メインメニューを開く

真田 信安(さなだ のぶやす)は、江戸時代中期の大名信濃国松代藩5代藩主。官位従五位下豊後守伊豆守

 
真田信安
時代 江戸時代中期
生誕 正徳4年8月18日1714年9月26日
死没 宝暦2年4月25日1752年6月7日
改名 小次郎、豊之助(幼名)→信安
戒名 覚性院殿幽山一玄大居士
墓所 神奈川県伊勢原市上粘屋の盛徳寺
官位 従五位下豊後守伊豆守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
信濃松代藩
氏族 真田氏
父母 父:真田信弘、母:藤田氏娘・冷台院
兄弟 幸詮信安柳生俊峯真田繁信本多忠盈柳沢信鴻継室、一柳末栄継室
正室:前田利章娘・典
伊東甚五右衛門娘・慈明院
幸弘松浦政信正室、松平忠恕正室

生涯編集

4代藩主・真田信弘の三男(四男とも)。

元文元年(1736年)3月1日、兄・幸詮の早世により嫡子となった。3月23日、将軍徳川吉宗御目見する。12月16日、従五位下豊後守に叙任する。元文2年(1737年)2月18日、父で前藩主の信弘の跡を継いだ。松代藩ではこの頃、家老や家臣たちが不正を働いて財政は極度に悪化していた。寛延3年(1750年)には家臣がサボタージュを企てるという事件が発生するまでに至っていた。このような中、信安は勝手掛(財政担当官)に田村半右衛門を登用して藩財政改革に取りかかった。

この田村半右衛門は、播磨赤穂藩浅野家の家老だった大野知房の子・大野群右衛門だったとも言われる。半右衛門はまず、それまで不正を行なっていた家老や役人に対して、その罪の代償として御用金を何年かけても支払わせるようにした。次に百姓に対し、100石ごとに籾15俵を増税として課した。これに百姓らの不満は高まった。不正を行なった家老や家臣たちは、御用金のみが課せられ、それ以上の罰は与えられなかった。一方で咎のない百姓にも重い負担が課せられたのである。この結果、松代藩は4700両の蓄えができた。しかし、百姓の怒りがおさまらず、宝暦元年(1751年)には百姓一揆が発生する。信安もここに至って半右衛門を罷免して投獄し、獄死に追い込んだ。これを「田村騒動」という。

宝暦2年(1752年)死去し、長男の幸弘が家督を相続した。

系譜編集