真備さいくるバス(まびさいくるバス)とは、岡山県倉敷市真備町で倉敷市が運営するコミュニティバス乗合タクシーである。

旧吉備郡真備町が運営を始めたもので、吉備真備駅川辺宿駅を起点とする2路線が運行されており、運行は日の丸タクシーに委託されている。

概要編集

  • 料金は大人200円・小学生100円、幼児は無料。循環線と南路線を乗り継ぐ場合は乗継券を発行。
  • 専用回数券
    • 1,000円券(100円券の11枚綴り)
  • 日曜日祝日12月29日 - 1月3日は運休となる。

沿革編集

  • 1999年11月1日 真備循環さいくるバス(まびじゅんかんさいくるバス)として運行開始。当初は西路線・東路線で、運行は井笠鉄道に委託されていた。
  • 2011年4月1日 真備さいくるバス(まびさいくるバス)に名称変更。循環線(虹ルート・にこにこルート)・南路線に再編。運行は循環線が井笠鉄道、南路線が日の丸タクシーに委託されている。
  • 2012年11月1日 井笠鉄道のバス事業撤退により、この日から循環線の委託先が日の丸タクシーに変更。

現行路線編集

車両編集

  • 循環線、南路線ともジャンボタクシーまたはセダン型のタクシーで運行。
  • 循環線は、井笠鉄道が受託運行していた当時は小型バス三菱ふそう・ローザ)2台で運行されていた。

外部リンク編集