メインメニューを開く

知念村(ちねんそん)は沖縄県島尻郡

知念村
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
佐敷町知念村大里村玉城村南城市
現在の自治体 南城市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
島尻郡
団体コード 47346-4
面積 9.87km2
総人口 5,894
(2005年6月1日)
隣接自治体 佐敷町玉城村
村の木 イヌマキ
村の花 テッポウユリ
他のシンボル -
知念村役場
所在地 901-1595
沖縄県島尻郡知念村久手堅22
知念村の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト
旧知念村役場

2006年1月1日玉城村佐敷町大里村合併して市制施行し、南城市となった。村役場は久手堅に置かれ、合併後は南城市役所知念庁舎となった。

地理編集

海岸線に沿って集落があり東は平地が多く、西部は山がちで標高100mの丘陵の中腹に集落がある。 知念村は役場が所在する久手堅を境にして国道331号から佐敷町側の4集落を東部地域、玉城村側の6集落を西部地域と称していた。

  • コマカ島

400m2、3分の2が砂浜

字一覧編集

  • 安座真(あざま)
  • 海野(うみの)
  • 具志堅(ぐしけん)
  • 久高(くだか)
  • 久手堅(くでけん)
  • 久原(くはら)
  • 志喜屋(しきや) - 西部地域最大の字(行政区)
  • 知名(ちな)
  • 知念(ちねん)
  • 山里(やまざと)
  • 吉富(よしとみ)

隣接していた自治体編集

  • 佐敷町(1980年3月まで佐敷村、現在の南城市)
  • 玉城村(現在の南城市)

歴史編集

間切時代には志喜屋・上志喜屋・鉢嶺・仲里・山口・具志堅・知念・波田真・寒水・久手堅・安座真・知名・外間・久高の14村があり、間切番所は知念城内にあった。

  • 1897年 間切番所が間切役場になる。
  • 仲里・具志堅・波田真・寒水が廃村
  • 1908年4月1日 - 島嶼町村制施行により、知念間切が知念村となる。志喜屋・山里・知念・久手堅・安座真・知名・久高の7字。
    知名から海野と久原が分立。8字となる。
    久手堅から富貴利(現吉富)、知念から具志堅が分立。11字となる。
  • 1945年 - 久手堅から志喜屋までの6字と玉城村の百名・仲村渠が避難民の収容所となり人口が2万5千人以上に膨れ上がる。沖縄諮詢会がまとめた地方行政緊急措置要綱に基づき知念市が発足し、庁舎が志喜屋に置かれる。
  • 2006年1月1日 - 佐敷町・玉城村・大里村と合併し南城市となり、知念村が消滅。

現在の南城市知念地域編集

合併後、住所は南城市の次に旧村名の「知念」が頭につき「南城市知念字○○」となった。字知念でも「知念字知念」となる。

教育編集

交通編集

道路

路線バス 東陽バス琉球バス交通沖縄バスが村内を運行している。

  • 38番・志喜屋(与那原廻り)線(東陽バス
  • 41番・つきしろの街線(沖縄バス
  • 53番・志喜屋(富里廻り)線(琉球バス交通
    38番、53番ともに正式名称は「志喜屋線」である。本項では区別のために経由地を付した。

船舶

  • 久高(徳仁港) - 安座真港 (久高海運) 1日6往復(高速船ニューくだか3往復、フェリーくだか3往復)

港湾

  • 安座真港
  • 徳仁港(久高島)

主要施設編集

  • 沖縄刑務所(具志堅)
  • 航空自衛隊知念分屯地(知念)
  • 陸上自衛隊知念分屯地(知念)
  • 守礼カントリークラブ(久原、同施設が入っている須久名山に佐敷テレビ中継局がある)

名所・旧跡・祭事編集

名所・旧跡編集

 
知念岬公園。沖合に久高島(左)とクマカ島(右)が浮かぶ

祭事編集

関連項目編集

外部リンク編集