メインメニューを開く

松浦政信

江戸時代中期の平戸藩世子。松浦誠信の子、松浦静山の父

松浦 政信(まつら まさのぶ、享保20年(1735年) - 明和8年8月11日1771年9月19日))は、肥前国平戸藩の世嗣。第8代藩主・松浦誠信の三男。母は宮川氏。正室は真田信安の娘。子は松浦清(長男)。官位は従五位下、壱岐守。名は(まさし)とも言う。

宝暦7年(1757年)に兄で嫡子のが早世したため、代わって嫡子となる。同年、徳川家重に拝謁し叙任する。しかし、家督を継ぐことなく明和8年(1771年)に37歳で早世した。代わって長男・清が嫡子となった。 清の十一女・愛子中山忠能に嫁し、慶子を産んだ。慶子は明治天皇の母であるため、政信は明治天皇の高祖父にあたる。