相模大橋

日本の神奈川県にある橋
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
神奈川県道40号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
神奈川県道43号標識
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
神奈川県道51号標識

相模大橋(さがみおおはし)は、神奈川県海老名市厚木市の間の相模川に架かる橋梁。旧国道246号の経路であり、現在は神奈川県道40号43号51号が通る。かながわの橋100選に選ばれている。

歴史編集

橋の概要編集

特徴編集

形式はゲルバー桁橋である。

夜間は欄干に青色の照明が点灯する。

諸元編集

  • 種別 - 道路橋
  • 形式 - ゲルバー桁橋(カンチレバープレートガーダー)
  • 橋長 - 381m
  • 支間 - 57.8m×5・両端部は45.6m
  • 活荷重 - TL-20
  • 施主 - 神奈川県
  • 橋梁設計 - 笹戸松二
  • 橋桁製作 - 日本鋼管

ギャラリー編集

近隣の橋編集

(上流)- 上郷水管橋 - 圏央相模川橋 - あゆみ橋 - 相模大橋
相模大橋 - 相模川橋梁 - 相模川橋 - 相模大堰 -(下流)

参考文献・外部リンク編集

関連項目編集

座標: 北緯35度26分38.3秒 東経139度22分20秒 / 北緯35.443972度 東経139.37222度 / 35.443972; 139.37222