直撃地獄拳 大逆転

直撃地獄拳 大逆転[注 1]』(ちょくげきじごくけん だいぎゃくてん、The Executioner II: Karate Inferno )は、1974年日本映画主演千葉真一監督脚本石井輝男製作東映カラーシネマスコープ、86分。アクションコメディ映画『地獄拳シリーズ』の第2作。

直撃地獄拳 大逆転
The Executioner II: Karate Inferno
監督 石井輝男
脚本 石井輝男
橋本新一
出演者 千葉真一
志穂美悦子
中島ゆたか
佐藤允
山城新伍
郷鍈治
嵐寛寿郎
丹波哲郎
池部良
音楽 鏑木創
撮影 出先哲也
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映
配給 日本の旗 東映
アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
公開 日本の旗 1974年12月28日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 直撃! 地獄拳
テンプレートを表示

ストーリー編集

慈善団体会長であるザビーネ夫人の娘・ジュリーが誘拐され、団体が展示予定だった宝石「ファラオの星」もともに奪われた。元警視総監・嵐山は、これらの奪還のため、かつて麻薬密輸ギャングを壊滅させた甲賀・隼・桜の3人をふたたび集結させる。ところが3人の干渉もむなしく、ジュリーと宝石は、保険会社が供出した莫大な身代金と引き換えに無事にザビーネのもとに戻り、そこでやり取りされた宝石も偽物であったことが明らかになる。これらはザビーネの側近・ブルーノの背後にいるシカゴマフィアによる、大規模な保険金搾取計画だった。

3人は外資系銀行「ロジャース銀行」の日本支店ビルに宝石と身代金が保管されていることを突き止め、復讐のため、それらを盗み返す計画を練った。厳重な警備と警報装置をすり抜け、宝石と身代金を手にしたものの、マフィアたちに見つかり、格闘の末、全員を倒す。そこへ、もともとの彼らの依頼人である保険会社の会長とその秘書が現れ、正体を明かす。彼らは警視庁捜査一課長・衆木と香港警察の女刑事・シューレイで、マフィア壊滅のために3人を利用していたのだった。衆木は3人の活躍をたたえたものの、ただちに網走刑務所への入監を命じた。

キャスト編集

  • 千葉真一:甲賀龍一
  • 志穂美悦子:紅美湖=シューレイ
    • 保険会社社長秘書。正体は警視庁捜査一課長・衆木とともにシカゴマフィアを追う香港警察の女刑事。
  • 中島ゆたか:恵美
    • 嵐山の姪。3人の再集結に尽力したのち、ロジャース銀行の金庫破り作戦にも協力する。
  • 山城新伍:自衛隊員、防衛庁検査官(二役)
    • ど近眼の兵器保管部員と、その兄。弟は検査官を装った甲賀らにパラシュートなどを奪われ、あとでやってきた兄に叱責される。
  • 郷鍈治:桜一郎
    • 通称「トンチキ」。日本伝合気道場師範で、金庫破りの達人。好色家の脱獄死刑囚。
  • 佐藤允:隼猛
    • 一匹狼の殺し屋。元は嵐山の配下だった警視庁麻薬課の刑事。
  • 嵐寛寿郎(クレジットでは「?」[注 2]):八人殺しの鬼虎
    • 網走番外地シリーズの登場人物で、網走刑務所の囚人(同シリーズでは「鬼」)。移送された甲賀たちを迎える。
  • 丹波哲郎特別出演):衆木公威
    • 保険会社会長に変装して甲賀たちに接近した警視庁捜査一課長。甲賀たちを逮捕する。
  • 池部良(特別出演):嵐山
    • 元警視総監。恵美の叔父。マフィア壊滅のため、ふたたび甲賀たちを召集する。

スタッフ編集

製作編集

石井輝男は本作を「ぼくはあまり空手映画が好きではないんです。それで、このまま空手映画のオーダーが次々来るのも嫌だなと思って、だったらもうデタラメで喜劇にしてしまえと思って。東映もあんな物が出来るとは夢にも思ってなかったんじゃないですか。第3作目の話は来なかったですからね」と語っている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 前作と異なり、タイトル表記に「!」が含まれない。
  2. ^ 本作のクレジットタイトルは、原則として出演者名の横に役名を添えていないが、嵐寛寿郎のみシークレット扱いのため、役名だけが表記される。

出典編集

  1. ^ 「御本人コメント付 石井輝男映画作品ガイド」『宇宙船 VOL.98』朝日ソノラマ、2001年。

関連項目編集

外部リンク編集