勝敗 相手 備考
1960 名人 ○●●●千● 大山康晴
1961 王将 ●●● 大山康晴 指し込み
1963 王位 ○●○●●● 大山康晴
1966 王将 ●●○●● 大山康晴
1967 王将 ●●○●○● 大山康晴
1968 十段 ●●○○●○○ 大山康晴 奪取
1969 十段 ●●○○千●千● 大山康晴 失冠
1973 名人 ●●●● 中原誠
1976 十段 ●○千●●○○● 中原誠
1976 棋王 ○○○ 大内延介 奪取
1977 十段 ○●○●●○● 中原誠
1977 棋王 ○○○ 中原誠 防衛、中原の六冠独占を阻止
1978 王将 ●○○○○ 中原誠 奪取、束の間の二冠王
1978 棋王 ●●○○● 米長邦雄 失冠
1979 棋聖・前 ●○●● 中原誠
1979 王将 ●●○●○● 大山康晴 失冠
1980 十段 ○●○○○ 中原誠 奪取
1981 十段 ●○●○○○ 米長邦雄 防衛
1981 棋聖・後 ●●● 二上達也
1982 名人 持●○●○千○●千○ 中原誠 奪取、「十番勝負」、二冠王
1982 十段 ●○●○●● 中原誠 失冠
1983 名人 ●●●○○● 谷川浩司 失冠
1984 王位 ○●●○●○○ 高橋道雄 奪取
1985 王位 ●●●● 高橋道雄 失冠

順位戦在籍記録編集

名人・A級 - 36期

期(年度) クラス 在位
第9期(1954年度) C2 1
第10期(1955年度) C1 1
第11期(1956年度) B2 1
第12期(1957年度) B1 1
第13期(1958年度) - 第15期(1960年度) A 3
第16期(1961年度) B1 1
第17期(1962年度) - 第20期(1965年度) A 4
第21期(1966年度) B1 1
第22期(1967年度) A 1
第23期(1968年度) B1 1
第24期(1969年度) - 第30期(1976年度) A 8
第31期 - 第35期(存在せず)[注釈 18] - -
第36期(1978年度) - 第40期(1981年度) A 4
第41期(1982年度) 名人 1
第42期(1983年度) - 第47期(1988年度) A 6
第48期(1989年度) - 第51期(1992年度) B1 4
第52期(1993年度) - 第60期(2001年度) A 9
第61期(2002年度) - 第62期(2003年度) B1 2
第63期(2004年度) - 第67期(2008年度) B2 5
第68期(2009年度) - 第72期(2013年度) C1 5
第73期(2014年度) - 第75期(2016年度) C2 3

主な対戦相手との勝敗編集

30局以上指した棋士との勝敗を以下に示す。大山、中原、米長の3人は加藤の最大のライバルでもあった。

対戦相手 対局 タイトル戦
升田幸三 39 22 17
大山康晴 124 46 78 獲得1 敗退7
加藤博二 38 29 9
丸田祐三 50 28 22
灘蓮照 30 18 12
二上達也 94 45 49 獲得0 敗退1
山田道美 43 24 19
有吉道夫 56 31 25
内藤國雄 59 32 27
米長邦雄 104 41 63 獲得1 敗退1
大内延介 42 27 15 獲得1 敗退0
中原誠 109 41 67 獲得4 敗退5
桐山清澄 49 26 23
勝浦修 37 21 16
森雞二 46 30 16
青野照市 32 21 11
谷川浩司 46 16 30 獲得0 敗退1
高橋道雄 32 13 19 獲得1 敗退1
以下、参考(30局未満)
塚田正夫 28 21 7
羽生善治 20 6 14
佐藤康光 12 3 9
森内俊之 17 5 12
丸山忠久 13 3 10
渡辺明 1 1 0
佐藤天彦 2 0 2
藤井聡太 1 0 1

※中原との対局数は、タイトル戦での持将棋1局を含む。

将棋タイトル獲得記録
順位 獲得回数 棋士名
1位 99期 羽生善治 *
2位 80期 大山康晴
3位 64期 中原誠
4位 27期 谷川浩司 *
5位 26期 渡辺明 * 
6位 19期 米長邦雄 
7位 13期 佐藤康光 *
8位 12期 森内俊之 *
9位タイ 8期 木村義雄 | 加藤一二三 
*は現役棋士

賞歴編集

栄典編集

著作編集

単著編集

  • 『加藤詰将棋200題』金園社、1966年。
  • 『振飛車破り』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1968年9月。
  • 『矢倉の闘い』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1968年9月。
  • 『棒銀の闘い』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1968年10月。
  • 『矢倉囲いの新戦法』金園社〈将棋初級講座〉、1969年1月。
  • 『力戦振飛車』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1970年2月。
  • 『中終盤の闘い』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1971年6月。
  • 『将棋の初歩入門』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1972年。
  • 『振飛車破り 続』大泉書店〈初段をめざす将棋シリーズ〉、1973年5月。
  • 『加藤一二三実戦集 わが熱闘、珠玉の40局』田村孝雄編、大泉書店、1975年。
  • 『加藤一二三格言集』日本将棋連盟〈日将ブックス〉、1975年8月。
  • 『加藤一二三将棋実力養成次の一手』第1集 振り飛車破り編、西東社、1975年11月。
  • 『加藤一二三将棋実力養成次の一手』第2集 振り飛車矢倉編、西東社、1976年1月。
  • 『加藤一二三将棋実力養成次の一手』第3集 平手・駒落ち編、西東社、1976年4月。
  • 『加藤一二三将棋実力養成次の一手』第4集 定跡編、西東社、1976年6月。
  • 『逆転の将棋 秘密の受け・攻め・読み・捌き』青春出版社〈プレイブックス〉、1976年12月。
  • 『将棋実力養成詰め将棋100選』西東社〈将棋シリーズ〉、1976年。
  • 『寄せと詰めの秘訣 詰将棋・次の一手付き』コルベ出版、1976年。
  • 『将棋の基本 わかりやすい 入門から初段まで』ナツメ社〈ナツメ・ブックス〉、1976年。
  • 『将棋勝ち方戦法』西東社〈将棋シリーズ〉、1977年5月。
  • 『加藤の詰将棋傑作選』日本文芸社、1977年7月。
  • 『加藤(九段)の詰将棋』高橋書店、1977年11月。
  • 『ジュニア版将棋入門』ナツメ社〈ナツメ・ブックス〉、1978年7月。
  • 『棒銀の戦法』主婦の友社〈Ace books 将棋シリーズ〉、1978年7月。
  • 『楽しい将棋入門』主婦の友社〈Ace books 将棋シリーズ〉、1978年8月。
  • 『初心者の詰将棋』日本文芸社〈オール二色図解・詰将棋シリーズ〉、1978年11月。
  • 『やさしい将棋入門』西東社〈将棋シリーズ〉、1978年12月。
  • 『坂田三吉・神田辰之助』筑摩書房〈日本将棋大系 14〉、1979年1月。
  • 『加藤一二三実戦集』永岡書店〈将棋入門シリーズ〉、1979年1月。
  • 『実戦に役立つ将棋実力テスト』ナツメ社〈ナツメ・ブックス〉、1979年2月。
  • 『いちばん早く強くなる将棋』廣済堂出版〈Kosaido books〉、1979年4月。
  • 『将棋・あなたの実力は? 次の一手――あなたはどう指すか』ナツメ社〈ポケット・ブックス〉、1979年5月。
  • 『将棋・入門から実戦まで どう戦えば勝てるか』ナツメ社〈ポケット・ブックス〉、1979年5月。
  • 『加藤一二三実戦名局集 対矢倉戦の勝局譜』永岡書店〈将棋入門シリーズ〉、1980年2月。
  • 『プロの矢倉3七銀』大泉書店〈加藤のプロ将棋シリーズ〉、1980年6月。
  • 『プロの矢倉3七桂』大泉書店〈加藤のプロ将棋シリーズ〉、1980年8月。
  • 『現代振飛車破り』新星出版社〈必勝将棋シリーズ〉、1980年10月。ISBN 9784405065437
  • 『加藤一二三名局集』筑摩書房〈現代将棋名局集 5〉、1981年1月。ISBN 9784480693051
  • 『中学・高校生の将棋問題集 10級~3級』成美堂出版、1981年2月。ISBN 9784415046242
  • 『プロの中飛車破り』大泉書店〈加藤のプロ将棋シリーズ〉、1981年3月。ISBN 9784278081336
  • 『プロの四間飛車破り』大泉書店〈加藤のプロ将棋シリーズ〉、1981年7月。ISBN 9784278081343
  • 『次の一手最強の手筋 勝つ手は常に一つだ』創元社〈初段に挑戦する将棋シリーズ〉、1981年11月。ISBN 9784422750552
  • 『中学・高校生の将棋 入門編』成美堂出版、1982年2月。ISBN 9784415046235
  • 『プロの三間飛車破り』大泉書店〈加藤のプロ将棋シリーズ〉、1982年2月。ISBN 9784278081350
  • 『加藤一二三の将棋の指し方 身につけたい基本の手筋と戦法』ナツメ社〈ナツメ・ブックス〉、1983年7月。ISBN 9784816303081
  • 『加藤一二三の将棋の手ほどき』文研出版〈文研リビングガイド〉、1983年7月。ISBN 9784580901742
  • 『加藤一二三の将棋の勝ち方 必勝・矢倉戦法のすべて』ナツメ社〈ナツメ・ブックス〉、1983年10月。ISBN 9784816303241
  • 『加藤一二三のつめ将棋全百科 初級編』小学館〈コロタン文庫〉、1984年6月。ISBN 9784092810945
  • 『加藤一二三の将棋の戦い方 基本戦法と必ず勝つ手筋・寄せ』ナツメ社〈ナツメ・ブックス〉、1984年7月。ISBN 9784816303890
  • 『加藤の勝つ次の一手 あなたの実力何段?何級?』日本将棋連盟、1984年11月。ISBN 9784819701143
  • 『加藤流矢倉+中飛車破り』筑摩書房〈一手決断・将棋戦法 2〉、1985年12月。ISBN 9784480670021
  • 『将棋入門 どう戦えば勝てるか』ナツメ社〈ジュニア版 ナツメ・ブックス〉、1989年12月。ISBN 9784816301629
  • 『楽しむ詰将棋』光文社〈光文社文庫 光文社将棋シリーズ 1〉、1992年12月。ISBN 9784334716325
  • 『加藤流 振り飛車撃破』毎日コミュニケーションズ〈プロの将棋シリーズ 6〉、2003年9月。ISBN 9784839912369
  • 『加藤流 最新棒銀の極意』毎日コミュニケーションズ〈プロの将棋シリーズ 7〉、2003年11月。ISBN 9784839912857
  • 『加藤流 最強三間飛車撃破』毎日コミュニケーションズ〈プロの将棋シリーズ 1〉、2004年6月。ISBN 9784839915407
  • 『加藤の振り飛車破り決定版』日本将棋連盟〈パワーアップシリーズ〉、2005年3月。ISBN 9784819703802
  • 『一二三の玉手箱』毎日コミュニケーションズ、2007年1月。ISBN 9784839922771
    • 『一二三の玉手箱 自分らしく生きる』光文社〈光文社知恵の森文庫 tか11-1〉、2019年9月。ISBN 9784334787561
  • 『老いと勝負と信仰と』ワニブックス〈ワニブックスPLUS新書 052〉、2011年4月。ISBN 9784847060359
  • 『将棋名人血風録 奇人・変人・超人』角川書店〈角川oneテーマ21 C-222〉、2012年5月。ISBN 9784041102411
  • 『羽生善治論 「天才」とは何か』角川書店〈角川oneテーマ21 C-243〉、2013年4月。ISBN 9784041104552
  • 『脳が活性化する!大人がもう一度はじめる将棋入門』産経新聞出版日本工業新聞社、2013年4月。ISBN 9784819112093
    • 『ひふみんの将棋入門』産経新聞出版、2017年9月、新装版。ISBN 9784819113243
  • 『負けて強くなる 通算1100敗から学んだ直感精読の心得』宝島社〈宝島社新書 445〉、2014年4月。ISBN 9784800224149
  • 『無敵棒銀 加藤流熱血道場』木本書店、2015年6月。ISBN 9784904808153
  • 『加藤一二三の5手詰め』創元社〈将棋パワーアップシリーズ〉、2015年11月。ISBN 9784422751153
  • 『加藤一二三名局集』日本将棋連盟・マイナビ出版、2015年11月。ISBN 9784839945275
  • 『求道心 誰も語れない将棋天才列伝』SBクリエイティブ〈SB新書 335〉、2016年3月。ISBN 9784797384123
  • 『加藤一二三の3手詰め 詰将棋202題』創元社〈将棋パワーアップシリーズ〉、2016年4月。ISBN 9784422751528
  • 『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』日本実業出版社、2017年11月。ISBN 9784534055385
  • 『鬼才伝説 私の将棋風雲録』中央公論新社、2018年2月。ISBN 9784120050541
  • 『ひふみんのワクワク子ども詰め将棋 1手詰め+3手詰め』実務教育出版、2018年9月。ISBN 9784788914803
  • 『幸福の一手 いつもよろこびはすぐそばに』毎日新聞出版、2018年10月。ISBN 9784620325507
  • 『ひふみの言葉』パルコエンタテインメント事業部、2019年1月。ISBN 9784865062908
  • 『感情の整理術123 62年現役を貫けた秘訣』PHP研究所、2019年10月。ISBN 9784569841441
  • 『加藤一二三の詰将棋 直感精読』マイナビ出版〈マイナビ将棋文庫〉、2019年10月。ISBN 9784839971045

監修編集

共著編集

寄稿等編集

  • 「将棋部のこと」『早稲田学報』第23巻第2号、早稲田大学校友会、1969年3月、 24-25頁。
  • 「一〇〇〇回目の敗戦」『美女という災難 ――'08年度版ベスト・エッセイ集――』日本エッセイスト・クラブ編、文藝春秋、2008年8月、119-121頁。ISBN 9784163705507
  • 「第三番 加藤一二三九段」『つるの将棋七番勝負』幻冬舎エデュケーション、2013年10月、53-71頁。ISBN 9784344977563
  • 「大長考の妙手」『将棋自戦記コレクション』後藤元気編、筑摩書房〈ちくま文庫 こ46-2〉、2014年8月、53-66頁。ISBN 9784480431943
  • 「特集 加藤一二三――棋士という人生」『ユリイカ 詩と批評』第49巻第11号、青土社、2017年6月、 45-204頁、 ISBN 9784791703319
    • 「インタビュー 芸術としての将棋――“神武以来の天才”の軌跡」『ユリイカ 詩と批評』第49巻第11号、 46-63頁。
    • 「将棋講座 第四〇期名人戦を語る――あるいは藤井聡太の研究」『ユリイカ 詩と批評』第49巻第11号、 157-166頁。

出演編集

テレビ番組編集

ほかゲスト出演多数

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

ウェブテレビ編集

  • NonStop ひふみん(2017年5月19日・6月2日、FRESH! by CyberAgent) - 進行は山口恵梨子
  • 叡王戦記念特番 東西対抗 詰将棋カラオケ(2019年3月30日、ニコニコ生放送)[152] - 東チーム

ウェブラジオ編集

CM編集

ゲームソフト編集

作品編集

配信楽曲編集

  • 「ひふみんアイ」(2017年9月22日、FUJI TELEVISION) - 大天才ひふみん名義[155][156]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 「神武以来(じんむこのかた[6][7]、じんむいらい[8])」とは、「極めて古い由来を持つこと」、転じて「いまだかつて先例が存在しないこと」を意味する[6]
  2. ^ 他には大山康晴が1940年代から1990年代までA級在籍。6つの十年紀でのA級在籍はこの二人のみ。
  3. ^ 2018年現在、順位戦デビュー(C級2組)からA級まで4年連続でストレート昇級したのは、加藤と中原誠の2例のみ[11]
  4. ^ 出典では、加藤は「藤井さんが数々の記録を達成するごとに、藤井さんの記録はかつて加藤さんがみんな作ってた記録だって、僕の再評価が起こった」と述べている[14]
  5. ^ 藤井聡太2018年2月1日、初めて参加したC級2組順位戦でC級1組への昇級を決め、C級2組を1期で抜けた[16]。それより前の2017年6月26日の時点で、藤井の最短でのA級昇級時の年齢は、18歳8か月であった[12]
  6. ^ 2016年10月1日に藤井聡太がプロデビューした直後、加藤は読売新聞の企画で藤井と対談し、2016年10月17日付の読売新聞朝刊に掲載された[17]。さらに『将棋世界』(日本将棋連盟)2017年3月号に「完全版」として新聞紙面に掲載できなかった分も含めて再度掲載された[18]
  7. ^ 根拠は「現役最晩年」セクション内の記述を参照。
  8. ^ 加藤が引退した2017年6月20日までの、木村義雄 - 佐藤天彦の12名。名人 (将棋)#実力制歴代名人を参照。うち、木村義雄は加藤が四段になる前の1952年に引退したが、1953年12月に奨励会三段時代の加藤と角落ちでの特別対局(京都新聞主催)[19]、1958年にA級八段になった加藤と平手での特別対局(静岡新聞主催)[20]を行っている。[21]
  9. ^ 加藤は引退までに豊島将之とは公式戦で対局することがなかった。加藤引退後の2019年に豊島が名人を獲得したことで「全ての実力制名人と対局した経験のある棋士」は存在しなくなった。
  10. ^ 2019年現在、柔道阿部一二三もひふみんと呼ばれている[35]
  11. ^ 加藤が同級生と結婚したことを書いた「ツイート”. みた八 @mitahachi (2017年6月26日). 2017年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月3日閲覧。」に対して、加藤自身がツィッターで言及した[38]
  12. ^ 2018年現在、升田と加藤が行ったような、棋士や奨励会員による「一対一の研究会」は「VS(ブイエス)」と呼ばれる。
  13. ^ 2020年現在は昇級が確定した時点で昇段が決まるが、当時は期始めの4月1日に一括昇段であった。なお、昇級が確定したのは1958年2月27日で、京都府立木津高等学校3年在学中(18歳1か月)のことであった[28]
  14. ^ 上記の通り、加藤はプロ入りしたその年の順位戦に参加できたが、藤井は10月プロ入りで翌期からの順位戦参加であったため、C級2組の1期抜けは共に同じでも、年齢記録には差が出てしまう
  15. ^ 石田和雄藤井聡太なども、対局相手の側から盤面を見ることがあり、対局相手が席を外している時であれば、対局マナー上も問題ない。
  16. ^ 将棋界では、盤面を示す際には先手を下、後手を上に表示するのが原則である。ある局面を説明する都合などで、上下を反対に表示する際は、「便宜上、先後を逆にしている」旨を明示する。
  17. ^ 引退時は大山康晴と羽生善治に次いで歴代3位であった。加藤の引退後に谷川浩司が1,325勝で加藤の記録を追い抜いている。
  18. ^ 順位戦#順位戦の記録」を参照。

出典編集

  1. ^ 棋士データベース 九段 加藤一二三”. 日本将棋連盟. 2017年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d 加藤一二三「インタビュー 芸術としての将棋 - "神武以来の天才"の軌跡」、『ユリイカ』(2017年7月号)、青土社 pp. 46-63
  3. ^ 加藤一二三. “ひふみんが、勝負、人生、そして家族について語る!【刊行記念インタビュー】”. Book Bang -ブックバン(運営:新潮社. 実業之日本社. 2019年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月27日閲覧。
  4. ^ 中学生棋士の系譜(1) 神武以来の天才 加藤一二三” (日本語). マイナビニュース (2018年12月19日). 2019年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月22日閲覧。
  5. ^ 「ヒューリック杯棋聖戦五番勝負 あす開幕」『産経新聞』(東京本社)2020年6月7日付朝刊、12版、10面、特集。
  6. ^ a b 広辞苑 第5版、『じんむ-このかた【神武以来】』
  7. ^ 日本国語大辞典ジャパンナレッジ版、2019年1月21日閲覧)『じんむ このかた』
  8. ^ 日本国語大辞典ジャパンナレッジ版、2019年1月21日閲覧)『じんむ=以来(いらい)[=以往(いおう)]』
  9. ^ a b 「interview 信念を貫き通した棋士人生60年」『マイナビムック 将棋世界スペシャルno.4 加藤一二三』、マイナビ、2013年、p.36-49
  10. ^ 【盤外企画】将棋棋士御一行様 自腹で大井競馬全レース爆買いツアー3 ~公開生放送~ - 2019年8月14日閲覧(動画視聴は有料会員のみ)
  11. ^ a b c 中原誠「我が棋士人生 第7回 米長永世棋聖の巻「タイトル戦初対決」」、『将棋世界』(2019年1月号)、日本将棋連盟 pp. 114-119
  12. ^ a b c d e “藤井四段:歴史塗り替えた 10代対決、圧巻の終盤” (日本語). 毎日新聞. (2017年6月26日). オリジナルの2018年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910180758/https://mainichi.jp/articles/20170627/k00/00m/040/047000c 2018年9月10日閲覧。 
  13. ^ a b c 名人経験者でストレート昇級は加藤一二三・九段のみ” (日本語). 日刊スポーツ (2019年3月4日). 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  14. ^ a b ひふみん「藤井さんの記録は加藤さんが作ってた記録だって、僕の再評価が起こった」” (日本語). スポーツ報知 (2019年8月1日). 2019年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月5日閲覧。
  15. ^ 松本博文 (2019年7月19日). “誕生日を迎えたばかりの藤井聡太七段(17)は史上最年少で八段、九段となれるか” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. Yahoo! JAPAN. 2019年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月5日閲覧。
  16. ^ 松本博文 (2018年2月2日). “初の中学生五段に昇段した藤井聡太 今後期待される「新記録」は?” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. Yahoo! JAPAN. 2019年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月5日閲覧。
  17. ^ a b 加藤 2018, pp. 231‐238, 第6章 生涯現役-現役最後の対局
  18. ^ a b c d 吉田祐也「「最年長・最年少対談 完全版 九段 加藤一二三 X 四段 藤井聡太 天才は天才を知る」-大食漢 VS 腹八分目」、『将棋世界』(2017年3月号)、日本将棋連盟 pp. 65-66
  19. ^ a b c 加藤九段のエネルギー、他の棋士を圧倒 京都の元弟弟子”. 京都新聞 (2017年6月21日). 2017年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  20. ^ 加藤一二三 『将棋名人血風録』 角川書店(角川oneテーマ21)、2012年、74頁。 
  21. ^ “ひふみん”加藤一二三九段 佐藤天彦名人と対決で実力制名人全員と対局”. Abema TIMES (2017年3月9日). 2017年7月2日閲覧。
  22. ^ a b c 加藤一二三|棋士データベース」『日本将棋連盟』。2018年4月29日閲覧。オリジナルの2018-4-29時点におけるアーカイブ。
  23. ^ a b 将棋棋士・加藤一二三さん 2017年2月9日(木) 極シアター”. くにまるジャパン 極. 文化放送 (2017年2月9日). 2018年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月16日閲覧。
  24. ^ a b 加藤一二三 ツィッター”. 加藤一二三. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  25. ^ 嘉麻市長 赤間幸弘 平成28年 新年挨拶。平成28年3月27日に行う嘉麻市合併10周年記念式典において、棋士の加藤一二三九段を含む4名を、「名誉市民として表彰のためお招きします」とある。”. 嘉麻市公式サイト. 2017年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  26. ^ “【春の叙勲】旭日小授章 将棋棋士、加藤一二三さん 将棋界の「生きる伝説」”. 産経新聞. (2018年4月29日). 2018-4-29. オリジナルの2018年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180429024431/https://www.sankei.com/life/news/180429/lif1804290011-n1.html 2018年4月29日閲覧。 
  27. ^ 加藤一二三九段が旭日小綬章を受章」『日本将棋連盟』、2018年4月29日。2018年4月29日閲覧。オリジナルの2018-4-29時点におけるアーカイブ。
  28. ^ a b 題名なし。1958年2月27日に、加藤一二三 七段(18歳、京都府立木津高等学校3年)がA級への昇級を決め、同時に八段への昇段も決めたこと、18歳で八段に昇るのは最年少記録であること等を記載。”. 朝日新聞 (2017年1月20日). 2017年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月23日閲覧。
  29. ^ 加藤一二三九段母校・木津「ひふみん」パワー 背番号「一二三」で3年ぶり夏1勝”. スポーツニッポン (2017年7月11日). 2017年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月13日閲覧。
  30. ^ 早稲田 盤上の勝負師 加藤一二三 × 中村太地 前編 1180敗、ひふみんはなぜスゴいのか 早稲田ウィークリー”. 早稲田大学. 2017年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月15日閲覧。
  31. ^ 将棋の「ひふみん」こと「加藤一二三」知られざる名前の由来”. 光文社Smart FLASH. 2017年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月8日閲覧。
  32. ^ 棋聖戦第3局(6)】加藤一二三九段「かつてはピンさんと呼ばれていた」”. 産経新聞 (2017年7月1日). 2017年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  33. ^ 倉島竹二郎『昭和将棋風雲録』(講談社)P.325
  34. ^ a b c 加藤一二三・九段が引退会見「神様のお恵みだった」”. 日刊スポーツ (2017年6月30日). 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  35. ^ ひふみん「攻める勇気」東京五輪出場選手へ「加藤流勝負3原則」” (日本語). スポーツ報知 (2019年7月24日). 2019年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月16日閲覧。
  36. ^ ニャンとも言えない加藤一二三伝説 Vol.45 - 加藤一二三チャンネル
  37. ^ a b 加藤九段、妻は中学の同級生「ともに歩んでくれて深い感謝」加藤九段引退会見”. スポーツニッポン (2017年7月1日). 2017年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  38. ^ ツイート”. 加藤一二三@hifumikato (2017年6月26日). 2017年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月3日閲覧。
  39. ^ 加藤治郎 1987, pp. 164-165, ストップ・ザ・大山 加藤一二三
  40. ^ 古川徹雄 (2019年1月17日). “加藤一二三九段から見た升田幸三という棋士【加藤一二三の語る升田幸三の世界 前編】|将棋コラム” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。
  41. ^ ひふみんがクラシック音楽にハマったワケ | クラシック音楽最前線” (日本語). 東洋経済オンライン (2017年10月20日). 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  42. ^ a b c d e 『マイナビムック 将棋世界スペシャルno.4 加藤一二三』、マイナビ、2013年、pp.102-105、「ひふみん7不思議」
  43. ^ a b c d e f g 加藤 2018, pp. 203-211, 第5章 「ひふみん」-加藤一二三伝説の真実
  44. ^ 加藤一二三 @hifumikato によるツィート」『Twitter』、2013年7月4日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  45. ^ ひふみん昼の新定跡 - ニコニコ動画
  46. ^ 加藤一二三 hifumikato (2013年12月5日). “今日はこれから収録へ。その...” (日本語). フォト蔵. 2018年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月12日閲覧。
  47. ^ 勝又清和 @katsumata によるツィート」『Twitter』、2012年11月6日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  48. ^ 三枚堂達也 (2015年2月12日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2018年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月8日閲覧。
  49. ^ 加藤一二三 @hifumikato によるツィート”. Twitter (2016年6月1日). 2018年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月22日閲覧。
  50. ^ 加藤一二三 @hifumikato によるツィート”. Twitter (2016年6月1日). 2018年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月22日閲覧。
  51. ^ “名人獲得”. 加藤一二三のひふみん伝説 (神戸新聞). (2015年10月30日). オリジナルの2018年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180419064238/https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/entertainment_special/201510/0008524527.shtml 2017年6月21日閲覧。 
  52. ^ a b “コルベ神父のこと”. 加藤一二三のひふみん伝説60年 (47NEWS). (2014年12月16日). http://www.47news.jp/feature/hifumin/2014/12/post_20141215162134.html 2015年2月26日閲覧。 
  53. ^ 東公平、1996、『熱闘!100番勝負 将棋・珍プレー好プレー』、朝日ソノラマ
  54. ^ 『こんなツレでゴメンナサイ。』(望月昭著、文藝春秋、p165)
  55. ^ a b ひふみん、結婚講座の講師35年 「妻に感謝」いつも”. 朝日新聞 (2018年3月1日). 2018年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月1日閲覧。
  56. ^ 『将棋世界』2000年10月号「わが激闘の譜」
  57. ^ 神武以来の天才 加藤一二三”. マイナビニュース (2018年12月19日). 2020年8月10日閲覧。
  58. ^ a b c 田丸 2017, pp. 30-34, 第1章 14歳の最年少棋士の誕生-「神武以来の天才」と呼ばれた加藤一二三九段
  59. ^ 加藤 2014, pp. 41-43, 第一章 通算千敗からいかに学ぶか-義理人情に厚い闘将
  60. ^ a b c d 加藤 2018, pp. 20-26, 第1章-この子、凡ならず
  61. ^ 加藤 2018, pp. 20-26, 第1章-千尋の谷
  62. ^ 内藤國雄「特別エッセイ 十四歳の貴重な思い出(特集 「おめでとう! 藤井聡太四段 ありがとう! 加藤一二三九段」)」、『将棋世界』(2017年8月号)、日本将棋連盟 pp. 66-67
  63. ^ a b 新四段誕生のお知らせ *藤井聡太(史上最年少四段)・大橋貴洸”. 日本将棋連盟 (2016年9月3日). 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月14日閲覧。
  64. ^ a b 『マイナビムック 将棋世界スペシャルno.4 加藤一二三』、マイナビ、2013年、p.38
  65. ^ a b 藤井聡太さん、史上初「中学生五段」9連勝で順位戦C級1組昇級(スポニチ)”. 毎日新聞スポーツニッポン記事) (2018年2月2日). 2018年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  66. ^ a b (サザエさんをさがして)加藤一二三 ヒー・フー・ミーの快進撃”. 朝日新聞. 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  67. ^ “藤井七段、最年少八段へ「また戦える」2期連続で竜王戦決勝トーナメント” (日本語). スポーツ報知. (2018年6月6日). オリジナルの2018年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910094359/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180606-OHT1T50000.html 2018年9月10日閲覧。 
  68. ^ a b 渡辺壮大「第11回朝日杯将棋オープン戦[準決勝・決勝]藤井聡太 新伝説の始まり」、『将棋世界』(2018年4月号)、日本将棋連盟 pp. 28-36
  69. ^ a b 松本博文(将棋記者). “7月18日、王将戦リーグ入りを目指して佐藤康光九段(49)と藤井聡太七段(16)が対戦” (日本語). Yahoo!ニュース. ヤフー (企業). 20198-1時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月1日閲覧。
  70. ^ a b 松本博文(将棋記者) (2019年7月16日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2019年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月1日閲覧。
  71. ^ 「現役棋士データブック2016下(た - わ行)「羽生善治」」、『将棋世界』(2016年2月号付録)、日本将棋連盟 pp. 28-31
  72. ^ 藤井五段が棋戦最年少優勝、朝日杯 中学生初の六段に”. 日本経済新聞 (2018年2月17日). 2018年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  73. ^ 松本博文 (2020年2月4日). “天才・藤井聡太七段(17) B級2組昇級決定! 史上最年少20歳名人誕生の可能性もキープ” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. Yahoo! JAPAN. 2020年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月6日閲覧。
  74. ^ 加藤一二三九段 公式戦通算1000敗を記録」『日本将棋連盟』、2007年8月22日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  75. ^ 加藤一二三九段、1300勝を達成!」『日本将棋連盟』、2011年11月2日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  76. ^ 加藤九段、通算勝数歴代2位に並ぶ1308勝を達成!」『日本将棋連盟』、2012年7月26日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  77. ^ 加藤九段、通算勝数歴代単独2位の1309勝を達成!」『日本将棋連盟』、2013年2月15日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  78. ^ 加藤一二三九段、史上初の通算1100敗に」『日本将棋連盟』、2013年3月13日。2018年5月12日閲覧。オリジナルの2018-5-12時点におけるアーカイブ。
  79. ^ a b c 藤井四段 白星デビュー 14歳プロ棋士76歳加藤九段破る”. 中日新聞 (2016年12月25日). 2017年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  80. ^ 14歳vs76歳!藤井聡太四段のデビュー戦対局相手は、現役最高齢の加藤九段。これまでの年の差対局の結果は?(ライター:佐藤友康)”. 日本将棋連盟 (2016年12月22日). 2017年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  81. ^ 14歳、藤井聡四段 vs 76歳、加藤九段がいよいよ対局。それぞれの意気込みを聞いてみた(本人コメントあり)(ライター:相崎修司)”. 日本将棋連盟 (2016年12月23日). 2017年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  82. ^ 鈴木宏彦「第30期竜王戦ランキング戦6組 加藤一二三九段vs藤井聡太四段 天才の系譜を継ぐ者」、『将棋世界』(2017年3月号)、日本将棋連盟 pp. 54-62
  83. ^ 加藤一二三九段、孫と戦うような新旧天才対決を前に、大熱戦を予告”. サンケイスポーツ (2016年12月24日). 2017年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月26日閲覧。
  84. ^ 加藤 2014, pp. 35-38, 第1章 通算千敗からいかに学ぶか-大スターから受けた薫陶
  85. ^ a b 加藤九段、77歳で最高齢対局記録へ!”. 日本将棋連盟 (2017年1月12日). 2017年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月12日閲覧。
  86. ^ a b 加藤一二三九段が史上最年長勝利「残る対局を頑張る」”. 朝日新聞 (2017年1月20日). 2017年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月21日閲覧。
  87. ^ a b 加藤九段、最高齢勝利!”. 日本将棋連盟 (2017年1月20日). 2017年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月12日閲覧。
  88. ^ 将棋 加藤九段、引退へ…C級2組から陥落 最年長77歳”. 毎日新聞 (2017年1月19日). 2017年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月12日閲覧。
  89. ^ 藤田麻衣子「第89期棋聖戦-2次予選特選局-第5局 先▲九段 鈴木大介 △七段 飯島栄治-第5譜」 『産経新聞』(東京本社)2017年12月17日付朝刊、12版、8面、囲碁・将棋欄。
  90. ^ 飯島栄治 (2017年1月20日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2019年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月4日閲覧。
  91. ^ a b “77歳の加藤九段、29歳佐藤名人に敗北 新旧名人対決”. 朝日新聞社. (2017年2月8日). http://www.asahi.com/articles/ASK285GZLK28UCLV00N.html 2017年7月2日閲覧。 
  92. ^ 加藤一二三 九段敗れて現役引退”. 日本放送協会 (2017年6月20日). 2017年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月12日閲覧。
  93. ^ a b c 加藤 2017, pp. 20-24, 第1章-現役63年目の最終対局
  94. ^ “将棋・加藤九段が引退 最高齢77歳、敗れて無言” (日本語). 日本経済新聞. (2017年6月21日). オリジナルの2018年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180512170224/https://www.nikkei.com/article/DGXLZO17911600Q7A620C1CR8000/ 2018年5月12日閲覧。 
  95. ^ 加藤一二三 @hifumikato のツィート」『Twitter』、2017年6月20日。2018年7月12日閲覧。オリジナルの2018-7-12時点におけるアーカイブ。
  96. ^ 加藤 2017, pp. 24-28, 第1章-引退は年齢のせいではない
  97. ^ 加藤 2017, pp. 29-32, 第1章-名人位獲得から35年後の引退
  98. ^ 加藤一二三九段、引退会見「50年100年色褪せない名局を指せたことが誇り」”. 日本将棋連盟 (2017年6月30日). 2017年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  99. ^ a b 加藤 2017, pp. 32-34, 第1章-名人位獲得、対局数歴代1位を始めとした記録ずくめの棋士人生
  100. ^ a b 加藤一二三 (2019年6月19日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2019年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  101. ^ a b 加藤 2017, p. 27, 第1章-「挑戦し続ける!」加藤一二三の主な記録
  102. ^ 加藤一二三氏、本学客員教授に就任”. 仙台白百合女子大学 (2017年6月30日). 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月30日閲覧。
  103. ^ 加藤一二三九段 女子大の客員教授に「大変感激」現役引退会見で報告”. デイリースポーツ (2017年6月30日). 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月30日閲覧。
  104. ^ a b <加藤一二三>仙台白百合女子大の客員教授に”. 河北新報. 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  105. ^ 加藤一二三が女子大デビュー、学園祭でトークショー”. 日刊スポーツ (2017年10月30日). 2017年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月3日閲覧。
  106. ^ ひふみん、ワタナベエンタ入り!同郷の「瀬戸康史さんとのご縁も」”. サンケイスポーツ. 2017年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  107. ^ a b 加藤一二三、今年の漢字は飛車の「飛」飛躍の1年”. 日刊スポーツ (2017年12月3日). 2018年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月13日閲覧。
  108. ^ “引退したけど夢で必死に対局 叙勲受章の加藤一二三さん” (日本語). 朝日新聞. (2018年4月29日). オリジナルの2018年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180429035605/https://www.asahi.com/articles/ASL4W66F9L4WUCVL01S.html 2018年4月29日閲覧。 
  109. ^ a b 村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者). “現役最後の対局で新たな伝説を残した加藤一二三九段――あれから2年、変わらない将棋愛|朝日新聞記者の将棋の日々|村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)” (日本語). 幻冬舎plus. 幻冬舎. 2019年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月5日閲覧。
  110. ^ 加藤一二三九段、「急性胆嚢炎」で手術「一週間ほど術後の休養を取らせていただきます」”. 報知新聞 (2017年11月2日). 2017年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月3日閲覧。
  111. ^ (将棋ニュースプラス「ザ・加藤一二三伝説」本人談より)
  112. ^ 加藤 2018, pp. 118-125, 第1章 初タイトル-大山康晴名人と升田幸三九段
  113. ^ 河口 2003, pp. 14-17, 序章-人間的な威圧感
  114. ^ 別冊宝島380「将棋王手飛車読本」
  115. ^ 松本博文 (2020年5月20日). “「天才と言い切れる棋士はただ一人」羽生善治九段の師匠・二上達也九段が絶賛した大天才はやっぱりあの人(松本博文) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo! JAPAN. 2020年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月20日閲覧。
  116. ^ a b c d 河口 2003, pp. 98-110, 三章 大山将棋の強さ-強すぎて、面白くない
  117. ^ 『将棋世界』1998年11月号
  118. ^ 藤井四段 白星デビュー 14歳プロ棋士76歳加藤九段破る”. 東京新聞 (2016年12月25日). 2017年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月22日閲覧。
  119. ^ a b c d e f 加藤一二三のひふみん伝説 - 伝説の将棋盤と滝”. 神戸新聞 (2016年12月25日). 2017年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月8日閲覧。
  120. ^ a b c d e f 『マイナビムック 将棋世界スペシャルno.4 加藤一二三』、マイナビ、2013年、p.70-71「ひふみんクイズ答え」
  121. ^ 中原誠「我が棋士人生 - 第8回 米長永世棋聖の巻「永世名人の資格を得る」」、『将棋世界』(2019年3月号)、日本将棋連盟 pp. 136-141
  122. ^ a b 加藤一二三 (2018年12月4日). “「加藤一二三九段専用の駒」についてのツィート” (日本語). Twitter. 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  123. ^ 事業概要|将棋連盟について” (日本語). 日本将棋連盟. 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  124. ^ a b “バラエティー番組にレギュラー出演ー加藤一二三のひふみん伝説60年”. 47NEWS. (2015年2月25日). オリジナルの2015年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150226153248/https://www.47news.jp/feature/hifumin/2015/02/post_20150220172414.html 2015年2月26日閲覧。 
  125. ^ a b c 加藤 2018, pp. 70-76, 第2章 頂点への道-ひふみんアイ
  126. ^ 2014年3月16日 第39期棋王戦五番勝負第3局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段 43手目コメント”. 日本将棋連盟. 2018年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月12日閲覧。
  127. ^ “棋譜の余白:ライトなファン層も取り込み=山村英樹” (日本語). 毎日新聞. (2018年4月23日). オリジナルの2018年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180512180720/https://mainichi.jp/articles/20180423/dde/018/070/025000c 2018年5月12日閲覧。 
  128. ^ タイトル戦で使われる「将棋用語8選」あなたはいくつわかりますか?|将棋コラム(ライター: 佐藤友康)」『日本将棋連盟』、2017年2月18日。2018年5月13日閲覧。オリジナルの2018-5-13時点におけるアーカイブ。
  129. ^ a b c d 加藤 2018, pp. 118-125, 第3章 若い人には負けない-NHK杯7度目の優勝
  130. ^ a b c 加藤一二三九段 第14期銀河戦出場停止に”. 日本将棋連盟. 2009年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018-12-33閲覧。
  131. ^ a b c d e f g h Vol.08 加藤一二三”. ニューヨーカーマガジン. 株式会社ニューヨーカー(2018年に合併により株式会社ダイドーフォワードとなった) (2013年4月10日). 2018年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月30日閲覧。
  132. ^ 「『マイナビムック 将棋世界スペシャルno.4 加藤一二三』、マイナビ、2013年、pp.102-105、「ひふみん7不思議」」では、下記の3つの神谷とのトラブルについても、神谷の名前を伏せてより詳しく解説している。
  133. ^ a b プレミアムボックス|加藤一二三のひふみん伝説|詰将棋と私Vol.1” (Japanese). 神戸新聞 (2016年8月5日). 2019年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月3日閲覧。
  134. ^ a b 加藤一二三 (2019年6月3日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2019年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月3日閲覧。
  135. ^ a b 加藤一二三 (2019年9月13日). “ツイート” (日本語). Twitter. 2019年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月29日閲覧。
  136. ^ 直感精読 加藤一二三の詰将棋【棋譜データ付き】” (日本語). 将棋情報局. マイナビ出版. 2019年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月29日閲覧。
  137. ^ a b c 加藤九段「ニルスのふしぎな旅」愛を語る「50回は見た」”. デイリースポーツ. 2017年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月25日閲覧。
  138. ^ 野良猫に餌やりでトラブル 訴えられた将棋・加藤元名人の「言い分」”. MSN産経ニュース(産業経済新聞社) (2008年12月11日). 2008年12月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月3日閲覧。
  139. ^ 東京地方裁判所立川支部 平成20年(ワ)第2785号 猫への餌やり禁止等請求事件 平成22年5月13日判決”. 最高裁判所 (2010年5月13日). 2018年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  140. ^ a b c 野良猫餌やり、加藤・元将棋名人に慰謝料204万円命令”. 朝日新聞 (2010年5月14日). 2010年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月5日閲覧。
  141. ^ a b 将棋の加藤元名人、控訴断念へ 野良猫餌やり訴訟”. 朝日新聞 (2010年5月26日). 2010年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月5日閲覧。
  142. ^ 名人経験者でストレート昇級は加藤一二三・九段のみ - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). 日刊スポーツ (2019年3月4日). 2019年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月4日閲覧。
  143. ^ 『マイナビムック 将棋世界スペシャルno.4 加藤一二三』、マイナビ、2013年、pp.121-125、加藤一二三 全記録分析
  144. ^ 加藤一二三九段が第71回『西日本文化賞』を受賞|将棋ニュース|日本将棋連盟」『日本将棋連盟』、2012年11月2日。2018年6月30日閲覧。オリジナルの2018-6-30時点におけるアーカイブ。
  145. ^ 第40回「将棋の日」表彰・感謝の式典の模様”. 日本将棋連盟 (2014年11月18日). 2017年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月12日閲覧。
  146. ^ 新語・流行語大賞 第34回 2017年”. 自由国民社. 2018年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月30日閲覧。
  147. ^ ひふみん 11月上旬手術も「生涯で今が一番元気ですよね、きっと」」『スポーツニッポン』、2017年12月6日。2018年6月30日閲覧。オリジナルの2018-6-30時点におけるアーカイブ。
  148. ^ 2017年度日本PR大賞が決定” (日本語). 日本パブリック・リレーションズ協会. 2018年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月30日閲覧。
  149. ^ 紅白のゲスト審査員発表 ひふみんや吉岡里帆さんら8人”. 朝日新聞 (2017年12月20日). 2017年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月20日閲覧。
  150. ^ ひふみん、念願の声優初挑戦で“巨大コンピューター役”「まさか実現するとは」”. ORICON NEWS. オリコン. https://web.archive.org/web/20190403170032/https://www.oricon.co.jp/news/2109381/full/時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  151. ^ 「ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン」に、あの“ひふみん”がアニメで登場!”. ウーマンエキサイト. エキサイト (2018年10月8日). 2018年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  152. ^ 【叡王戦記念特番】東西対抗 詰将棋カラオケ”. ニコニコ生放送 (2019年3月30日). 2020年3月21日閲覧。
  153. ^ 新CM発表会にイモトアヤコさん、五木ひろしさん、加藤一二三さん、アンミカさんが登場!”. イモトのWiFi (2019年9月5日). 2019年9月7日閲覧。
  154. ^ 加藤一二三九段が監修、Switchで“初心者向け将棋ソフト”発売”. ITmedia (2018年1月23日). 2018年1月26日閲覧。
  155. ^ 古坂大魔王、ひふみんに楽曲提供!その名も「ひふみんアイ」で紅白狙う”. スポーツ報知 (2017年9月21日). 2017年9月26日閲覧。
  156. ^ 古坂大魔王「アウト×デラックスSP」で加藤一二三に楽曲提供、4回作り直した”. お笑いナタリー (2017年9月14日). 2017年9月26日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集