メインメニューを開く

的野 半介(まとの はんすけ、1858年7月8日(安政5年5月28日[1][2])- 1917年大正6年)11月29日[1][2][3])は、明治・大正期の実業家政治家衆議院議員玄洋社社員[4]。旧名・薫[4]

目次

経歴編集

筑前国那珂郡、のちの那珂郡警固村[注 1](現福岡県福岡市)で、福岡藩士の家に生まれ漢学を修めた[1][3][5][6]。1891年(明治24年)に分家した[6]

玄洋社に加わり、自由党に入党[1][2]。1880年(明治13年)筑前共愛公衆会遠賀郡連合会書記に出向[7]。東京在住の玄洋社員、的野、来島恒喜、久田全らは、赤沢常容、樽井藤吉らと朝鮮挙兵を企てたが、1885年(明治18年)大阪事件が発覚して実行を断念した[8]。福岡で精米業を開業したが経営に失敗した[9]甲申政変後、日本に亡命していた金玉均小笠原諸島に滞在していた1886年(明治19年)4月、来島恒喜、竹下篤次郎と3人で金を慰問している[10]。1892年(明治25年)第2回衆議院議員総選挙で玄洋社は吏党側に付き、的野は柳川三池において杉山茂丸ら総勢200人と民党側の弾圧を行った(選挙干渉[11]。1894年(明治27年)甲午農民戦争(東学党の乱)に際して天佑侠の結成に参画した[9]。日露関係の悪化に際して開戦を主張し、日露戦争後に日本移民協会、太平洋協会などを設立した[9]

1908年(明治41年)5月、第10回衆議院議員総選挙に福岡県郡部から憲政本党所属で出馬して当選[1][2][3][5][6]。その後、第12回総選挙まで連続して当選し、衆議院議員を3期務めた[1][2][3][5]。この間、憲政会に所属した[3]

福陵新報』の社長となり、1898年(明治31年)同紙を『九州日報』に改題して引き続き同社主となった[2][9][12]。また、八幡製鐵所の誘致にも尽力した[4]。その他、若松取引所理事、筑豊坑業組合幹事、関門新報社長、遼東新報顧問などを務めた[1][3][5]

福岡市船町(現中央区舞鶴1丁目)の自宅で療養していたが、肺炎のため死去した[13]

著作編集

  • 『帝国開富策』的野半介、1891年。
  • 的野他『経済界ノ警鐘 : 炭鉱鉄道会社の真相』的野半介、1893年
  • 『江藤南白』上下、南白顕彰会、1914年。

伝記編集

  • 和田新一郎『的野半介』月成勲、1933年。

親族編集

  • 妻 的野マサ(福岡藩士・平岡仁三郎三女)[6][13]
  • 義兄 平岡浩太郎(妻マサの兄、玄洋社社長)[4]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『最新 右翼辞典』535頁では福岡城下谷村。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『20世紀日本人名事典 そ-わ』2370頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本人名大辞典』1795頁。
  3. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』610頁。
  4. ^ a b c d 『玄洋社・封印された実像』玄洋社社員名簿59頁。
  5. ^ a b c d 『衆議院議員略歴』298頁。
  6. ^ a b c d 『人事興信録』第3版、ま29頁。
  7. ^ 『玄洋社・封印された実像』139-140頁。
  8. ^ 『玄洋社・封印された実像』163頁。
  9. ^ a b c d 『最新 右翼辞典』535頁。
  10. ^ 『玄洋社・封印された実像』191頁。
  11. ^ 『玄洋社・封印された実像』182頁。
  12. ^ 『玄洋社・封印された実像』216頁。
  13. ^ a b 『大正過去帳』141頁。

参考文献編集

  • 石瀧豊美『玄洋社・封印された実像』海鳥社、2010年。
  • 堀幸雄『最新 右翼辞典』柏書房、2006年。
  • 『20世紀日本人名事典 そ-わ』日外アソシエーツ、2004年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第3版、1911年。