発作性上室性頻拍

発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく、Paroxysmal supraventricular tachycardia、PSVT)は、間欠的に突然発症し突然治まる上室性頻拍のことである[3][6]。多くの場合は無症状である[1]。症状として、動悸、立ちくらみ、発汗、 息切れ胸痛などがあげられる[2]

Paroxysmal supraventricular tachycardia
別称 Supraventricular tachycardia, paroxysmal atrial tachycardia (PAT)[1]
SVT Lead II-2.JPG
Lead II electrocardiogram strip showing PSVT with a heart rate of about 180.
診療科 Emergency medicine, cardiology
症候学 Palpitations, feeling lightheaded, sweating, shortness of breath, chest pain[2]
通常の発症 Starts and stops suddenly[3]
原因 Not known[3]
リスクファクター Alcohol, caffeine, nicotine, psychological stress, Wolff-Parkinson-White syndrome[3]
診断法 Electrocardiogram[3]
予防 Catheter ablation[3]
治療 Valsalva maneuver, adenosine, calcium channel blockers, synchronized cardioversion[4]
予後 Generally good[3]
頻度 2.3 per 1000 people[5]

原因は不明確である[3]が、危険因子には、アルコールカフェインニコチン心理的ストレス両親から受け継がれることが多いウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群などがあげられる[3]

根本的な機序は、通常、再進入をもたらす副経路によるものである[3]。診断には通常、心電図(ECG)が用いられ、狭いQRS波と毎分150-240の速い心臓の拍動がみられる[3]

初期治療には、ヴァルサルヴァ法などの迷走神経操縦が用いられる[4]。初期治療の効果がないがその患者の血圧が正常である場合は、アデノシン投薬が試されることがある[4]。アデノシンが効果的でない場合は、 カルシウム拮抗剤またはベータ遮断薬が用いられることがある[4]。それ以外の場合は、同期除細動による治療が行われる[4]。再発の予防には、カテーテルアブレーションが用いられる[3]

発作性上室性頻拍は1000人あたり約2.3人に発症する[5]。通常、12歳から45歳までに異常があらわれる[3][5]。女性は男性よりも影響を受けやすい[3]。通常、正常な心臓を持っている患者の治療効果は高い[3]心臓超音波検査は潜在的な心臓の問題を除外するために用いられることがある[1]

出典編集

  1. ^ a b c Ferri, Fred F. (2012) (英語). Ferri's Clinical Advisor 2013,5 Books in 1, Expert Consult - Online and Print,1: Ferri's Clinical Advisor 2013. Elsevier Health Sciences. p. 807. ISBN 978-0323083737. オリジナルの2016-10-02時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161002093207/https://books.google.ca/books?id=OR3VERnvzzEC&pg=PA807 
  2. ^ a b What Are the Signs and Symptoms of an Arrhythmia?”. NHLBI (2011年7月1日). 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Al-Zaiti, SS; Magdic, KS (September 2016). “Paroxysmal Supraventricular Tachycardia: Pathophysiology, Diagnosis, and Management.”. Critical Care Nursing Clinics of North America 28 (3): 309–16. doi:10.1016/j.cnc.2016.04.005. PMID 27484659. 
  4. ^ a b c d e Neumar, RW; Shuster, M; Callaway, CW; Gent, LM; Atkins, DL; Bhanji, F; Brooks, SC; de Caen, AR et al. (3 November 2015). “Part 1: Executive Summary: 2015 American Heart Association Guidelines Update for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care.”. Circulation 132 (18 Suppl 2): S315–67. doi:10.1161/cir.0000000000000252. PMID 26472989. 
  5. ^ a b c Katritsis, Demosthenes G.; Camm, A. John; Gersh, Bernard J. (2016) (英語). Clinical Cardiology: Current Practice Guidelines. Oxford University Press. p. 538. ISBN 9780198733324. オリジナルの2016-10-02時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161002094014/https://books.google.ca/books?id=VX7ADAAAQBAJ&pg=PA538 
  6. ^ Types of Arrhythmia”. NHLBI (2011年7月1日). 2015年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月29日閲覧。

外部リンク編集

分類
外部リソース