メインメニューを開く

異種試合(いしゅじあい)は、ルールが異なる武道武術が相互に異なる武器や素手などで行なう試合である。異種格闘技戦もその1種である。

目次

概要編集

戦場では相手が自分と同じ武器を持つとは限らないため、異種武器との戦闘については古来から研究が行われてきた。古武道(甲冑兵法)には対異種武器の口伝が存在し、実質的に多くの流派が異種格闘を想定した総合武術であった。

またを着て戦う場合には最終的に組討ちでとどめを刺す場合が多いため、剣術竹刀稽古においては竹刀での攻防のみならず、近づくと組討ちに持ち込む事が当然のように行われていた。これも剣術剣道)と体術柔道)をはっきりと分ける現代武道の感覚からいえば異種試合に近い稽古であるといえる。

歴史編集

明治時代には撃剣興行の際に広く行なわれ人気があった。直心影流薙刀術園部秀雄は女性にも関わらず当時の高名の剣術家には負けたことはなかった。園部は他にも槍術契木術の遣い手との異種試合も行なっている。

昭和初期の天覧試合では、剣道銃剣術が披露されている。

現在では奉納演武や、全日本剣道演武大会などの特別な大会でエキシビション的な剣道対なぎなたが行なわれる程度である。この形式ではなぎなたのルール(脛部の有効)であることが多いが、全日本剣道連盟と全日本なぎなた連盟は公式なルールを整備していない。過去に明治時代に済寧館で行われた渡辺昇(剣)と海江田信義(薙刀)の異種試合では、渡辺は4尺5寸という長大な竹刀を使用し、小手を決めた記録がある[1]

2003年フジテレビ番組『トリビアの泉』において剣道対フェンシングが行なわれた。

格闘技の世界でも、スポーツチャンバラK-1といった、最初から異種試合を想定したルールのスポーツが行なわれている。

実戦編集

軍隊警察でも異種武器との戦闘が研究されており、自衛隊格闘術逮捕術などが訓練されている。

その他編集

武術以外でもこの言葉を使う事がある。1990年頃の「将棋世界」に掲載された内藤國雄のエッセーによると、将棋チェスの異種試合をやってみたことがあるという(将棋盤を使用)。当初は大駒5枚を擁するチェス側優勢の展開となったが、持ち駒について「将棋は使えるがチェスは使えない」と通常の将棋・チェスの持ち駒ルールをそのまま採用したため、形勢の差は徐々に縮まってきたという。2012年には羽生善治とフランス国内チャンピオンのマキシム・バシエ・ラグラーブが、将棋とチェスをそれぞれ同時に指すという形式で行ったこともある。

剣道三倍段編集

無手(徒手)の者が太刀をもった者に勝つためには3倍の段差が必要という意味。また「太刀をもった者が薙刀に勝つためには2倍の段差が必要」とされる[2]ことから、日本武道では、剣道二段=なぎなた初段=柔道六段で実力が釣り合うとしている。

脚注編集

  1. ^ 堂本昭彦『高野佐三郎剣道遺稿集』、スキージャーナル
  2. ^ 中里介山 『日本武術神妙記』 角川ソフィア文庫 2016年 ISBN 978-4-04-400141-4 p.63(9 - 10行目).

関連項目編集