真野川(まのがわ)は、福島県相馬郡飯舘村から南相馬市にかけて流れる河川であり、二級水系真野川水系の本流である。

真野川
水系 二級水系 真野川
種別 二級河川
延長 40.6 km
水源 福島県相馬郡飯舘村(三郷森)
水源の標高 681 m
河口・合流先 福島県南相馬市太平洋
流域 相馬郡飯舘村、南相馬市
テンプレートを表示

地理編集

飯舘村北西部、伊達市霊山町との境をなす阿武隈高地三郷森を水源とする。飯舘村北部の前田地区、佐須地区、大倉地区を東流したのち、南相馬市北部の鹿島区を貫き、太平洋へ至る。河口部には真野川漁港が設置されている。上流の飯舘村大倉地区の市村境付近に真野ダムが建設され、ダム湖には「はやま湖」の名がつけられている。

災害編集

  • 2019年10月12日には令和元年東日本台風(台風19号)による大雨により支流の上真野川で氾濫が発生した。また、真野ダムでは緊急放流の実施を予定するほどの水位の上昇がみられた。

流域の自治体編集

福島県

支流編集

下流より記載
  • 潤谷川
  • 上真野川
  • 大日川
  • 北の入川
  • 瀬の沢川
  • 木淵川
  • 西の沢川
  • 西沢川
  • 相の沢川
  • 木戸木川

河川施設編集

主な橋梁編集

下流より記載

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集