メインメニューを開く

神奈川県道40号横浜厚木線

日本の神奈川県の道路

神奈川県道40号横浜厚木線(かながわけんどう40ごうよこはまあつぎせん)は、横浜市旭区鶴ヶ峰を起点とし、終点の厚木市厚木までを結ぶ県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
神奈川県道40号標識
神奈川県道40号横浜厚木線
地図
神奈川県道40号横浜厚木線の位置(神奈川県内)
鶴ケ峰
鶴ケ峰
瀬谷
瀬谷
厚木
厚木
主な経由地
起点 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰・鶴ヶ峰本町
終点 神奈川県厚木市厚木
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
Japanese National Route Sign 0467.svg国道467号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
海老名市国分南にある二重経路区間の開始地点。左側(新道)はそのまま切り通しを直進し、右側(旧道)は迂回しながらやや高度を上げて県道406号407号と接続する。手前が綾瀬側
県道406号との立体交差(上の写真の新道)。手前が厚木側
二重経路区間の終点。手前が旧道の綾瀬側、右折方向が厚木側

目次

概要編集

元は横浜市内が「神奈川県道白根瀬谷線」の名称で、大和市と海老名市の境界から厚木市にかけては国道246号の一部であった。横浜市内が現在の名称に変更され、「厚木街道」の通称で呼ばれるようになった。その後、国道246号の新道である大和厚木バイパスが開通にともない、それまでの旧道が県に移管されたことから、横浜市から厚木市までの現在の経路が設定され、名称も統一された。

沿道に厚木基地があるため、米軍車両(パトカー、救急車、スクールバス、バス)が頻繁に通っている。

起点の鶴ヶ峰(鶴ヶ峰駅付近)から海老名駅前交差点(海老名駅付近)までは相鉄本線とほぼ並行しており、三ツ境駅付近ではカーブや峡路がある。相模鉄道二俣川駅付近以外片側一車線であり、同鉄道海老名駅付近は混雑する。

路線データ編集

地理編集

通過する自治体編集

経路および交差する道路編集

交差する鉄道・河川編集

関連項目編集