メインメニューを開く

皇帝』(こうてい)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。星組[1][2]公演。形式名は「宝塚ミュージカルロマン[1][2]」。宝塚は14場[1]、東京は15場[2]

作・演出は植田紳爾[1][2]、演出は石田昌也[1][2]。併演作品(本公演のみ)は『ヘミングウェイ・レビュー[1][2]』。

目次

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

紀元1世紀ローマ帝国。栄邁の誉れ高い皇帝ネロは、母のアグリッピナの横暴さを見かねて、自らの手で母を葬り、悪逆非道な暴君として生涯を全うしようと決意する。しかし、それは母の名誉を守るための偽りの姿だと、妻のオクタヴィアだけは見破っていた。

暴君として歴史に名高いネロに新しい角度から焦点を当て、その半生を描いた作品。ネロの強靭な精神性に光を当てて、悪の称号に毅然と向かう心の軌跡を描いた。トップスター・麻路さきの宝塚退団公演である。

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚」「東京」の文字がなければ両劇場共通。

特別出演(本公演)編集

※氏名の後ろの()は1998年当時の所属組。

主な配役編集

※下記のデータは宝塚・東京の両劇場共通。()は新人公演。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 90年史 2004, p. 81.
  2. ^ a b c d e f g h i j 90年史 2004, p. 84.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 177.
  4. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 82.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3